食べ物と病気

食 事 療 法      食べ物と病気

Home | 食べ物と病気 | 病名別食事療法 | 食べ物の栄養と効用 | 病名別食事の献立 |
 
食べ物と病気
 
栄養の異常 (栄養素不足の欠乏症状)
 
蛋 白 質
幼若な身体では発育不良、発育停止、貧血、長期になると血清蛋白量
減少、血液中 の  A/Gの低下、細胞と体液の洽遣圧破れ浮腫の注意
が必要です。
 
原 因 メチオニンの欠乏、ミネラル、ビタミン不足、寄生虫
症 状 発育障害、毛髪、皮膚、色素脱出、浮腫、皮膚炎、肝臓変化、
胃腸障害、精神障害
 
脂   肪
糖質、蛋白質で代替できるが、完全に脂肪不足の場合は発育障害の
注意が必要です。
原因 不飽和脂肪酸(リノール酸、リルン酸、アラキドン酸)不足(これらを不可欠脂肪酸という)
糖油、大豆油、ゴマ油に入っているので不可欠脂肪酸不足は見られない。
 
糖   質
糖質は総カロリー50%、これ以下で脂肪、蛋白質を多くするとアセトン体
を生じアチドーゲスの注意が必要。
原因 カロリー源として脂肪が多く用いられるので、肝臓脂肪酸処理がうまくいかないためになる。
 
ミネラル・ カルシュウム
骨粗しょう症、小児のクル病、骨軟化症(ビタミンD)妊婦では歯が悪くな
る、からだが  アチドージスになる。
給源は牛乳、小魚、カルシューム塩
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です