ガン 時間ない方に 断糖+高濃度ビタミンC 点滴療法!

ガン 時間ない方に 断糖+高濃度ビタミンC 点滴療法!

1.断糖
2.超高濃度ビタミンC点滴療法

超高濃度ビタミンC点滴は本当にガンに効くのか?

【がん治療】ビタミンC点滴の適量・頻度・値段(価格)について

ビタミンC点滴治療が日本で普及しない理由

IPT抗がん剤療法と超高濃度ビタミンC点滴を並行する際の注意点

活性酸素は海の塩とれば水素がでて、除去してくれる

活性酸素は海の塩とれば水素がでて、除去してくれる

食生活では、食べたものの、余ったものが活性酸素という毒素になり、生涯になる。

かっては海の塩をまいにち、味噌、醤油、漬物、和菓子、水などにいれてたくさんたべたものだ。

戦後 化学塩に家庭用、給食、外食、加工食品は置き替えられた。

たくさんの病気や体の不調がつくられた。

 インフルエンザなどは、お茶に塩いれて飲むだけで、免疫が働く。

海の塩10~15g 食べると、体内の水から水素ができる。

この水素が癌の原因の活性酸素を中和して、排出してくれる。

わざわざ水素水?買う必要もないだろう・

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

大抵の癌は○○で修復できる!

大抵の癌は○○で修復できる!

昭和40年代からの癌は、塩と酒が主因だった。

GHQは専売制をしき、塩からミネラルすべて除き、単なるNACL の薬品、お酒は酵素の入った樽酒から

熱処理で酵素を殺して毒処理をした。

 市民団体が昭和44年市販しないという条件で米軍から許可もらい、みんなで分けた。

戦後の日本の男たちは、戦前の酒と戦後のさけの区別がつくはずもない。

40年代から50年代癌は酒の飲みすぎ?が原因とした。

 その次に日本の野菜から珪素の減少が原因とみられる問題が高齢者に増加した。

宗教、生活文化の破壊である。

 宗教、文化には民族の食生活、病気、その他の習慣をきがつかないいように

葬った。集団就職をはじめ親、ふるさとをはなれ都市へ、工場へと

親とはなれ、食文化からとうざかった。

 珪素である。シリカ。はるにはヨモギ餅、病ものカルカン饅頭。

わたしの故郷でも、春の節句には、ヨモギ餅、かしわ餅をもって、野山に、近所の子供たちと

よく、いかされた。

 裕次郎がどうして、若く死んだのか? ずっと考えてきた。

たぶんお酒、と塩不足、ストレス だろう。

 いまでも畑に珪素いれる農家はいないだろう、空き地の砂場にはヨモギしか生えていない。

だま作りすぎて、水道の水には、たんなる処理水。

 砂地にはえるのは、らっきょう、スイカ、長芋・・・

なんでらっきょう保存して食べるのか?やっとわかった。。

癌だけでなく、糖尿、認知にも。

 玉ねぎの味噌汁で糖尿病治した人、同級生に多い。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について