クエン酸は血糖値を下げてガンを治す

『糖尿病に効くクエン酸
クエン酸は糖尿病に非常に効果があります。
糖尿病は血糖値が上がることにより、様々な症状が身体に現われますが、クエン酸は血糖値を下げる働きがあります。
クエン酸を継続して飲み続けることにより、半年で血糖値が半分以下に下がったという報告もあります。
■血糖値600⇒120
クエン酸を2週間飲み続けた結果の改善例です。
もしあなたが糖尿病か、その傾向があると診断された場合、クエン酸を摂ることを検討されてはいかがですか?
副作用の心配も無く、インスリンなどの薬を投与しなくても、クエン酸で血糖値は下げることができる例が示されています。』
http://hon.ink/isbn4895951391/
『医者に見放されたらクエン酸
クエン酸のすごいパワーを知ってほしい
私はクエン酸で助かりました!―体験者の声―
1.クエン酸は医学的裏づけがある健康法
2.クエン酸でガンを克服できた!
①乳ガンの再発をまぬがれた
②弟の膀胱ガンも再発なし
③主治医も認めたクエン酸の効能
④死を宣告された胃ガンが消滅!
・医者まかせや薬漬けから今すぐ脱出しよう』
http://mariyaclinic.com/contents/advice/advice_1.htm
『エネルギーを作り出すTCAサイクル
TCAサイクルとは、人間の体の中でエネルギーを作り出していく回路、言わば「身体の中のエネルギー工場」です。
別名、クエン酸回路とかクレブス回路とか言われています。
細胞の中のミトコンドリアの中で働いています。
私達の身体は、60兆個の細胞が重なって出来ていますが、TCAサイクルは、この全ての細胞の中で行われる代謝です。』
「医者に見放されたらクエン酸」です。
医者や薬に病状を悪化させられ、どうしようもなくなったらクエン酸に頼りなさい!ということです。
賢い人なら、最初からクエン酸を利用して病気を治します。
我々はサイヤ人ではないので、死にそうになってから回復すると強くなる!ということはありません。
病状を悪化させる病院には近づかない方が無難です。
クエン酸の効能が知れ渡れば、多くの製薬会社や病院が潰れます。
だからクエン酸の効能は、永遠に過小評価されるでしょう。
これが現代日本の現実です。
クエン酸でガンや糖尿病が改善します。
クエン酸は、なぜガンや糖尿病を治すのでしょうか?
クエン酸には血糖値を下げる働きがあります。
クエン酸はクエン酸回路(TCA回路)の主役です。
ブドウ糖をATPという生命エネルギーに変える時に、クエン酸は大活躍します。
その時にビタミンB群やマグネシウム・亜鉛・鉄などのミネラルも大活躍します。
ミトコンドリア内のクエン酸回路を働かせないと、ブドウ糖は乳酸に変化して人体を酸化させて病気を生み出します。
糖の代謝異常によって、我々はガンや糖尿病になってしまうのです。
精製糖質を過剰摂取している人は、特にクエン酸やビタミンミネラルを摂る必要があります。
クエン酸は血糖値を下げる。
クエン酸はガン・糖尿病を治す。
つまりクエン酸は血糖値を下げてガン・糖尿病を治す。
この表現がやはり解りやすいです。
これは糖尿病薬のメトホルミンと同じです。
メトホルミンは血糖値を下げる。
メトホルミンはガン・糖尿病を治す。
つまりメトホルミンは血糖値を下げてガン・糖尿病を治しています。
血糖値を下げる物質が、ガンや糖尿病を治すのです。
糖質制限(断糖)が血糖値を下げて、ガンや糖尿病を治すのと同じ原理です。
あまりに単純な事実ですが、血糖値を下げる⇒ガン・糖尿病が治る!のです。
医学・医療の世界はボランティアではありません。
莫大なカネを儲け続けるビジネスとして存在しています。
製薬会社や医者は、大衆に病気の本質を知られたくない!というのが本音です。
実際に末端の医者たちは、真実を教えられていないし知らないのです。
医学部で詐欺師にニセ医学を教えられ、それを信じて詐欺師になっているのです。
糖質制限やクエン酸やメトホルミンやタングステンや陶板浴で、ガンや糖尿病が治ってしまえばカネ儲けなど出来ないのです。
これが医学界の醜い大人の事情です。
こんなクダラナイ理由で、日本では毎年何十万人も殺されています。
これは誰にも止められないのです。
でも自分と家族だけは守りましょう。

ガン、糖尿病~全ての病気改善にクエン酸 は強力!

現代はとにかく糖質を摂りすぎです

 
前回の記事で、血糖値を下げる奥の手として最後にクエン酸を紹介しました。

 強健ラボ
血糖値血糖値を下げる食材選びと食べ方

http://maron49.com/1188
血糖値とは?血液中に含まれるブドウ糖の濃度をさします。実は、この血糖値が上がることによって体が酸化され、糖尿病だけでなく、ガンや痴呆症などの病気を発症しています。今まで、体を酸化させずアルカリ化させましょうと言ってきましたが、酸化とアルカリ化の綱引き合戦において、酸化側の強烈な力となって…

続きを読む

糖尿病に効くクエン酸

ホーム >

レモン梅干し
 
糖尿病に効くクエン酸
      2016/02/21

クエン酸は糖尿病に非常に効果があります。
糖尿病は血糖値が上がることにより、様々な症状が身体に現われますが、クエン酸は血糖値を下げる働きがあります。
クエン酸を継続して飲み続けることにより、半年で血糖値が半分以下に下がったという報告もあります。
 
■血糖値600⇒120
クエン酸を2週間飲み続けた結果の改善例です。
これはかなり大幅に改善された一例ですが、他にも
■血糖値276⇒117
これは10年以上糖尿病を患っていた人の例ですが、クエン酸を飲み始めてから約半年で、半分以下の数値まで改善されました。
他にも
■血糖値311⇒217 約半年間クエン酸を摂取し続けた方の改善例です。
■血糖値165⇒85
■血糖値124⇒85
■血糖値262⇒90
■血糖値489⇒120
※いずれも半年後の数値
このように、クエン酸は血糖値を抑えるために非常に効果があります。
医師から
「自宅で何かされていますか?」 と問われた時に、
「クエン酸を摂るようにしています。」 と答えたら、
医師は 「ぜひ続けて下さい。」
と言われたそうで、 クエン酸と出会って良かったと、血糖値が改善された患者は言っています。
もしあなたが糖尿病か、その傾向があると診断された場合、クエン酸を摂ることを検討されてはいかがですか?
副作用の心配も無く、インスリンなどの薬を投与しなくても、クエン酸で血糖値は下げることができる例が示されています。
クエン酸をAmazonで見る

 – 効果 , ,

太田成男教授による水素風呂のお話

水素風呂
体質がよくなる。
クリックしてください。
https://youtu.be/D_bfORxhmD0
https://youtu.be/D_bfORxhmD0
https://youtu.be/D_bfORxhmD0

"水の素" ザ・エビデンス『初公開!太田先生が水素発生量を徹底検証』

水素水の作り方

水素EBM6『水素の摂り方』(制作:日本機能性医学研究所 www.ifmj.jp)

水素水の効果
水素風呂、遺伝子のスイッチがはいる。

20代・30代・40代からの認知症予防対策

若年性認知症を予防するには活性酸素を減らすことも大切

認知症予防対策
20代、30代、40代から若年性認知症を予防していくためには、サラダ油をやめたり腸内フローラ改善したりすることのほかに、活性酸素を減らすことも大切になってきます。
活性酸素とはペアになっていない電子をもつ不安定な酸素のことで、全身の細胞の老化を促したり、遺伝子を傷つけたりしてしまいます。
活性酸素は細菌を攻撃する働きもあるため、完全な悪者というわけではありませんが、体内に増えすぎてしまうと、その分、細胞がサビつきやすくなってしまい、細胞の健康を損ねてしまう可能性が高くなるのです。
そして活性酸素が増えすぎてしまうことは、様々な病気を引き起こす原因になると言われています。
この活性酸素は脳の神経細胞をサビつかせ、老化を促します。具体的には神経細胞を構成している脂質であるDHA(ドコサヘキサエン酸)が、酸化してしまうのです。
ちなみにこのDHAは脳の4割を占めているとされています。
また、脳の脂質が異常に酸化した結果、アルツハイマー病特有の線維(アミロイド線維)が増えてくるとも言われています。

活性酸素が増える原因

この活性酸素は過度のストレスや激しい運動、電磁波、喫煙などによって増加すると言われています。
それに加えて、食品添加物トランス脂肪酸などが多い食事によっても活性酸素は増えるとされています。
そのため、食事によって若年性の認知症を予防するためには、なるべく食品添加物トランス脂肪酸が少ない食品を摂るように心がけることが重要だと考えられます。
ちなみに食品添加物トランス脂肪酸コンビニエンスストアやスーパーなどで販売されている加工食品や冷凍食品のほとんどに含まれています。
したがって、日頃から食事が加工食品や冷凍食品ばかりになっている方は認知症を予防していくためには注意が必要になってきます。

抗酸化物質は活性酸素の働きを抑える

活性酸素が増えすぎることは細胞の老化や病気につながりますが、普段の食事を変えることで、活性酸素が細胞の老化を促すのを防ぐこともできます。
では、具体的にどのように食事を変えていけば良いのかと言えば、「抗酸化物質」と呼ばれる成分が含まれた食材をなるべく多く摂るようにすることです。
活性酸素の働きを防ぐ効果がある抗酸化物質としては、

などが挙げられます。
ポリフェノールとは、植物の樹皮や表皮、種子などに含まれる色素成分や苦味・渋味成分で、自然界には何千種類も存在しています。代表的なポリフェノールとしては、アントシアニンイソフラボンカテキン、ケルセチン、などが挙げられます。
植物は主に太陽の紫外線による活性酸素から細胞を守るために、ポリフェノールと呼ばれる物質を生成したとされています。
また、β‐カロテン、リコピンアスタキサンチンなどのカロテノイド類にも、ポリフェノールと同様に抗酸化作用があります。
ポリフェノールやカロテノイド類は野菜や果物に多く含まれているため、普段から野菜や果物をたくさん食べるようにすることは、活性酸素による細胞の老化を防ぐことにつながります。
野菜や果物には活性酸素を抑える抗酸化作用がある
さらに、ビタミンCやビタミンE、オメガ3脂肪酸(DHAEPA・α‐リノレン酸)にも活性酸素の働きを抑える抗酸化作用があります。
そのほか、近年は水素水水溶性ケイ素などにも強い抗酸化作用があるとして話題を集めています。
このように、抗酸化作用がある抗酸化物質を食生活に採り入れることは、脳の神経細胞や全身の細胞の老化を防ぐのに有効なのです。
また、20代・30代・40代から認知症を予防していくために役立ちます。

体内で発生する活性酸素が肝臓を疲弊させる

体内はある条件で、活性酸素が発生する
人が生きていく上で避けて通れないのは、体内で発生する副産物(毒素)の発生です。車を動かすと排気ガスが出るように、人が思考したり動いたりしたときも毒素(活性酸素)が出ます。
 
ここで、活性酸素が発生する条件をまとめます
 
①激しい運動をしたり紫外線を長時間浴びたりしたとき
 
②レントゲン・CT・MRIや造影剤などの検査をしたとき
 
③血管に対し急激に血液が流れ込んだとき
 
④大量の薬の服用や除草剤などの薬物が体内に入ったとき
 
⑤抗ガン剤を投与されたとき
 
⑥煙草の吸い過ぎやお酒を飲み過ぎたとき
 
⑦糖質や酸化油(過酸化脂質)を摂り過ぎたとき
 
上記した条件下で活性酸素は発生します。しかし、「①~⑦」の条件下で発生する活性酸素の量より、もっと大量に活性酸素が発生することがあります。それは人が考え悩んだときです。
 
人が思考したり悩んだりした際に活性酸素は発生する
体内に60兆個ある細胞は、人が思考したり動くためのエネルギーを生産しています。
 
例えば病気のことや人間関係で悩んだりすると、そのことの解決のために多くのエネルギーが必要になります。したがって、細胞はより多くのエネルギーを生産しますが、その際に副産物として大量の活性酸素が発生します
続きを読む

クエン酸とは?クエン酸の効果・効能~疲労回復に美肌や癌まで~

 
http://yase.tech/1098.html

クエン酸とは?

レモン、みかん、グレープフルーツなど柑橘系の果物や梅干しを食べた時、
「酸っぱい」と感じるかと思います。
これがクエン酸の成分です。
柑橘類
クエン酸とは、
柑橘類や梅干しなどの酸味成分です。
このクエン酸の何が凄いのかというと、
食品として自体に様々な効能をもたらしてくれて、
さらに日常生活のあらゆる場面で活躍してくれるのです。
今では、健康や美容目的として食材、ドリンクなどに使われ、
洗顔、入浴剤、汚れ落としとして掃除・洗濯などにも用いられており、
その汎用性の高さから注目を浴びるようになりました。
そこで今回、クエン酸の効果について詳しく説明していこうと思います。

続きを読む