アディポロン治療対象者

健寿堂カルテ

2013年11月8日 15時00分11秒 (Fri)

糖尿病・肥満症治療薬

体内で血糖値を下げたり脂肪を燃やしたりする物質を東京大学研究チームが発見し、10月29日,東京大学大学院の門脇孝教授らの研究グループは記者会見を開き,研究成果について発表した。糖尿病の患者や、運動不足などからメタボリックシンドロームになった人では、血糖値を下げたり脂肪を燃やしたりする「アディポネクチン」というホルモンの分泌が大幅に減ってしまいます。今回,肥満によって減少してしまうアディポネクチンと同じような働きを持つ化合物を同定。研究グループは、600万種類以上の物質の中からこのホルモンと同じ働きをする物質を探し出し「アディポロン」と名付けました。要するに肥満を改善する善玉ホルモンです。そして「アディポロン」を糖尿病のマウスに投与したところ30%だった生存率が70%にまで高まったほか、脂肪肝のマウスでも症状の改善が見られたということです。
研究を行った山内敏正講師は「重い心不全の人や太りすぎで膝や腰の悪い人は運動が必要でもできないことがある。この物質が糖尿病をはじめとする生活習慣病の予防や治療,健康寿命の延長につながる有効な経口薬の種となる可能性が高いとして,まずは今後5年以内の臨床第Ⅰ相試験を視野に創薬を目指したい」と話しています。
また、9月20日、肥満症治療薬のセチリスタット(商品名オブリーン錠)が製造承諾を取得した。適応は「肥満症(ただし、2型糖尿病及び資質異常症を共に有し、食事療法・運動療法を行ってもBMI25以上の場合に限る)」。これまで肥満治療薬としては、米国で開発された食欲抑制剤のマジンドール(商品名サノレックス)が1973年世界的に使用され始め、日本でも1992年から臨床使用されているが、あくまで摂食中枢への食欲抑制作用を示す薬剤である。承認されたセチリスタットは、リパーゼを阻害することで、腸管からの脂肪吸収を抑制し、体重を減少する。ただし、臨床試験では60.3%に主に下痢・脂肪便などの副作用を示します。
運動が必要とされながらもそれが病状から叶わないという病気の人には待ち望んでいた薬です。ただし、残念ながらダイエット目的では使えないので間違えないでください。
小西

どうしても薬の開発。糖質制限は儲からないし、食べ方つまり生き様は …

 

どうしても薬の開発。糖質制限は儲からないし、食べ方つまり生き様は変えることが困難。

2016-07-11 10:21:09 | 屁理屈医師

アディポロンについて

脂肪細胞から分泌されるホルモン(アディポサイトカイン)のうち、一番中心になる超善玉ホルモンこと『アディポネクチン』については、ここでも何度か書いてきましたし、検査料がかなり安くなったので最近うちのドックでも採用されました。これによって動脈硬化を抑えて心筋梗塞を予防したり老化を抑えたりする・・・現代社会において目の敵にされている脂肪の主たる仕事がこれであり、その主役を演じているのがアディポネクチンです。つまりアディポネクチンの作用は抗加齢を実践し健康長寿を得るために必須のホルモンといわれています。
ホルモンが作用を起こすためには受容体と呼ばれる鍵穴にホルモンがはまり込むことが必要です。アディポネクチンの受容体であるAdipoR1とAdipoR2はほとんどすべての臓器に存在するそうですが、メタボになるとアディポネクチンと一緒にこの受容体も各臓器で減って機能しなくなり、その結果、糖尿病、脂質代謝異常、脂肪肝、心血管疾患、がん、認知症などを引き起こすとされています。
アディポネクチンをくすりで作り出す研究は遅々として進みませんが、アディポネクチンの受容体に作用してアディポネクチンのフリをする物質『AdipoRon』・・・これについて、先日の抗加齢医学会総会教育講演で、開発者である東京大学の門脇孝先生のレクチャーを受けました。「すごいな!」と感動しながら聴いていましたが、実はこれが開発されたのはもう3年くらい前のはなし・・・なかなか動物実験レベルから前には進んで行かないものなのですね。初めてみる単語だと思ったのに、検索してみたら、とっくにここで紹介していました(汗) 興味のある方は、論文レビューなどご参照あれ。

アメリカのインディアン先住民の 伝統料理と言・・・

インディアンはとうもろこしを主食とし伝統料理と言えば、ペミカン、サコタッシュ(キドニービーンズやとうもろこしを煮たもの)、「揚げパン(フライブレッド)」などで、今では米国民の食文化に取り込まれたものもあります。野牛やターキー、食用犬のほかサケマスの漁労が蛋白源です。松の実、どんぐり、ベリー等を採集、粉にしてパンに混ぜて食べていました。
野牛のジャーキーとベリー等のドライフルーツ、骨髄の脂肪を練り合わせた伝統的な冬用携帯保存食料「ペミカン」は、20世紀初頭の各国の南極探検にも採用されたそうです。サコタッシュからチリビーンズやポークビーンズになっていったのかもしれません。
米国の重要な作物であるトウモロコシ、タバコ、トウガラシはインディアンが昔から栽培していたもので15世紀以降に新大陸から世界に広がったものです。

アメリカンインディアンの健康法

アメリカンインディアンの健康法

1年・365日、常に戸外で生活をしているアメリカンインディアンは、
決して風邪をひくことがありません!彼らには風邪をひいた経験がないのです!
そして彼らは、私たちには信じられないような脅威の身体能力を持っています!
彼らの強靭な肉体はどのようにして作られたものなのでしょうか?
ここでは、彼らの驚くべき健康の秘訣と、そこから私たちの生活に取り入れられる
健康法について、見ていきたいと思います。
●歩く事
アメリカンインディアンの健康の秘訣の一つは“よく歩くこと”にあります。
けれど、その“よく歩く”は半端なものではありません!
アメリカのアリゾナ州のホピス族はトウモロコシ畑の手入れをするのに
自分の家から64キロも離れたトウモロコシ畑に走っていき、そこでトウモロコシ畑を
耕し、また走ってその日のうちに帰ってきます。そしてまったく疲れを見せません。
このようなことは、インディアンにとって日常茶飯事で、特に訓練された人でなくても、
誰でも、お年寄りでさえも平気で走ってしまうそうです.。
また、ホピス族以外の部族も同様です。
メキシコのタラフマラ・インディアンは宗教行事として、160キロから320キロの
競争を規則的にしているといいます。
一週間で1時間多く歩くと2年寿命が延びると言います。また、
大人が健康を維持するためには、1日に最低3キロは歩くべきだと言われています。
インディアンのしていることと同じようにするのは無理ですが、少しずつでも、
生活に「歩く事」を取り入れてみてはいがかでしょう?最初のうちは疲れても、
歩けば歩くほど、どんどん疲れにくくなっていきます。
また、アメリカンインディアンは「体を動かすことで心がきれいになる」と言います。
歩くことは、体のための健康法であるだけでなく、心にもとても良いことです。
悩み事があったら、散歩をしながら悩みましょう。
30分もしたら、心は晴れて、悩みも解決しているかもしれません。
●姿勢
アメリカンインディアンは完璧なまでに自然な姿勢で歩きます。おなかを引っ込めて、
胸を張って、脊柱をまっすぐにした姿勢で歩くことが、体重の負担を軽くするのです。
アメリカンインディアンが病気にならない理由の一つに、この“完璧な姿勢”も
挙げられます。悩みがちな人、体の弱い人には猫背など、姿勢の悪い人が多く、
健康で元気な人には、胸をはって歩く、姿勢の良い人が多いものです。
長い間悪い姿勢でいると、体の臓器のどこかに負担がかかって、調子が悪く
なりやすいですし、また、心理面にも多きな影響を与えます。気分が暗く落ち込んで
いる時など、意識して背筋を伸ばし、胸を張るようにしてください。
気持ちの持ち方が随分変わってきます。
良い姿勢のイメージとしては、立って、上から吊るされているような感じ、
また、頭の上に物をのせて、バランスをとっているような感じが良いようです。
このとき、お腹に力をいれて、引っ込めて立ちましょう。
良い姿勢には腹筋は不可欠です。また、歩く時に、手を大きく振ったり、
後ろに組んだりするのも良いようです。
●よく噛むこと
アメリカで出版された「インディアンの教え」という本の中に出てくる話です。
著者はアメリカンインディアンと一緒に、一週間の旅に出ました。その時の
食べ物は、ひからびたトウモロコシといくつかの干し葡萄しかなかったそうです。
それを何時間もかけてゆっくりと噛んで食べるのです。そして、手のひら一杯の
穀物が素晴らしい食事となり、疲れを知らない体力ができたといいます。
また、長寿で有名なコーカサス地方の人々も、食べ物を完全に咀嚼します。
彼らは、早く食べることは、野蛮で、不健康なことと見なしています。
アメリカンインディアンはわずかな食物だけで、1日に100キロ以上も走る
ことができます。その秘密は、やはり「よく噛むこと」にあるのではないでしょうか?
私たちが食事をして、吸収したエネルギーの大部分は、実は「消化」に使われて
いるそうです。「食べ物を消化するために、食べ物を食べる」
「たくさんの食べ物を食べると、消化にたくさんのエネルギーが必要なため、
たくさん食べる」・・・私たちの食生活は悪循環になっています。
アメリカンインディアンは、少量の食物を、徹底的に噛んで食べるため、
消化に負担がかからず、その分のエネルギーを体にまわすことができます。
また、徹底的に噛むことによって、食物のエネルギーを余すところなく吸収できて
いるのかもしれません。
アメリカンインディアンの食事法は確かに素晴らしいのですが、私たちの生活では、
このような生活スタイルはまず無理です。ですから、とりあえず、よく噛んでゆっくり
食べてみてはいかがでしょう?ゆっくりと食事をすると、食欲を10パーセントから
15パーセントほど抑えることが出来るそうです。よく噛むことは、満足感を
与えるからです。なかなか難しいですが、腹八分目を守り、ゆっくりと食事をすれば、
消化不良、膨満感、吐き気など、殆どの胃腸病を回避できるでしょう。
●食べ物
アメリカンインディアンが食べるものは、主にトウモロコシと豆類で、カボチャや、
メロン、モモなどもよく食べます。肉は、年に1・2回少しの量を食べるだけです。
コーカサスの人々も、豆類をよく食べ、そして特にエンドウ豆が健康に良いといいます。
☆トウモロコシを主食にして、豆類でタンパク質を補い、その他、カボチャや、
果物を食べれば、人間に必要な栄養はすべて揃ってしまうようです。しかも、
脅威の健康と、長寿を手に入れるのにも十分です。食事は、量よりも質、バランス、
食べ方の方が重要なようですね。
●冷水浴
アメリカンインディアンは雪の中でも当然のように戸外で眠り、そして、風邪を
ひくこともないそうです。彼らは、人が戸外で寝ても、その寒さから風邪をひくことは
あり得ないと言うのです。アメリカンインディアンは、赤ん坊が生まれると、
産湯などは使わず、近くの入り江や池に連れていって、水浴をさせます。
そして、子供は毎朝水浴びをさせられるのだそうです。彼らは生まれた時から、
このようにして、丈夫な体作りをしています。
日本でも昔から、毎日冷水を浴びるのは体にとても良い、と言われていますが、実際、
本当に皮膚を丈夫にし、体を強くするようです。そして、風邪もひかなくなるそうです。
冷水浴が健康にとても良いことは分かりますが、これを習慣にするのは大変ですね。
始められるのでしたら、最初は決して無理をせず、少しずつ慣らしていってください。
●鼻呼吸
アメリカンインディアンは鼻で呼吸をします。鼻から息をすることで、空気中の菌は
体の中に入らないといいます。インディアンの母親は、生まれた子供が口で息を
していると、口が開かないよう、紐などで縛ってしまい、鼻から息をする習慣を
つけさせます。また、彼らは深く、安定した息をします。浅く、不安定な呼吸は、
どうしても神経系統に悪い影響を及ぼしてしまいます。
私たち日本人も、普段は鼻から呼吸をしていますが、熟睡していると、口で息を
している人が結構多いようです。また、深く息をすることも、とても大切です。
深く息をして、体に充分酸素をいきわたらせると、体が活性化し、ストレスも早く
解消できます。常に、深くゆっくりとした呼吸をするよう習慣づければ、体に
良いばかりでなく、精神的にもかなり落ち着いてきます。
アメリカンインディアンの健康の秘訣は、数え上げれば、とてもたくさんあるのですが、彼らの生活を全体的にみると、やはり、自然の中で、自然な生き方をすることが人間の
健康の秘訣なのだと思います。彼らは子供のころから、屋外で、自然の中で生活を
します。 いわば、野生です。やはり、人間も猿から進化した動物ですから、
野生に戻れば、野生動物と同じような身体能力も戻るかもしれません。
現代人にできることは、出来るだけ自然のリズムに沿って生活すること、体をよく
動かし、体を過保護にしないようにすることでしょうか・・・。

長寿遺伝子のスイッチをオンに・・レスベラトロール

レスベラトロールの種類

さまざまな植物由来のレスベラトロール

レスベラトロールはブドウの他にも、ピーナツの渋皮や、イタドリ、インドネシアの植物メリンジョなどにも含まれています。
ただし、レスベラトロールといっても実はその構造によりいくつかの種類があり、植物により含まれる種類が少しずつ違っています。
ブドウ由来のレスベラトロールにはサーチュイン遺伝子を活性化させるエビデンスがある希少なトランスレスベラトロールやε-ビニフェリン(2量体)などが多く含まれます。これらのレスベラトロールは研究が進められ、多くの機能がわかってきています。
また、イタドリにはトランスレスベラトロールが多く含まれますが、イタドリは漢方薬として利用されてきた植物で、日本では医薬品扱いになります。
その他の植物ではまだ研究が進んでいないものも多く含まれています。

トランスレスベラトロール

トランスレスベラトロール

研究

  • ・サーチュイン遺伝子活性作用
  • ・抗がん活性
  • ・LDL酸化防止
  • ・アルツハイマー予防
  • ・脂肪蓄積抑制
  • ・放射能防御作用

ε-ビニフェリン

ε-ビニフェリン

研究

  • ・サーチュイン遺伝子活性作用
  • ・抗酸化作用
  • ・5α還元酵素阻害作用
  • ・アルツハイマー予防
  • ・抗腫瘍作用
  • ・抗炎症作用

不老長寿!テロメラーゼで寿命が400歳に!


koko

  1. 9:28
    • 次に再生
    • 今すぐ再生

  1. 【若返り】長寿遺伝子を活性化させる秘訣(前半)– 長さ: 9:28。

  1. 4 年前
  • 視聴回数 11,372 回
  1. 短期間で圧倒的な若返りと美しさをえて、生まれ変わります。 33日の完全無料プログラム【レザレクション(Resurrection)~ …

 

糖尿病は改善できるのか?  日向当帰

高血糖を改善する微量栄養素

糖尿病になりやすい人は次の3つの特徴があります。
1.家でゴロゴロしている人→運動不足。
2.朝食べず夜ドカ食い→食事習慣。
3.若いときのズボンがキツクなった→肥満。5kg以上増えると内蔵脂肪が増えている。
上の3つ以外では、①家族に糖尿病の人がいる、②妊娠糖尿病、③糖尿病予備軍の人が糖尿病になりやすいです。

 
そこで、「運動」、「食事」に加えて、ヒュウガトウキ(日本山人参)という薬草を服用すれば、糖尿病は劇的に改善します。
 
医学博士 水野修一先生は自ら関わった糖尿病に関する実施検証事例から、「食事・運動・ヒュウガトウキの”三者連合”は強い」と主張しておられます。
つまり食事・運動・ヒュウガトウキの三者を併用すれば、主治医の予想以上に糖尿病による高血糖状態が改善するというのです。
 
個人的経験からいうと食事療法を単なるカロリー制限でなく、糖質をなるべく減らす食事療法に切り替え、運動療法に筋トレを取り入れれば、より劇的に糖尿病は改善します。
 
それでは、ヒュウガトウキ研究の第一人者である水野修一博士の書籍「ヒュウガトウキのすべて」より、「食事・運動・ヒュウガトウキの”三者連合”は強い」の記事について案内いたします。

糖尿病の患者さんがヒュウガトウキを飲用するケースは珍しいことではありません。その体験談を聞いたり、アンケート調査の結果を読んでみますと、主治医の予想以上に糖尿病による高血糖状態が改善したという例が多く見られます。
もちろんその場合、食事療法をしっかり守ることが条件であることは、改めていうまでもありません。
また、このようにヒュウガトウキと食事療法の併用で高血糖状態が改善されるのは、インシュリン非依存性の2型糖尿病の患者さんに限られますが、実際に臨床の現場で診ていますと、わが国の場合の糖尿病患者さんの9割は、この2型糖尿病です。
Ⅱ型糖尿病の患者さんは肥満体の人が多く、かつ、過食過飲の傾向がありますから、カロリー制限をして体重が減少すれば、高血糖状態がある程度改善するのも事実です。
そこでさらにヒュウガトウキを併用すれば、血糖コントロールが速やかに、かつ完全にうまくいくことが多いと考えられるのです。
では、なぜそうなのでしょうか。
2型糖尿病の原因としては糖尿病体質の遺伝ということも指摘されており、実際に両親を含めた親族に糖尿病患者のいる人が糖尿病になりやすいのは事実です。
しかし、ただ遺伝というだけでなく、本人の過食や過飲、その結果としての肥満という条件が重なって糖尿病状態へ移行すると考えられているのです。
そしてひとたび糖尿病状態になると、相対的なインシュリン不足と、そのための末梢組織でのインシュリンの利用障害が起こるとされています。
ですから食事療法すなわちカロリー制限と、その結果としての肥満の解消によって、相対的なインシュリン不足が解消していけば、高血糖状態も改善いはじめることになります。
そこへヒュウガトウキが助っ人に入るわけです。
ヒュウガトウキには末梢神経でのインシュリンの作用効果を高める働きがありますから、2型糖尿病患者さんは、食事療法と運動療法に加えてヒュウガトウキを併用すれば、結果として医者も驚くほどの血糖コントロールが可能になるということなのです。

詳しくは、
健康茶日本山人参の効果・効能とは?」
の記事をご覧ください。
 

糖尿病に効果的な微量栄養素とは?

すい臓微量栄養素とは、ビタミンやミネラルのことです。
ごく微量でも生体システムの維持には欠かせません。自己治癒能力を向上させ、細胞レベルで体を元気にしてくれます。
 
不足すると糖のエネルギー化がうまくいかず、すい臓のベータ細胞が萎縮してインスリンの出が悪くなります。
筋肉細胞などの受容体も異常を起こし、インスリン抵抗性の原因になります。
またミネラル類はそれ自体がベータ細胞にインスリンの分泌を促したり、インスリン抵抗性を防ぐ働きがあると考えられています。
とくに、カリウム、マグネシウム、ナトリウム、カルシウムのバランスが大切です。
自己治癒能力の維持や遺伝子情報の正常な伝達を維持してくれるからです。
 

糖尿病と微量栄養素

糖尿病に効果的な微量栄養素を列挙してみました。

  • ビタミンA~野菜の色素カロチノイドで糖尿病を予防します。カロチノイドは私たちの体内に入るとビタミンAになります。強い抗酸化力があり、活性酸素の害を軽減してくれます。
  • ビタミンB群~多彩な顔を持つエネルギー源で、B1は糖質の燃焼(エネルギー化)に触媒としてひと役買っています。不足するととくに筋肉の運動量がガクンと落ちます。だから糖尿病対策としても欠かせません。
    ニコチン酸(ナイアシン)~神経のビタミンと言われ、インスリンの製造も推進してくれます。
  • カリウム~糖尿病になるとカリウムが不足することが確認されています。糖尿病の予防や治療にはカリウムの補充が必要です。
  • マグネシウム~マグネシウムはインスリン受容体の感受性を良くすると考えられています。実際、動物実験では「マグネシウムの摂取量が少ないと血中のインスリン濃度が減り、糖尿病になりやすい」という結果が出ています。
  • 亜鉛~インスリンの生成にもかかわっていると言われています。
  • クロム~インスリンの働きをよくして糖尿病を予防するとされています。

ヒュウガトウキに含まれる微量栄養素

ヒュウガトウキ(日本山人参)は微量栄養素たっぷりの薬草です。
そこで上の糖尿病と直接関係のある微量栄養素(標準100gあたり)について調べてみました。(「ヒュウガトウキの成分詳細より)

  • ビタミンA~αーカロテン14mg、βーカロテン3000mg、クリプトキサンチン43mg
  • ビタミンB1~0.03mg、ナイアシン4.4mg
  • カリウム~2500mg
  • マグネシウム~130mg
  • 亜鉛~3.0mg
  • その他~ナトリウム、カルシウム、リン、鉄、銅、ビタミンE、ビタミンk、ビタミンB2、B6、B12、葉酸、パントテン酸、ビタミンC、セレン、コエンザイムQ10、ヒドロキシプロリンなど

いずれにしても糖尿病になると直接糖尿病に関わっている微量栄養素だけでなく、間接に関わっている微量栄養素も不足してきます。糖尿病の予防や治療には微量栄養素の十分な補給が欠かせません。
日本山人参(ヒュウガトウキ)には、カリウム(2500mg)、マグネシウム(130mg)、ナトリウム(2mg)、カルシウム(1900mg)もバランスよく含まれていますので、微量栄養素という点からも申し分ないのです。
 
出典:日本山人参情報センター