菊芋パウダーの作り方(画像あり)

菊芋パウダー
先日、道の駅庄和の農産物直売所 (埼玉県春日部市)で見つけた菊芋(きくいも)。ダイエットや生活習慣病にいいと雑誌で読んだことがあったので、一袋買ってみました。きんびらや天ぷらなどにして食べるそうですが、パウダーにすると保存もきいて、いろいろなお料理にも使えるということなので、今回は、菊芋のパウダー作りに挑戦してみました。
菊芋
先日、道の駅庄和の農産物直売所 (埼玉県春日部市)で見つけた菊芋(きくいも)。ダイエットや生活習慣病にいいと雑誌で読んだことがあったので、一袋買ってみました。きんびらや天ぷらなどにして食べるそうですが、パウダーにすると保存もきいて、いろいろなお料理にも使えるということなので、今回は、菊芋のパウダー作りに挑戦してみました。
一見しょうがのように見える菊芋。食べるインスリンとして糖尿病の改善や予防に効果が期待できるほか、生活習慣病、肥満、便秘解消などにも役立ちます。また、尿の出を良くしたり、インポテンツにもいいとされています。
 
菊芋スライス
菊芋パウダーの作り方ですが、まず、よく洗った菊芋は薄くスライスします。早く乾燥させたいので、今回は、できるだけ薄くスライスしました。スライスした菊芋をひと口つまんでみましたが、香りも味もとくにありませんでした。歯ざわりはシャリシャリ、シャキシャキととても小気味よく、癖になりそうな食感です。
菊芋スライスの天日干し
今回は菊芋を自然乾燥させるので、お天気が良い日に、日当たりの良いベランダに出して水分を飛ばして乾燥させます。
菊芋チップ
上の写真は二日間天日干しにした菊芋です。菊芋チップのように乾燥して縮んでいます。
乾燥した菊芋菊芋をミキサーにかける 菊芋パウダーを作る菊芋チップを粉砕する
乾燥した菊芋チップをハンディータイプのミキサーに入れて粉砕します。
菊芋パウダーできあがり
ミキサーにかけた菊芋チップは、想像通りのパウダー状になってくれました。粉状になった菊芋をお皿にあけてみました。
菊芋パウダー完成
皮の部分が黒っぽかったわりに、きれいな白っぽい粉になっています。ちょっとつまんで味見。菊芋の粉は生の菊芋よりも香りと味があります。菊芋の味はゴボウにちょっと似ているかなぁ。レンコンとごぼうを足したような味かしら。私は嫌いじゃないですね。
菊芋パウダー保存
菊芋パウダーの食べ方は、ティースプーンに1杯をぬるま湯か水に溶かして、食前か食事中にいただきます。一日3回が目安です。サラダにかけたり、みそ汁や各種ジュースに入れてもおいしくいただけます。ただしあまりたくさん食べるとおかがゆるくなることがありますので、適宜、量を調節してください。
菊芋はスーパーなどでは、なかなか目にすることはできませんが、楽天市場では 生の菊芋菊芋パウダー が手に入りますので、血糖値が高めのかたや体重が気になるかたはぜひ一度お試しください。

日向当帰の生産地 – 高千穂郷日向当帰研究会公式サイト

 

日向当帰とは

日向当帰はセリ科の植物で学名は“Angelica Furcijuga Kitagawa”。Angelicは天使のAngelsに由来し、かつて日向当帰は強心剤として用いられたこともあり、死者をも蘇らせると言われていました。
日本では、日向当帰は「神の草」と呼ばれ、旧薩摩藩の住民が無病息災の民間薬として愛用していたことが分かっています。
現在、日向当帰の根は医薬品に認定されていますが、日向当帰の葉にも素晴らしい成分が含まれていることが判り、健康食品やサプリメントとして注目され、いくつかの大学や研究グループでたくさんの研究成果が発表されています。
日向当帰の葉
 

日向当帰の生産地

日向当帰の自生地は高千穂を中心とする宮崎県北部と大分県南部のエリアに限られています。
当研究会の会員生産者は、日向当帰の自生地である高千穂町で畑を耕し、天然の日向当帰と同じ自然環境で日向当帰を育てています。
収穫
 

日向当帰の歴史

1845年(弘化2年) 医師・本草学者である賀来飛霞(かくひか)によって発見され、高千穂地方の方言で”ウヅ”と呼ばれていた。(「高千穂採薬記」)
1950年(昭和25年) 林吉活により山人参の栽培が始まる。
1964年(昭和39年) 尾鈴山で山人参が採集される(長沢光男の原標本が残されている)。
1971年(昭和46年) 植物学者の北川政夫により”ウズ”が新種として発表され、学名を”Angelica Furcijuga Kitagawa(アンゲリカ・フルキジュガ・キタガワ)”、和名を”ヒュウガトウキ”と命名される。
1983年(昭和58年) 宮崎女子短期大学学長の小島正秋農学博士らグループにより”日本山人参”と名付けられ、同年、日本で最初の日本山人参の法人”農事組合法人・宮崎県日本山人参生産本部”が設立され、本格的な栽培普及活動が始まる。
志田庄二郎教授(宮崎農業大学農学部)が組合の依頼を受けて、ヒュウガトウキの人工栽培の基礎研究を始める。
大久保克己・高崎久男らが宮崎大学の実験農園で試験的に栽培を開始する。
1985年(昭和60年) 廣江美之助理学博士の協力の元で行われた調査で、日本山人参の原植物をイヌトウキと報告される。
奥田拓道医学博士(愛媛大学医学部)による成分効能に関する研究が発表され、日本山人参は天然医薬資源として注目される。
1993年(平成5年) 志田庄二郎教授らの調査研究により、日本山人参の原植物はヒュウガトウキであると訂正発表される。
1995年(平成7年) 馬場きみ江助教授(大阪医薬大学)、高崎久男らにより、日本山人参はヒュウガトウキであると解明される。(「日本薬学会第115年会仙台」)
九州大学医学部で糖尿病のラットによる研究がなされる。
日本薬学会近畿大会で大阪薬科大学医学部の馬場きみ江助教授により、ヒュウガトウキ主成分YN-1の抗炎症、抗潰瘍作用などの研究結果が発表される。
2002年(平成11年) 厚生労働省「医薬発第1115003号」医薬品の範囲に関する基準の一部改正の中で、「ヒュウガトウキ(根)」日本山人参が”専ら医薬品として使用される成分本質(原材料)”リストに追加される。
※これにより、日本山人参「ヒュウガトウキ」の根っこは健康食品として使用できなくなる。
2004年(平成16年) 厚生労働省「薬食発第0331009号」医薬品の範囲に関する基準の一部改正の中で、「ヒュウガトウキ」日本山人参の学名を明らかにし、種を特定した。
※これにより「イヌトウキ」との学名論争に終止符が打たれる。

 
本
 

日本山人参がカザフスタンへ « つるかめ院長のブログ

日本山人参がカザフスタンへ

kazafu1カザフスタンという国をご存じでしょうか。北はロシア、東は中国、南はキルギス、西はカスピ海に囲まれた中央アジアの国です。石油やウランの資源輸出を背景に高成長しており、2011年のGDPの伸び率がなんと7.5%です。この地にイオングループのコンビニ、ミニストップが地元企業と合弁会社をつくり年内に進出し、多店舗展開してゆくようです。
当院では温熱療法の前に日本山人参茶を召し上がっていただいていますが、この日本山人参を生産から販売まで手掛ける会社の斉田さん(代表)が2年ほど前からカザフスタンに行き、山人参の普及活動を行っています。現地の人のお口に合っていることと、糖尿病にいいことから人気が出て来て、最近はカザフ民族医科大学で実際に日本山人参が人にどの程度の効能があるのかを調べる治験が行われました。
その論文を斎田さんからいただき、読んだところ、驚きの結果が出ていました。それは高血圧合併2型糖尿病患者に日本山人参と糖尿病治療薬を併用すると患者の6割の血糖値が正常化するとともに、血管障害のリスクが30~40%低下するというものです。そしてその結果によりカザフスタンの診療所と保養所で山人参の使用が許可されました。これから現地でますます多くの人が日本山人参に触れて健康になり、大きな話題になるでしょう。
そもそも日本山人参とはセリ科の植物で、漢方であれば当帰(トウキ)、柴胡(サイコ)の仲間で、ウコギ科の朝鮮人参とは異なります。朝鮮人参の効能は人参サポニンが鍵を握っているのに対し、日本山人参はクマリン化合物が主に働いています。
クマリンは植物に広く含まれており、抗酸化物質のポリフェノール類として抗菌作用、エストロゲン様ホルモン作用があり、薬ではワーファリンが抗凝固薬として利用されています。
日本山人参の特徴として血流が良くなることが明らかですが、これは交感神経の興奮を和らげる働きと血小板凝集抑制作用によるものがあります。不眠、うつ、冷え症は交感神経優位の状態が続くことが要因なので、山人参の力が期待でき、当院で扱う第一の理由となっています。また、「人は血管とともに老いる」という言葉があるように、動脈硬化の進展を抑えることがとても大切で、山人参は病気だけでなくアンチエイジングにも役に立ちます。そしてなによりも当院で取り扱っているものが他国でも認められた良い製品であることに嬉しさを感じます。
今年より琉球温熱施療後に朝鮮人参のサプリメントをお勧めしていますが、施療前の日本山人参との相性も良く、温熱効果を長続きさせることができます。
日本と朝鮮の優秀な生薬が琉球温熱をさらに引き立たせ、さまざまな病態改善に働くことを今後も示してゆきたいと思います。

★キクイモを育てる

★キクイモを育てる

キクイモ(キク科 多年草)  Jerusalem artichoke

別名ブタイモ、エルサレムアーティチョーク。主成分は多糖類イヌリンを含む食物繊維であり、低カロリーのためダイエットに効果的だそうです。通常の芋類と異なり、デンプンはほとんど含まれない。wikipediaより。イヌリンは血糖値の上昇を抑えるため「天然のインスリン」と言われ糖尿病に効果があるとされているようです。

★調べたこと+自分用メモ

ポイント◆河川敷や草地に生育する在来種の植物と競争し駆逐する危険性があり、外来生物法によって要注意外来生物に指定されているそうです。


栽培時期(関西)◆定植→3〜4月 収穫→11月?
連作◆出来ない。
日当たり◆日当たりのよいところ。
暑さ寒さ◆温帯気候を好む。
乾湿◆深刻な干ばつ時に水が必要。
発芽適温◆15℃
生育適温◆℃
原産◆北アメリカ
丈◆背が高くなる。3m。
土◆水はけがよく肥沃な土地。砂質土、ph7という情報もあり。
肥料◆あげてもいいしあげなくても育つ。
その他◆防風林を形成するために高密度に植えることができる。病害虫に強い。
      (参考:パッケージの説明、読んだ本、インターネット、私の体験など)

★入手する

秋に直売所で以前から気になっていたキクイモが売られていたので即購入。
見た目は生姜のような感じで、食べたらヤーコンみたいでした。
半分は食べましたが、半分は育ててみようと思って土に埋めて春まで待ちました。
続きを読む

水野修一著「ヒュウガトウキのすべて」

item_book1

水野修一著「ヒュウガトウキのすべて」の書籍販売

http://hyugatoki.com/mart-book.html

item_book1

水野修一先生のプロフイール

水野修一先生は1937年、福岡県に生まれる。
九州大学医学部大学院終了後、1973年~1998年まで国立小倉病院消化器科医長を務める。
・また水野修一先生は、現代医療体系の中での漢方薬の位置づけも研究し、1976年から漢方医療を実践される。
・1981年~1982年には厚生省漢方医療法研究班班長に就任。
現在、敬天会東和病院副委員長。和漢医薬学会評議員。日本東洋医学会名誉会員。
これ1冊でヒュウガトウキ(日本山人参)のすべてがわかります。