第495回 カンジダ菌の影響―カンジダ菌の簡易テスト

第495回 カンジダ菌の影響―カンジダ菌の簡易テスト
さて、今日はカンジダ菌についてです。以前からこのブログではことあるごとにカンジダ菌の紹介をしてきましたが、この半年ほど栄養カウンセリングを行っているクライアントさんの3人に1人がカンジダ菌の影響による可能性が高い状態であることが続いています。
自分が持っている悩みや症状がカンジダ菌の影響によるものかの判断は中々難しいといえますが、カンジダ菌による影響を改善するための最大の方法は、やはり生活習慣、食事内容の見直しと改善であることは間違いありません。これに薬の影響(ステロイドや抗生物質)もありますが。
ですから日常からカンジダ菌の状態がある程度把握できて、生活改善の目安をつくることができれば、症状の改善のためには大きな前進になります。
医療施設に出向き、便や血液検査をすることでかなりの確度でカンジダ菌の状態を把握することはできますが、毎日クリニックに行って検査することは実際的ではありませんね。
今日は、自宅ででお金をかけずに毎日できるカンジダ菌の自己判定テストを紹介します。
このテストはアメリカでは結構普及している方法ですが、検査結果の信頼性については便や血液には劣るものの、日常的なカンジダ菌の影響を確認する目安のテストとしては中々使えるとお思いますので、皆さんもぜひ試してみてください。そのうえで自分がカンジダ菌の影響を受けているかもしれないと感じたら、まずは食生活の改善見直しをしてみることと、詳細な検査をクリニックや病院にお願いしてみることです。
だ液による簡易カンジダ菌テスト
注:本検査はカンジダ菌(イースト菌)の繁殖状態を確認する簡便な検査ですが、目安として使っていただくものであり、詳細な確認は医療施設で便や血液を用いた確認検査を行うことをお勧めします
1、準 備
①起床後の早朝、透明なガラスコップに八分目ほどまで水道水を満たします。
②歯磨き、マウスウォッシュ、食事(飲み物を含む)をする前に、①のコップの中にだ液を入れます。
③3分おきに15分間コップの中のだ液を観察してください。
2、判 定
①健康な状態の場合
だ液は透きとった状態で水面に浮かび、時間の経過とともにゆっくりとにごり無く水に溶けます。
②体内でカンジダ菌が旺盛に繁殖している可能性のある場合
下の図のように、だ液にはにごりが見られ、時間の経過とともににごっただ液から糸状のものが垂れさがり、コップの底に沈みはじめます。
コップの水は時間とともににごりが濃くなり、場合によっては水の中ににごった粒状のものが見えることがあります。

d0070361_17262981.jpg

体内のpH(ペーハー)測定

臨床栄養士のひとり言
人間の体内環境を整え、その年齢にふさわしい最適なバランスを保つために重要なプロセスの1つは、食物の中から人間の細胞の営みに必要な栄養素を正しく吸収するための、消化分解のプロセスで、ここには胃酸の酸度が深くかかわってきます。
だ液、血液、尿のpH検査では、各検査材料がアルカリ性であるか、酸性であるかを分析することで、水素イオン濃度(電位)を確認します。対数で定量化されたpHの値は、体内の水素イオン濃度を反映しており、0(水素イオンが飽和状態にあることを意味する)から、14(水素イオンが全くない状態)までの値で表現されます。
pH測定結果が0から6.99の間にあるときは酸性であることを意味しており、7.01から14までの間にあるときは、アルカリ性であることを意味しています。もし、pH測定結果がちょうど7.00である場合には、中性であることを意味します。
体液のpH値が上昇している場合には、体内水素イオン濃度は減少していると考えられ、逆に、pH値が低下している場合には、体内水素イオン濃度は増加していると考えられます。
正確かつ精密に測定された体液のpH値は、その時の体内環境を正確に理解するためには重要な要因であると同じに、その後、最高の健康状態を作り出すうえで重要な指針になります。事実、ホルモン受容体部位、酵素反応速度、及び、ミトコンドリアの機能がpH値に依存しており、単に酸性-アルカリ性の指標としてpH値を考えるのではなく、正しく理解することによって、体内環境を正しく把握でき、改善のための効果的な方法を提供するための非常に重要な指標であるということです。
このブログを読んだら皆さんもpH試験紙を購入して自分の体内環境を自宅で定期的にチェックしてみるといいですね。インターネット通販のサイトでpH試験紙は購入できますので常備しておくといいですよ。

妊娠をきっかけにわかった、「妊娠糖尿病」と「HTLV-1」

妊娠糖尿病とは、「妊娠中に発症した、糖尿病に至ってい
ない糖代謝異常」のことをいいます。
妊娠すると、子宮の中でつくられる胎盤からさまざまな
ホルモンが分泌されます。このホルモンが増えると、食事後
など体内の血糖が上がったとき、血糖を下げる働きをする
インスリンの作用が鈍くなります。インスリンの作用が鈍く
なると、食後に上がった血糖が下がりづらくなります。
なぜこのようなことが起こるのかというと、妊婦さんの
血糖を高くすることで、赤ちゃんにたくさんのブドウ糖を送り、
成長を促すからです。そして出産とともに胎盤は身体の外に
出ると、母体の血糖は下がります。
 
妊娠すると、いつも以上にインスリンを多く分泌し、血糖を
一定値に保つようになりますが、妊娠糖尿病の方は十分な
インスリン分泌が保てず、血糖が高い状態が続きます。
妊娠糖尿病では、赤ちゃんが高血糖にさらされることで
大きく成長しすぎる、生まれた後はブドウ糖を送ってくれた
母親から離れるため急激に低血糖になるなど、さまざまな
影響が出ますが、食事療法やインスリン投与など、血糖を
コントロールすることで予防できます。
また、妊娠糖尿病だった方は、出産後や次の妊娠時に
糖尿病を発症するリスクが高いと言われています。
妊娠中に限らず、ご自身の身体に関心をもっていただき、
予防することが大切です。生活習慣や食事の工夫など、
ぜひご相談ください。
 
次に、「HTLV-1」についてです。
「HTLV-1」とは、「ヒト細胞白血病ウィルス1型」という
ウィルスのことで、「成人T細胞白血病」の原因とされて
います。ウィルスを保有しているだけでは特に症状はないの
ですが、1000人に1人の割合で「成人T細胞白血病」を
発症するとされています。
なぜ、わざわざ妊婦健診の検査項目に、「HTLV-1」という
項目があるのかというと、お母さんがHTLV-1を保有して
いる場合、母乳を通して赤ちゃんに移ることがわかって
います。しかし、長期にわたり母乳を与えていた場合でも
感染する確率は15~20%、また母乳を一切与えていなく
ても約3%感染する確率がある、とされています。さらに、
母乳を一度マイナス20度で凍結してから赤ちゃんに与える
という方法も提案されていますが、現段階では確実な予防策
とは言い切れません。
 
お母さんがHTLV-1を保有していると検査でわかった場合、
わたしたちは赤ちゃんへの栄養方法をどうするのか、お母さん
と一緒に考えさせていただきます。
迷いがあるときは、いつでも身近な助産師にご相談ください。
私たちは、お母さんが決めた栄養方法を応援させて
いただきます。
 
妊娠糖尿病と、HTLV-1詳しく知りたい方は、下記URLを
ご参照ください。
 
■日本糖尿病・妊娠学会
糖尿病と妊娠に関するQ&A↓
http://www.dm-net.co.jp/jsdp/qa/
 
■HTLV-1 母子感染予防研究班ウェブサイト↓
http://htlv-1mc.org/
 
■厚生労働省のHP↓
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou29/wakaru.html

生命保険のプラン変更で糖尿病の治療中と伝えたら…

60歳を機に生命保険を見直すことにした。
今まで加入していた生命保険は、死亡時の保証が充実していたものだったが、二人の娘も独立したので、今までよりも保険料が安く、医療関係の保証が充実している「医療終身保険」に切り替えようと思って、ボクの生命保険担当者のAさんに連絡をしたらすぐに自宅に飛んできた。あれやこれやパンフレットや資料を広げ、iPad も駆使して、説明をしてくれた。
生命保険のパンフレット
続きを読む

保険 検査マニュアル  金融庁

http://www.fsa.go.jp/manual/manualj/hoken.html より~

保険検査マニュアル(保険会社に係る検査マニュアル)