太田成男教授による水素風呂のお話

水素風呂
体質がよくなる。
クリックしてください。
https://youtu.be/D_bfORxhmD0
https://youtu.be/D_bfORxhmD0
https://youtu.be/D_bfORxhmD0

水素EBM3『水素と糖尿病』(制作:日本機能性医学研究所 www.ifmj.jp)

血糖値がさがる。食欲がさげられる・
 

20代・30代・40代からの認知症予防対策

若年性認知症を予防するには活性酸素を減らすことも大切

認知症予防対策
20代、30代、40代から若年性認知症を予防していくためには、サラダ油をやめたり腸内フローラ改善したりすることのほかに、活性酸素を減らすことも大切になってきます。
活性酸素とはペアになっていない電子をもつ不安定な酸素のことで、全身の細胞の老化を促したり、遺伝子を傷つけたりしてしまいます。
活性酸素は細菌を攻撃する働きもあるため、完全な悪者というわけではありませんが、体内に増えすぎてしまうと、その分、細胞がサビつきやすくなってしまい、細胞の健康を損ねてしまう可能性が高くなるのです。
そして活性酸素が増えすぎてしまうことは、様々な病気を引き起こす原因になると言われています。
この活性酸素は脳の神経細胞をサビつかせ、老化を促します。具体的には神経細胞を構成している脂質であるDHA(ドコサヘキサエン酸)が、酸化してしまうのです。
ちなみにこのDHAは脳の4割を占めているとされています。
また、脳の脂質が異常に酸化した結果、アルツハイマー病特有の線維(アミロイド線維)が増えてくるとも言われています。

活性酸素が増える原因

この活性酸素は過度のストレスや激しい運動、電磁波、喫煙などによって増加すると言われています。
それに加えて、食品添加物トランス脂肪酸などが多い食事によっても活性酸素は増えるとされています。
そのため、食事によって若年性の認知症を予防するためには、なるべく食品添加物トランス脂肪酸が少ない食品を摂るように心がけることが重要だと考えられます。
ちなみに食品添加物トランス脂肪酸コンビニエンスストアやスーパーなどで販売されている加工食品や冷凍食品のほとんどに含まれています。
したがって、日頃から食事が加工食品や冷凍食品ばかりになっている方は認知症を予防していくためには注意が必要になってきます。

抗酸化物質は活性酸素の働きを抑える

活性酸素が増えすぎることは細胞の老化や病気につながりますが、普段の食事を変えることで、活性酸素が細胞の老化を促すのを防ぐこともできます。
では、具体的にどのように食事を変えていけば良いのかと言えば、「抗酸化物質」と呼ばれる成分が含まれた食材をなるべく多く摂るようにすることです。
活性酸素の働きを防ぐ効果がある抗酸化物質としては、

などが挙げられます。
ポリフェノールとは、植物の樹皮や表皮、種子などに含まれる色素成分や苦味・渋味成分で、自然界には何千種類も存在しています。代表的なポリフェノールとしては、アントシアニンイソフラボンカテキン、ケルセチン、などが挙げられます。
植物は主に太陽の紫外線による活性酸素から細胞を守るために、ポリフェノールと呼ばれる物質を生成したとされています。
また、β‐カロテン、リコピンアスタキサンチンなどのカロテノイド類にも、ポリフェノールと同様に抗酸化作用があります。
ポリフェノールやカロテノイド類は野菜や果物に多く含まれているため、普段から野菜や果物をたくさん食べるようにすることは、活性酸素による細胞の老化を防ぐことにつながります。
野菜や果物には活性酸素を抑える抗酸化作用がある
さらに、ビタミンCやビタミンE、オメガ3脂肪酸(DHAEPA・α‐リノレン酸)にも活性酸素の働きを抑える抗酸化作用があります。
そのほか、近年は水素水水溶性ケイ素などにも強い抗酸化作用があるとして話題を集めています。
このように、抗酸化作用がある抗酸化物質を食生活に採り入れることは、脳の神経細胞や全身の細胞の老化を防ぐのに有効なのです。
また、20代・30代・40代から認知症を予防していくために役立ちます。

腸が老化すれば、身体のサビも加速する

活性酸素は強い酸化力によって「身体をサビつかせる悪者」として有名ですが、じつはホルモン生成の手助けをしたり、外敵が侵入してきた際に白血球から放出されて敵をせん滅したり、有用な働きもしています。
ところが、ひとたび大量発生すると、コレステロールや中性脂肪といった脂質を酸化させて過酸化脂質という有害物質をつくり出し、細胞膜やDNAを傷つけて破壊してしまいます。また、過酸化脂質が脳細胞の細胞膜内に増えると、アルツハイマー病を引き起こす原因と考えられている「アミロイドβタンパク」というタンパク質を、脳細胞の表面に集積しやすくしてしまうこともわかっています。
このように活性酸素は腸脳の老化や病気を引き起こす大きな要因となっているのですが、その発生を完全に止めることはできません。なぜなら呼吸によって取り込まれた酸素のうち2パーセントは活性酸素と化すからです。先ほど触れたように、免疫細胞も外敵と闘う際に活性酸素を生じさせます。
さらに現代人の多くは、化学物質や紫外線、電磁波などにさらされ、食生活からも日々酸化した食物を取り込んで、活性酸素がつくられやすい環境にあります。
しかし発生を止められないからこそ、人体はまた活性酸素による細胞へのダメージを防ぐシステムをきちんと用意しているのです。それが他ならぬ体内酵素です。詳しくは「抗酸化酵素」と呼ばれるものです。

身体と脳をサビから守る抗酸化酵素「SOD」

 
続きを読む

体内で発生する活性酸素が肝臓を疲弊させる

体内はある条件で、活性酸素が発生する
人が生きていく上で避けて通れないのは、体内で発生する副産物(毒素)の発生です。車を動かすと排気ガスが出るように、人が思考したり動いたりしたときも毒素(活性酸素)が出ます。
 
ここで、活性酸素が発生する条件をまとめます
 
①激しい運動をしたり紫外線を長時間浴びたりしたとき
 
②レントゲン・CT・MRIや造影剤などの検査をしたとき
 
③血管に対し急激に血液が流れ込んだとき
 
④大量の薬の服用や除草剤などの薬物が体内に入ったとき
 
⑤抗ガン剤を投与されたとき
 
⑥煙草の吸い過ぎやお酒を飲み過ぎたとき
 
⑦糖質や酸化油(過酸化脂質)を摂り過ぎたとき
 
上記した条件下で活性酸素は発生します。しかし、「①~⑦」の条件下で発生する活性酸素の量より、もっと大量に活性酸素が発生することがあります。それは人が考え悩んだときです。
 
人が思考したり悩んだりした際に活性酸素は発生する
体内に60兆個ある細胞は、人が思考したり動くためのエネルギーを生産しています。
 
例えば病気のことや人間関係で悩んだりすると、そのことの解決のために多くのエネルギーが必要になります。したがって、細胞はより多くのエネルギーを生産しますが、その際に副産物として大量の活性酸素が発生します
続きを読む

老化を早める原因

老化を早める原因
老化の原因

 http://agingcare.jp/%E8%80%81%E5%8C%96%E3%82%92%E6%97%A9%E3%82%81%E3%82%8B%E5%8E%9F%E5%9B%A0/

実は、自分自身が老化を早めてしまっている!?

老化するのは自然の摂理ですが、老化の速度は人によって異なります。
遺伝子による個体差もありますが、「老化を早める生活をしていること」または、「老化を早める生活をしているのにエイジングケアしないこと」が最も大きく差が出る理由と言えるのではないでしょうか?
老化を早めると言うことは、自分自身の身体が実年齢より高齢化すると言うことです。
シミ、シワ、たるみなどが目立ち、肌年齢高齢化しているならば、心臓や肝臓、脳など全ての臓器も実年齢より高齢化し、予期せぬ大病発症する確率が高くなります。
老化を早める要因は、過酸化脂質、食品添加物、飲酒、喫煙、ストレス、激しい運動、細菌、ウィルス、カビ、紫外線、酸性雨、残留農薬、排気ガス、ダイオキシンなど多岐にわたりますが、これらがどのように影響して老化を早めるのかを知らなければ、知らずに自分で老化を早めることをしているかもしれません。
また、知っていてもエイジングケアしなければ、自分自身で老化を早めてしまっているのと変わりはありません。
お肌のケアをしたいなら、スキンケアだけではダメ!
老化の原因を理解して、正しいエイジングケアを始めましょう。

“酸化”による老化の加速

“酸化”とは、過剰な活性酸素によって細胞組織が錆付いてしまうことです。
鉄が錆びるのと同じ原理で、私たちの細胞組織酸化します。例えば、皮をむいたリンゴをそのまま放置すると変色するのは、リンゴの細胞が酸化したからなのです。私たちの身体は、生命維持に必要なエネルギーを得るため、ミトコンドリアで絶えず酸素を消費しています。その酸素の一部が代謝過程において、活性酸素に…
>>  続きを読む

“糖化”による老化の加速

“糖化”とは、過剰な糖分が、コラーゲンと結合して変質してしまうことです。
コラーゲンは、細胞と細胞をつなぐ接着剤の役割をしている大切なタンパク質のことで、骨、血管、肌、脳など全身のいたる所に存在します。コラーゲンが糖化すると、最終的に“AGE(Advanced Glycation End-product):終末糖化産物または、終末糖化合物”と呼ばれる物質に変質し、血管など…
>>  続きを読む