【実験】アルコールは血糖値の上昇を阻害するのか?

 
人間の身体では、消化された様々な栄養素は主に小腸から門脈を通って肝臓を経由し、肝静脈から全身に行き渡る仕組みになってます。
また、アルコールを摂取すると肝臓はその分解の役目も担っているのですが、その分解過程で出来る物質が身体にはとても有毒なもののため、肝臓は速やかにそれを処理しなければなりません。
写真 2015-10-20 10 35 06
 
そのためアルコールを摂取した際、肝臓はそのアルコールの分解に忙しくなってしまい、特に命に関わる程ではないことに関しては、おろそかになるのではないか、あるいは機能低下が起きるのではないか・・・
あちこちのサイトやブログでも、アルコール飲むと血糖値が上がるだの下がるだの・・・いろいろ書かれております。
実際にどうなんでしょ?
 
と思っていた矢先、我が家でケーキが余るという重大な事件が発生し、
 
これは処分に手を貸さねばなるまい!!( ̄▽ ̄)
 
と言うことで、はたと気づいた一石二鳥の施策が、
 
アルコール飲んだら血糖値って上がりにくくなるんじゃね?
 
と言う実験。
続きを読む

アルコールで血糖値を下げる? ドクター江部先生

こんにちは。
さて今回は、アメリさんからアルコールで血糖値を下げるのは膵臓に負担?とのコメント・質問をいただきました。
『08/12/18 アメリ
血糖値を下げる目的でアルコールを摂取することは膵臓に負担をかけますか?
江部先生、
お世話になっております。
IGT(Impaired Glucose Tolerance):耐糖能異常と診断されたアメリです。何とか糖尿病へ進むことを避けようと、基本的にお昼だけ糖質を摂る生活を数か月続けています。
アルコールは血糖値を下げるそうですが、私の場合かなり効果があるようです。
夕食に糖質を摂る際に赤ワイン(50cc~100ccくらい)を飲むと、推定カーボ量70g~80gで血糖値100を下回ることもあります。アルコールなし、脂肪分をあまり含まない食事の場合、カーボは100gほどで、血糖値200以上のこともありました。
糖尿病の場合、アルコールは摂取しないのが基本とのことですが、『血糖値を下げる目的』で赤ワインなどを少量飲むことは、やはり避けるべきでしょうか?血糖値が下がっても、糖質を摂取すること自体が膵臓への負担増となるのでしょうか?』
アメリさん。コメントありがとうございます。
米国糖尿病協会ではコントロール良好の糖尿人においては、アルコール24g(30ml)/日を食事と共にとるていどなら適量としています。
ビール350ml缶を2本、
ワイン150ml×2杯、
ウイスキー45ml×2杯
に相当します。
アルコールは飲み過ぎたらは発ガン性はありますし、当然肝臓や膵臓などにも良くないですが、上記の量までならまあ大丈夫なのでしょう。
夕食に糖質を摂る際に赤ワインを飲めば血糖値が上昇しないということですが、50cc~100ccなら量的には余裕で大丈夫ですね。(⌒o⌒)v
続きを読む

健康時間 ゲンキの時間・・「水素水」は【ただの水?】。。2015-12-13

 
水素水は万病を治す!
認知、アルツハイマー
アトピー、アレルギー、癌、良い尿・・・活性酸素も除去