AWG 使用できる治療院 一覧

 

oonyoku.hamazo.tv/e6965690.html

 

https://kous

「AWG」電子波動照射機

カテゴリー

「AWG」電子波動照射機
町内の田んぼですが、早く植えたのか稲穂がたわわになっていました。代替医療関連ですがAWG(医用波動発生装置)という新しい治療法もでてきているようですが
開発者の松浦博士は平成10年、長年の研究で完成した AWG を厚生労働省に医用治療器として申請した後、
突然 警察に検挙されたようです。( 容疑は、医師法違反および薬事法違反でした。)

「AWG」は魔術か、医術か?
http://toshinarimasaki.blog.fc2.com/blog-category-5.html

関連
トリファラスキーのブログ
発達障害の生体リズムを整 える「AWG」
http://ameblo.jp/sl-29de83su/entry-11625599128.html

松浦優之博士の開発した「AWG」電子波動照射機
http://8729-13.cocolog-nifty.com/blog/2013/12/awg-0b36.html

– 彼は静岡県浜松市で「健康クラブ」を結成し、 そのメンバーの約3000人の協力者に、「電子照射機AWG」 を使ってもらうことにした
http://matome.naver.jp/odai/2140032976359053701/2140072830613646803

改訂版 「AWG」は魔術か、医術か 単行本(ソフトカバー) – 2013/4/15 を読みました。
https://www.amazon.co.jp/gp/product/477270504X/ref=oh_aui_detailpage_o02_s00?ie=UTF8&psc=1

AWGは医療利権によって潰されたようです。現在でも扱っている所が一部あるようです。
上記書籍に他にも紹介してありました。

はまなこ健康ビアーラ
http://biara.jp/

AWG治療とガン治療、被ばくにも
http://ameblo.jp/shanti-jyoti/entry-11927164568.html より転載

全国の治療院↓
●バランス活性療法院
伊藤清
〒969-3553 福島県河沼郡湯川村田川作園乙52
携帯 090-4043-6039
一回の診療時間は、症状により、1時間~2時間 4500円~とのことです。

●はまなこ健康ビアーラ http://biara.jp/outline/
高橋佐智子
〒431-1305 静岡県浜松市北区細江町気賀4301
電  話 053-523-0113
F A X 053-523-0132
営業時間 9:00~19:00(受付は18:00

●田尻外科胃腸科医院 http://mylife-tosu.com/taziri-hospital.html
田尻豊實
〒841-0062 佐賀県鳥栖市幸津町1761-1
電話 0942-83-6800
診療科 外科・胃腸科
月曜~土曜  9:00~13:30
14:00~18:00

●高原医師のクリニック
高原喜八郎
03-5614-0193
午前 09:30~12:00
午後 13:00~17:00
※火曜、金曜および土日祝は休診です。
東京都中央区日本橋人形町3-5-2 ルート人形町ビル2F

●ひらめき集中塾
(滋賀県です。)
現在は、AWG照射を終了され、音響免疫療法を行われているそうです。

●森の音
〒879-5101 大分県由布市湯布院町塚原4-8
0977-85-3433
和喜 厚宗
営業時間/10:00~18:00 定休日/水曜日

●気律均整治療院 http://kiritsu.jp/blog/blog020.html
東京神田駅徒歩一分
03-5577-5505
新井 鎭男(あらい しずお)
住所:東京都千代田区鍛冶町2-9-2 新井ビル3F

転載終了。

ガンも治る!はまなこ健康ビアーラの奇跡
http://16296315.at.webry.info/201509/article_1.html

oonyoku.hamazo.tv/e6965690.html

 

奇跡を起こすAWG治療器 エレクトロン

 

(AWG は家庭用のライフ治療器を電圧あげた、治療者用に改良したものです。

169万円と高価です。

◆なんと末期癌を100%完治させたライフ博士とは

http://www.thinker-japan.com/life.html◆ライフ博士と同じ運命をたどる日本人 松浦優之博士の偉業http://8729-13.cocolog-nifty.com/blog/2013/12/awg-0b36.html◆2015年08月からずっとコメントがやまないおじさんのブログhttp://78525077.at.webry.info/201508/article_1.htmlこんなにすごい情報をみて、またまた、希奇跡を起こすAWG治療器 エレクトロン波動治療器AH-3500かなり調べてみた
2017/10/13
23:51

◆なんと末期癌を100%完治させたライフ博士とは
http://www.thinker-japan.com/life.html

http://www.thinker-japan.com/life.html

◆ライフ博士と同じ運命をたどる日本人 松浦優之博士の偉業
http://8729-13.cocolog-nifty.com/blog/2013/12/awg-0b36.html

◆2015年08月からずっとコメントがやまないおじさんのブログ
http://78525077.at.webry.info/201508/article_1.html

こんなにすごい情報をみて、またまた、希望が湧いてきたので、
AWG治療器の販売会社へ問合せしてみました。

◆AWG治療器にかかる費用はいくらなの?

————————————————————————————————
レインボーパパ様

お問い合わせ有難う御座います。

薬事法の関係で、AWGの詳細な資料は購入者のみお渡しする形をとっております。ご了承ください。

AWGの関連書籍を3冊ご紹介いたします。
①「AWGは魔術か?医術か?」」(著)俊成正樹 五月書房
②「もうわかっている! ソマチッドがよろこびはじける秘密の周波数 AWG波動機器と血中ソマチッドの形態変化」(著)宇治橋 泰二 ヒカルランド
③未来を救う「波動医学」」(著)船瀬俊介 共栄書房

AWGの種類と値段(税別、円)です。
①AH3500(一般用)→ 500万
②AH3400(業務用)→1000万
③AH3100(業務用)→1500万
④スーパードクターAH4000(携帯タイプ)→169万

 ①AH3500、②AH3400、③AH3100の違いは大きさだけで効果はどれも同じです。
 ④は乾電池で動くタイプとなりますので、パワーが弱く、素粒子(電子)がほとんど出ず、治療の効果も出にくい為、お薦めしておりません。

どの機種も厚生労働省の認可を受けている管理医療機器(クラスⅡ)です。

レンタル(①AH3500)は現在、レンタル品不足で止めております。
レンタル料は、月15万円です。(初月177,760円)

また、ロシア製ヘッドホン型量子エネルギー測定器G-SCANは1000項目の測定とセラピー機能がついて定価180万円(パソコン込)
Tシステムは56秒で全身230項目人体量子エネルギーを測定し、定価120万円(パソコン込)となります。

よろしくお願い致します。
————————————————————————————————

このような回答をもらいました。
結果としては、非常に高額なため、通院で受診したほうがいいかもしれません。

◆AWG治療が通院で受けられる全国治療院一覧
http://kousoonyoku.hamazo.tv/e6965690.html

 

http://kousoonyoku.hamazo.tv/e6965690.html

 

AWG治療の効果は幅広い
人間の細胞を振動させることで、狙った細胞を消滅させることで、あらゆる疾患が完治するとのこと、
非常に魅力的で、実際に効果を感じ、愛用し続けている方がたくさん存在する。

また、特に癌についてはその効果を絶大だという方がおおいのも、めをそむけてはならないといえるのではないでしょうか。

しかし、これは日本に受ける環境であり、
海外にこのような治療器はないのか調べてみましたところ、
実は存在しました。

次の記事ではその内容を記載したいと思います。

その名も【ライフ治療器(Rife Digital デジタルライフエキスパートV2)】
詳細は次回の記事で!

◆お願い
この記事では、AWG治療器の体験談など、コメント頂ければ、
非常に助かります。とくにガンと闘病されているかたの情報を求めています。

宜しくお願い致します。

Tweet 望が湧いてきたので、AWG治療器の販売会社へ問合せしてみました…

 

父の他界により、ライフ治療器(ライフマシン)が

 

新しい試み

父の他界により、ライフ治療器(ライフマシン)が、

「果たしてがんに効くのか?」

という問いの答えを、確かめることが出来なくなってしまいました。

 

父の治療法としては、

抗がん剤投与の期間中だった最初の1年間は、

基本的にはお医者様の言いつけを守って、薬の治療を受けること、

そして身体を温めることを行っていました。

僕は、びわの種を毎日飲むことを進めましたが、

実際には週2日ぐらいの頻度で飲んでいたのかな・・というところのようです。

 

治療が後半になってから、

プレゼントとして送った「コスモパックフィット」という、

赤外線で内臓をあたためる機械を良く使っていたようです。

 

僕がライフ治療器(ライフマシン)を手に入れて、

勧めたのは最後の1ヵ月半ぐらいから、

実際使ってくれたのは2週間弱、10日間ほどだったようです。

もうその頃は、たぶん長い戦いの疲れによって、

身体が少しずつ自由を失いはじめていて、

気持ちも落ち始めていたのかなと思います。

 

結果として、父はすい臓がんに克つことが出来ませんでしたが、

最後まで痛みに苦しむことはありませんでした。

恐らくですが、試した治療法のどれか、もしくは複数の相互作用によって、

成果が現れていたのではないかと、自分ではそう思いたいです。

 

もっと早く、情報を集めて父に勧めることができれば、

もう少しなんとかなったのかもしれない。

そんな気持ちはたくさんありますが、

父の生き様を、言葉を心に焼き付けて、自分が生きていくことが、

父に対しての何よりのお返しになると思っています。

 

ところで、ライフ治療器ですが、そんなに安い買い物でもなかったし、

一応原理を考えると、何にでも効くはず・・・。

そんなわけで、自分で何か試せるものがないのかと考えています。

新たな試みを今思案中。。

 

余談と思って気長にお待ちください。

 

もし自分ががんになったら

 

 

 

もし自分ががんになったら

もし自分が「がん」を宣告されたら・・・

 

現在では日本人の3分の1が患い、2分の1の方の亡くなる原因とも言われる「がん」ですが、

宣告されたときのショックは計り知れないものだと思います。

「あなたもうすぐ死にますよ」と言われているようなものですから。

私の父も、病気が発覚した時には「余命半年」と言い渡されていたそうで、

その時、とても計り知れない気持ちになったのは想像に難くありません。

(僕は心配性だからということで、余命は伏せられていたようです。)

 

そして、ご家族など周りの方のショックも大きいと思います。

母は、どんな気持ちだったんだろうかと思うと、

今でも胸が締めつけられるようです。

 

現在病院で行われている治療法としては、大きく3種類に分けられていて、

「三大療法」と言われています。

「手術」、「抗がん剤」、「放射線治療」の3つを指しますが、

「手術」か「抗がん剤」の選択肢をとることが多いと思います。

がんを宣告され、気持ちも動揺し、

治療法は何があるのか、どれを選ぶのか、

これからの生活をどのように過ごすのか、

時間の使い方、お金などの問題も含めて、

漠然と、しかしながら大きく自分へのしかかってくると思います。

 

手術・治療の痛みや、抗がん剤の副作用によって蝕まれる身体、

自分が精神的にも肉体的にもどの程度踏んばれるのか、

また、がんと共に生きる期間が長くなればなるほど、

終わりというものも意識してしまうと思います。

自分がどのような形で旅立つのか、

遺された家族・友人、その人たちに何を残せるのか・・・、

その辺りまで考えてしまいますよね。

 

仮に、今度自分がその立場になった時に、

どのような治療をするべきなのか、

宣告された時だと狼狽してしまう可能性が高いので、

冷静な頭を持った今、自分なりにまとめておこうと思います。

 

がんが発見され、宣告された時の状況によっても心境は変わりますが、

まず最初に心がけるべき大事なことは、

「がんは必ずしも死に向かう病ではない!」

と、自分にしっかりと言い聞かせて冷静になること。

そして、「がんに蝕まれる原因となった習慣をやめ、生活を改める。」

大きくこの二つが最も大事な心がけだと思います。

 

ただ、治療の方法となったときに、

この国に住んでいる以上、病院にお世話にならないという選択肢はなかなか選びにくいですよね・・・。

お医者さんに「治療をしたほうがいい」と勧められたら、

副作用の強い抗がん剤の治療でも、「しょうがない・・受けるしかないか。」

となりますよね。

私の父はなかなか弱音は吐きませんでしたが、

話を聞くだけでも大変な闘いだったろうと感じました。

 

もし僕なら、「昨日から熱が・・」とか、「体調が・・」とか言いながら、

なんとなくだましだましして治療の回数は減らしてしまうかもしれません。

今、闘病中の方も、弱気になったら無理せず治療をサボってもいいんじゃないかなと思います。

理由は以前にも書きましたが、抗がん剤の効果は限定的で、しかも必ずしも効果があるわけではないのに、時間やお金、労力や自分の体力までもが消費されてしまうからです。

アメリカでは既に抗がん剤のみの治療は行っていないようです。)

 

その上で、自己責任で以下の3つの治療を行おうと思います。

1.びわの種粉末を飲む(朝一番に白湯とともに)

枇杷の種に含まれるアミグダリンという成分は、糖と青酸化合物が結びついているのですが、がん細胞がアミグダリンの糖を食べると、青酸化合物になってがん細胞をやっつけてくれる、という仕組みです。

(よく言われるのが、青酸化合物が含まれているから危険ではないのか!という点ですが、アミグダリンの青酸化合物は安定した状態で存在しているため、飲んだからといって中毒になるようなことはありません。私の父も試してみて、特に異常は出ませんでした。)

がん細胞が飢餓状態にある朝一番に白湯と共にびわの種を摂取することで、効果が最大に現われる・・はず。

 

2.ライフマシン(ライフ治療器)

ライフ博士の発見したライフ治療器を使った治療法です。

といっても、設定さえしてしまえば、毎日100分~3時間弱ぐらい横になっているだけなので、慣れれば寝ながらでも出来る方法ですね。

詳しくはこちらに書いてますので、ご覧ください。

ライフ治療器の考え方

ライフ治療器まとめ

ライフマシンは別の症状で私も時々試していて、効果を感じています。

 

3.身体を温める

身体が冷えている(体温が低い)状態では、がん細胞が増えやすいそうです。

事実、がん患者さんの体温は35度代になるようなデータもあります。

そのため、身体を温めることは、がん細胞の増殖を防ぐ大事な手段になります。

身体を温める方法としては、お風呂や、近・遠赤外線で身体を温める機械を使うことになるのですが、

お値段的には、コスモパックフィット(~5万)ぐらいまでかな、というところです。

(参考までに)近・遠赤外線の効果で免疫力を高めるコウケントーなどの器具もあります。

 

抗がん剤には効果がない、かえって癌を増やす増ガン剤だということを話す方もいます。

生きる希望・意志を持ち、生活習慣を改め、体を冷やさない(温める)事が何より大事、そして枇杷の種とライフ博士の治療器だというのが自分なりの結論です。