糖尿病が治る!?腸内細菌『バクテロイデス』不足

血糖値がきちんと下がる体質に改善することで糖尿病が改善するというから驚きです。

この画期的な糖尿病改善のキーとなるのが『腸内細菌』です。

 

腸内細菌が糖尿病改善


ためしてガッテンでは「腸内にはインスリン分泌を促すスイッチがある」と紹介していました。
ある腸内細菌には血糖値を下げるインスリン分泌を促す細菌が存在することがわかったのです。
その腸内細菌というのが「バクテロイデス」という腸内細菌です。

バクテロイデスが及ぼす影響

腸内のバクテロイデスが増えると、それに伴ってインスリン分泌を促すスイッチの増えます。
インスリン分泌が増えると血糖値も下がりやすくなり、糖尿病が改善するというわけです。

バクテロイデスの増やし方『便移植』


さて、では気になるのがバクテロイデスの増やし方です。
一番手っ取り早い方法が便移植です。
健康な人の腸内細菌を糖尿病の人に移植する方法なのですが、その方法というのが健康な人の便を水で溶かして直接患者の腸内に注入するという方法です。
ちょっと衝撃的ですが、大腸の病気の改善治療の一つとしてすでに確立されています。
ただし糖尿病の治療としてはまだ研究段階とされています。

バクテロイデスの増やし方『食事による増加』


バクテロイデスはどんな人の腸内にも存在している腸内細菌です。
このバクテロイデスは、イヌリンという食物繊維を摂取することで増加します。

イヌリンが多く含まれている食材
ごぼう
キクイモ
玉ねぎ
ニンニク

などです。その他、バクテロイデスは水溶性食物繊維をエサとしますので、その他の野菜を摂取することも有効です。

ねぎ
にんじん
アボカド
キノコ類
海藻類
納豆類

こういった食材が含まれている食べ物を一品加えて食事をすると、糖尿病の改善につながっていきます。

腸内のスイッチをさらに働かせる画期的な方法


食事の仕方を変えるだけでインスリンの分泌を促す腸内スイッチがさらに働くようになります。
その仕方とはとっても簡単!
おかずを先に食べて最後にご飯(炭水化物)を食べるだけ。こんな簡単な方法でインスリンの分泌がさらに促されるようになります。

『糖尿病が治る!?腸内細菌『バクテロイデス』の驚くべき効果!』のまとめ

ためしてガッテンでは、「腸内細菌をペットだと思って、えさを与えるつもりで育てていく」と考えると、一品加える事も苦ではなくなると言っていました。
確かに自分のためだと思って食事制限をするよりも、体内のかわいいペット(腸内細菌)のために食事を与えてあげていると考える方が、やる気力が出てきますもんね。
なおバクテロイデスを増やすこの方法は、体質改善を目的とした方法ですので時間がかかります。

腸内環境と自律神経の乱れには深い関係があった | 腸内細菌のちから

 
自律神経
腸内環境(腸内細菌のバランス)と自律神経には、密接な関係があるようです。自律神経のバランスが乱れると、腸内環境も悪化しやすくなります。逆に、腸内環境が悪化すると、自律神経のバランスが乱れやすくなります。なぜそうなってしまうのでしょうか?

自律神経が腸の働きをコントロールしている

自律神経には、交感神経と副交感神経があり、互いにうまくバランスをとりながら、腸の働きを正常に保ってくれています。
腸は、副交感神経が活発に働いてくれることで、消化活動やぜん動運動も活発になります。しかし、ストレスや不規則な生活によって自律神経のバランスが乱れると、腸の働きも乱れ、消化活動やぜん動運動に支障が生じ、腸内環境に悪影響が及ぼされます。
消化活動がうまく行われないことで、小腸で吸収されなかった食べ物が腐敗して大腸まで届いてしまい、それが悪玉菌のエサになり悪玉菌を増やすことになります。また、ぜん動運動の機能も低下して、便秘になり、有害物質を含んだ便がいつまでも腸内にとどまってしまって、ますます腸内環境は悪化します。

セロトニンが不足すると自律神経が乱れる

神経伝達物質であるセロトニンが不足すると、自律神経が乱れやすくなります。セロトニンには、自律神経のバランスを保ったり、副交感神経を活性化させる働きがあります。そしてこのセロトニンは、腸内で腸内細菌(主に善玉菌)の助けによって作られています。しかも、腸内で作られるセロトニンは、全体のおよそ90%と、大部分を占めているので、その影響力は非常に大きいです。
腸内環境が悪化すると、善玉菌の働きが鈍るために、このセロトニンが不足しやすく、その結果、副交感神経の働きが鈍ります。副交感神経が鈍ると、腸の働きも鈍り、消化活動やぜん動運動に支障が生じます。
すなわち「腸内環境が悪化する→自律神経が乱れる→腸内環境が悪化する→自律神経が乱れる→腸内環境が悪化する」といったように、乱れた自律神経と悪化した腸内環境は、互いに影響し合い、負のスパイラルを生じさせることになるのです。
このような状態では、当然、心身にも多大な悪影響が及ぼされます。どこかでこの悪循環を断ち切る必要があるといえます。

腸内環境を改善することが一番の近道

乱れた自律神経と悪化した腸内環境の負のスパイラルを断ち切るためには、悪化した腸内環境を改善することが一番の近道といえるでしょう。
ビフィズス菌や乳酸菌などの善玉菌を増やし、善玉菌にしっかりと働いてもらえるような腸内環境が整えば、セロトニンも十分に作られ、自律神経もバランスが保てます。またセロトニンには、精神を安定させる働きもあるので、十分に作られていれば、これもまた自律神経を乱す大きな要因のひとつであるストレスが緩和されます。
自律神経のバランスがうまくとれるようになれば、副交感神経も活発に働きます。副交感神経が活発になれば、腸の働きもよくなり、消化活動やぜん動運動も正常に行われるという好循環が生まれるのです。

腸と自律神経(交感神経と副交感神経)の関係とは?

腸内環境のすべて
http://h-pochi.com/cho/?p=391
便秘や腸に関する本を読んでいるとよく
「自律神経のバランスを整えることが便秘改善には必要不可欠」
「交感神経が優位になっているので~」
という文をよくみかけます。
おい、自律神経ってなんだよ、交感神経?
いや副交感神経なるものもでてきたぞ?
といった具合で、私は神経に関する話に出くわすといつも混乱してしまいます。
一度は理解するもののあまり頭に定着せず、後でまたググってしまうのは私だけでしょうか。
いえ、そうではないはずです。
そうだとしても、私のメモ書きとして今回の記事を作成します。

神経について整理しよう

神経は、私たちの意思とは関係なく働く部分です。
主に体の動作に関する信号を伝達する役割があります。
普段はあまり意識することのない部分ですが、科学的に生活の質を高めるためにも、その役割や名称をきちんと理解しておきましょう。
まず、交感神経は体を活動させるときに活発になる神経です。
主にアドレナリンなどの物質を伝達させて、鼓動を早めたり血圧を上昇させたりします。
一方、副交感神経はリラックスしているときに活発になる神経です。
鼓動を落ち着かせるなど、交感神経と逆の機能をもっています。
眠っているときなどに強く働く神経です。
この交感神経と副交感神経が、バランスよく働くことで健康状態を保つことができるのです。
そして、交感神経と副交感神経を総称して自律神経と呼びます。
これら二つ神経のバランス=自律神経のバランスと言い換えられるわけですね。

腸と自律神経の関係

もちろん、腸も自律神経と深い関係があります。
続きを読む