あらゆる病気を水素が治す!驚きの効果。

アレルギー、糖尿病、高血圧、動脈硬化
ウイールス感染症、エイズ、癌、

  1. 結果: 約 1,240 件

    1. 5:54

       

      あらゆる病気を水素が治す!驚きの効果。

      • 7 年前
      • 視聴回数 127,878 回
      特捜リサーチ(日本テレビ)
    2. 5:54

       

      あらゆる病気を水素が治す!驚きの効果。

      • 1 年前
      • 視聴回数 254 回
      このビデオの情報あらゆる病気を水素が治す驚きの効果


 

フリーラジカル(活性酸素)とは

フリーラジカル(活性酸素)とは、脳などの細胞が脳梗塞などで障害を受けた場合に、障害を受けた細胞から放出される「活性因子」です。この「フリーラジカル」が周りの脳細胞に影響を与えて、脳梗塞による被害をより広げてしまう「遅発性神経細胞死」という現象を引き起こします。
「脳が特にフリーラジカルからのダメージを受けやすいのには、二つの理由がある。一つは、脳が常に活発に働いている臓器であるため、フリーラジカルの生まれる温床になりやすいこと。脳細胞はエネルギーを作るために、常に血液と酸素の潤沢な供給を必要としている。これが、フリーラジカルの生成量を増やすことになる。二つ目の理由は、脳の50%が脂肪で出来ていて、酸化しやすい材料が豊富にあることだ。」 レスター・パッカー博士(米国、カリフォルニア大学バークレー校)
化学的に述べると次のようになります。 まず体内に入った酸素は他の物質と結びつく過程で、電子を1個余分にもらうことがあり、スーパーオキサイド・アニオンと呼ばれる、大変不安定で反応しやすい酸素に変わります。これが活性酸素の母体となり次々と他の物質と反応して、過酸化水素、ヒドロキシラジカルなどの第一次活性酸素を産生します。そしてさらに、この第一次活性酸素は脂質などと反応して、過酸化脂質や各種酸化物質をつくり出すのです。これらを一括して「活性酸素」と呼ばれています。

大切な脳を活性酸素から守る

脳と目に効くアスタキサンチン

大切な脳を活性酸素から守る

加齢による脳の衰えと脳疾患を予防

脳の中で活性酸素をやっつけるアスタキサンチン
脳は体の中で最もたくさんの酸素を必要とする器官で、その重さは体重の2%程度なのに、エネルギーの消費は全体の20%近くを占め、呼吸の際に吸い込む酸素の30~50%を消費しています。わたしたち人間がエネルギーを作り出す際に、いわば産業廃棄物として発生してしまうのが活性酸素ですが、エネルギー、酸素の消費量が多い脳では、絶えず大量の活性酸素が発生していると考えられます。さらに、脳の約半分は活性酸素の標的となりやすい脂肪でできています。このように脳は活性酸素によるダメージを最も受けやすい器官で、脳梗塞や脳出血などの脳疾患も活性酸素が深く関与していると言われています。
また、脳の神経細胞は加齢とともに減っていき、他の組織の細胞と違って、一度死滅すると再生することは極めて稀であると言われています。年齢とともに記憶力が衰えたり、思考力が低下したりするのはこのためです。ただでさえ減っていく神経細胞が、活性酸素のダメージによってさらに減ってしまっては大変!生命活動の中枢である脳を活性酸素から守ることは、わたしたちが生きていくうえでとても重要なことです。
もちろんわたしたちの体には活性酸素に対抗する酵素が備わっていますが、体内でつくりだされる抗酸化酵素は、加齢とともに減っていきます。脳の老化を最小限に抑えるためには、抗酸化作用のある物質を食べものなどで日常的に補っていく必要があります。中でも、脳の「関所」血液脳関門を通過することができ、強力な抗酸化作用を持つアスタキサンチンには、脳の衰えを防ぐ効果や、脳疾患予防への期待が高まっています。

脳保護療法(活性酸素除去剤)

脳保護療法(活性酸素除去剤)

活性酸素除去剤を用いる治療方法

脳梗塞の治療法として存在している「脳保護療法」とは、活性酸素除去剤を用いて活性酸素(フリーラジカル)を低減、脳梗塞による被害を軽減しようという治療法です。

活性酸素は細胞を傷つける

脳梗塞を起こすと、血流が止まることによって脳の一定範囲が機能停止します。これにより各種脳神経症状の発作が起きるのですが、この時点では、まだ脳細胞が壊死はしていません。また、脳梗塞の範囲に入っていても、微量の血流があって仮死状態に置かれている脳細胞も結構存在します。
しかし、脳梗塞により血流が止まった箇所では、血中に活性酸素が生成され、周辺細胞を傷つけるようになります。これにより、直接の血流停止以外でも脳細胞がダメージを受ける場合が有るというわけです。

脳梗塞による細胞のダメージを局限する

脳保護療法では、活性酸素除去剤(エダラボン)を使用してこうした活性酸素の悪影響を抑え、脳梗塞による脳細胞のダメージを局限しようとします。この脳保護療法は、発症から24時間以内を目安に施療します。それを超えると活性酸素発生も収まり、脳梗塞によるダメージ範囲が確定するからでしょう。
脳梗塞による二次被害を抑えるのが脳保護療法ですので、その他の治療法と同時並行で行われることが多く、特に脳梗塞の種類を選びません。しかし、腎臓機能に対してはダメージを与えるようで、副作用として急性腎不全を起こす例も報告されているようです。その他に明確な禁忌症はないようなので、比較的広く用いる事のできる治療法だということが言えるでしょう。

タバコの紫煙が大量の活性酸素を生む

healthlife.xrea.jp/kasseisannso/category2/entry5.html

タバコは肺がんの発症率を高めることはよく知られていますが、活性酸素も発生させてしまうので注意しなければなりません。 … する酵素と、それを阻止する酵素のバランスが崩れ、肺のたんぱく質分解が進んでしまうと、肺胞壁が破壊され肺気腫をまねきます。
 
 
タバコの煙には、200種類以上の有害物質が含まれています。そのなかには発がん性物質もあります。
 
カット・ソッド試験から、発がん性物質の多くに活性酸素を発生させる性質があることがわかるようになりました。
 
肺に有害物質が沈着すると、これを取り除こうとして白血球が活性酸素を発生させてしまうため、体内の活性酸素量を増やしてしまうことになるのです。
 

タバコにより肺がん、肺気腫が起こりやすくなる

 
喫煙によって発生する大量の活性酸素は、肺に大きな影響を与えてしまいます。喫煙でもっとも起こりやすい肺の病気は肺気腫です。肺がんの発生率も喫煙者が圧倒的に多くなっています。
 
活性酸素によりDNAに障害が起こると、肺がんになります。また、たんぱく質を分解する酵素と、それを阻止する酵素のバランスが崩れ、肺のたんぱく質分解が進んでしまうと、肺胞壁が破壊され肺気腫をまねきます。
 
正常な肺の肺胞は、膨らんだり縮んだりしながら、酸素と二酸化炭素の交換がスムーズに行われています。
 
しかし、肺気腫になると、肺胞と肺胞の間の壁が失われてしまい、大きな空洞(のう胞)ができます。これにより肺全体が膨張し、呼吸機能も低下してしまいます。
 

タバコをやめるには・・・

 
タバコは依存性があるため、やめようと思ってもなかなかやめれないところが厄介です。タバコをやめるには、本人の努力だけでなく、周囲の人の協力も得ることが大切です。
 
喫煙者の血液中には、抗酸化ビタミンが少ないことも分かっているので、食事の見直しとサプリメントの利用を考えていきましょう。
 
ニコチンガムを噛んで気を紛らわすという方法もあります。
 

タバコの紫煙が大量の活性酸素を生む関連エントリー

化粧品の化学物質から活性酸素が発生!?
若く美しくなるために使う化粧品。しかし、使われている化学物質のなかには、活性酸素を発生させてしまうものもあるのです。
自動車の排ガスから活性酸素が発生
自動車の排ガスには、さまざまな有害物質が含まれています。呼吸を通じて、体内に活性酸素が流れ込んでしまいます。
水道水の汚染物質も活性酸素の発生源に
水道水に含まれているトリハロメタンという物質も活性酸素の発生源となるおそれがあります。基準値以下でも安心はできません。
紫外線(UV)のもたらすメリット・デメリット
紫外線は、ビタミンDの合成や殺菌などのいい効果もありますが、活性酸素の発生を促進してしまうという側面もあります。紫外線対策には十分に気をつけておきましょう