乱れた波動の調整で病気を治す バイオレゾナンス医療

乱れた波動の調整で病気を治す バイオレゾナンス医療

縄文医学の掘り起こしか?普通の病気、難病までよく治る。
相性のいい食べ物がすぐ測定できる。

その人にあう薬、食べ物がすぐわかる。診断してくれるバイオレゾナンス医療

RAPT×読者対談30 波動を使った新しい医療法 バイオレゾナンス医学とは?

RAPT×読者対談31 これからの最も賢明な医療の受け方。

RAPT×読者対談32 波動ブームに対する警鐘。またはワクチンと大麻と気と健康について。

ワクチン利権の裏側 不妊治療の薬を空中散布している 人工削減目的

未来を救う波動医学とは?船瀬俊介

 

 

 

進行した糖尿病性腎症、患者としてどう乗り切るか?

 

ある看護師様からの文書が目に留まりましたので、ご紹介します。

血糖値をそこまで下げる必要があるのか?低血糖は急に死ぬことがあります。

病院では実態がつかまれず、葬儀になります。病院は死んでも知りません。

来なくなったら、理由まで掌握しません。

Su剤、Dpp4-阻害薬、アマリール、アクトス、グラクティブなど、正常に近かった

腎臓が悪化、腎透析の恐怖におびえています。わずか1年で・・・

血糖値だけなら糖質制限ですぐにでも下げられます。3日もあれば。

どうして病院は「ごはん、パン、麺類を減らすか、糖分ゼロにするとなおりますよ」

と、指導しないのか?

毒性の強い薬の副作用で、新たな病気が発生します。糖尿病で死ぬまでにはいかない

が、次々に副作用であちこちが悪くなります。

インシュリン注射、血糖降下剤で腎臓悪化で苦しんでおられる患者さんがほとんど

です。いまわかった範囲でわたくしなりの対応策を、メモさせていただきます。

 

 

 

進行した糖尿病性腎症の患者様に

より~

 

「進行した糖尿病性腎症の患者様に漫然とアマリールを処方するのは止めてほしい」と広めたい。

長文です。

糖尿病が進行すると糖尿病性網膜症、糖尿病性神経症とともに糖尿病性腎症を来たし、尿蛋白(尿タンパク)、慢性腎障害、腎機能低下(血清クレアチニンの上昇、eGFRの低下)を来たします。
体内のインスリンは腎臓で30%近く代謝されますので、腎機能の悪化に伴い体内にインスリンが残留し、血糖値が低下傾向になります。

腎機能低下がない頃に開始された

SU剤
・グリメピリド(アマリール)
・グリベンクラミド(オイグルコンやダオニール)
速効性食後血糖降下薬
・ナテグリニド(スターシスやファスティック)
は、肝臓で1回代謝された後の、活性を持つ代謝物の腎排泄性が強いため、腎機能低下のある患者様では、強烈な遷延性の低血糖を起こします。

BG剤(ビグアナイド、・メトホルミン、メルビンやグルコラン)
は、腎機能低下のある患者様では、致死的な乳酸アシドーシスを起こす可能性が高まります。

腎機能低下に伴い、浮腫が出てくるため、・ピオグリタゾン(アクトス)も使いにくくなります。

しかし、特にSU剤のアマリールが、糖尿病性腎症の進行による腎機能低下(危険なのは血清クレアチニンが1.5-2mg/dl以上ぐらいから、)があるにも関わらず、処方され、感冒などで食事が摂れなくなった途端に、アマリール中止後も1週間ほど続く強烈な遷延性の低血糖を起こす例が散見されます。

SU剤や速効性食後血糖降下薬を処方するのならば、代謝物の活性が少ないグリクラジド(グリミクロン)か、ミチグリニドカルシウム(グルファスト)にしていただきたいのです。

また、透析直前ではなく、「CKD診療ガイド」ぐらいのタイミングで腎臓内科に紹介していただきたいのです。

関与した患者様については、元の診てらした先生にお伝えすることができますが、できれば今後はもっと広く地元の糖尿病の患者様を診ていらっしゃる先生にお伝えしたいと考えております。

私のような力の全くない非常勤の者でも、先生方に費用少なく効率よく広く手早くお伝えするには、どのような方法が一番良いでしょうか?東京の23区内です。

(ご回答)

補足丁寧な回答恐れ入ります。

たしかに、かかりつけの先生による管理がよいですね。
診療のコツの項目は、
腎症の鑑別(検尿、腹部エコー、網膜症)、腎不全で使いにくい薬、浮腫や体重調整(ループとサイアザイド系利尿剤併用)、ACEiを含んだ血圧調整、腎性貧血(フェリチン、EPO製剤)、副甲状腺機能亢進症、eGFR算出と時系列グラフ(Exel使用)と透析準備時期、慢性閉塞性動脈硬化症(足底動脈と足背動脈チェック)
ぐらいで良いでしょうか?

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1221861662

 

{ご参考資料}

1.左上の検索窓から

糖尿病性腎症、SU剤、DPP4-阻害剤、アマリール、アクトス、グラクティブ

で、検索して、ご覧ください。

2.下の録画が参考に役立ちます。

 

糖尿病性腎症の犯人 こいつ 毒薬 DPP-4 阻害薬 !

糖尿病性腎症の犯人 こいつ 毒薬 DPP-4 阻害薬 !

糖尿病治療薬DPP4阻害薬

糖尿病合併症と糖尿病の薬

SU剤、DPP-4 阻害薬、どうして糖尿病に至る経過

癌、糖尿病、心臓病は薬で治してはいけない!

糖尿病の薬の副作用の講演

コレストロール、中性脂肪というなの薬は、筋肉を溶かす。

定説は真実とは限らない 論理に基づけは診療結果は異次元のものとなる

糖尿病合併症の本質:糖尿病性腎症はインスリンによる薬害であった

糖尿病治療に置ける糖質制限の位置づけ

 

 

 

 DPP-4 阻害薬