「ファスティング〜1日3食キチンと食べてはいけない」船瀬俊介の船瀬塾

働きの弱い日本人の膵臓:フランス人の1/2以下

きの弱い日本人の膵臓 [日本人の遺伝的特性] [編集]

私たちの体は脳がないと生きていけません。「能なし」のことではありませんよ!
脳は体の中で最も巨大なブドウ糖消費機関です。もちろん体内の運動のためのエネルギーとしてブドウ糖は欠かせません。インシュリンは体内の血糖値」を一定にしてエネルギーを絶やさない働きをしています。
もともと、日本人は「米」という「難消化性デンプン」を数千年にわたって主食としてきました。米には消化されにくいデンプンであるアミロースが含まれているため、食事後も体内で緩やかに消化されます。
そうすると、血糖の上昇もゆるやかなので血糖をコントロールするインシュリン(血糖値を下げる働きをします)の量も大量に必要なく少しずつ分泌されます。
つまり、私たち日本人の体は大量にインシュリンを分泌するという構造にはなっていないのです。小柄な体格の日本人は米のエネルギーを無駄なく時間をかけて利用することでロスを減らしていたんですね。
もし、インシュリンが大量に分泌されたら吸収された血糖は利用されずすぐ分解されてしまいます。すごく巧くできています。
これは日本人の体格上の一つの「宿命」です。これまで2つ上げました一つは「乳糖不耐症」、もう一つは「倹約遺伝子」でした。すばらしい機能です。

続きを読む

老化(動脈硬化)の本質  インスリン低値は心血管リスクを低下させる 新井圭輔医師


 
日本人に多い成人病の本質を、アメリカ医療に逆らって見抜いたビデオ。
ガン、結核、糖尿、心臓、認知アレルギー・・・明治以後の現代医療は日本の食生活が、文化に逆らい、制度化されたこと。
TV,新聞、社会保険制度により常識化されてしまった。
いま個人が逃げるには、「飽食文化」への反省しかない。
成人病になる方程式を見事に創り上げたお医者さんだ。
何十回も見て納得してもらいたい。
動脈硬化 血管リスク
= 活性酸素*血糖値*インシュリン値*tc-hdl/hdl
 
連続16本 Youtube
続きを読む