蓬莱の健康茶(日本山人参)の効果・効能~あなたの3つの恐怖にも!

富士山と梅の花朝鮮人参の原産地は中国の遼東から朝鮮半島です。
http://ketuatusagetai.com/%e6%97%a5%e6%9c%ac%e5%b1%b1%e4%ba%ba%e5%8f%82/
でも、それに負けずとも劣らない神草と呼ばれていた健康茶(薬草茶)が、中国や朝鮮ではなく、東方に浮かぶ蓬莱の国(日本国)にあったのです。
 
その健康茶(薬草茶)日本山人参とかヒュウガトウキと言われる薬草です。
江戸時代には「ウヅ」という薬草名で文献にも登場します。
 
この日本山人参(ヒュウガトウキ)という健康茶(薬草茶)の効果・効能
あなたの何とかしたいという恐怖も和らげるのです!
 
あなたはこの健康茶(薬草茶)の効果・効能を信じますか?
それともまやかしだと思いますか?

心と体の調和のパワーを秘めた健康茶(薬草茶)の効果・効能
すぐには信じられないかもしれませんが・・・・・
続きを読む

子育てを終えた主婦に糖尿病の恐怖とは? | 40代主婦若返り愛の健康茶 …

http://ketuatusagetai.com/tounyoubyou/

(引用文)

血糖コントロールに苦しんでいるあなたに日本山人参(ヒュウガトウキ)を! に移動 – 糖尿病いう病気は一度その症状が出たら治る病気ではありませんが、血糖コントロールさえ … 日本山人参草ヒュウガトウキ)を服用したら、各種臨床テストの結果、血糖 …
子育てを終えた主婦に糖尿病が多いという驚きの事実を、あなたはご存知でしたか?
日本国民の約5人に1人が糖尿病かその予備群です。
 
糖尿病は、ご飯、パン、イモ類などやお菓子などの甘いものに
多く含まれる糖質が主な原因です。
 
そして、体内に取り込まれた糖をうまく利用できないと、血液中の糖が溢れ高血糖状態になってしまいます。
 
これが、いわゆる糖尿病です。
日本山人参(ヒュウガトウキ)の奇跡<img class=”aligncenter wp-image-2572 size-full” src=”http://ketuatusagetai.com/wp-content/uploads/esi.jpg” alt=”日本山人参(ヒュウガトウキ)の奇跡” width=”245″ height=”175″ />

症状が進行すると失明したり、足が壊死したりするなど、極めて恐ろしい症状を引き起こします。
 
あなたも写真のようには、なりたくないですよね!

 

なぜ子育てを終えた主婦に糖尿病が急増しているのか?

 

続きを読む

菊芋 チップ Amazon


並べ替え: 

 

続きを読む

菊芋 粉末 Amazon

商品の詳細

菊芋の粉末 生菊芋750g分 3個セット 内容量:150g×3=450g

信州産(長野県阿智村産)
ポイント:41 pt (1%)

 

前のページ 1 2 3 6 次のページ

種イモ用のキクイモを販売開始しました! | 0円農業

2016.02.02 11:27

種イモ用のキクイモを販売開始しました!

お待たせしました。本日より種イモ用キクイモを販売開始しました。10個で500円ですから、ポット苗1個300円~500円を購入するより大変お得です。お早めにお求めくださいませ。
商品説明
北アメリカ原産で、日本全土、世界中に分布し繁殖力の強い植物です。別名は多々ありますが、どこでも育つため「バカイモ、ブタイモ」などともよばれます。他に、アメリカイモ、サンチョーク、唐芋、エルサレムアーティチョーク、八升芋などあります。
生姜にも見える肥大した根の部分が食されます。古くはインディアンの食糧源と言われ、日本には江戸の末期に飼料用作物として導入されました。戦後の飢餓を救ったともいわれます。
キクイモは芋でありながら糖質にはほとんどデンプンを含まずイヌリンという多糖体によって構成されています。イヌリンは消化によりオリゴ糖の一種キクイモオリゴ糖(イヌロオリゴ糖)となります。このキクイモオリゴ糖は血糖値をほとんどあげないため、糖尿病などに良いといわれ、「天然のインシュリン」ともいわれています。食物繊維、カリウム、カルシウム、マグネシウムなど、豊富な栄養を含み、低カロリーで機能的な食材として近年大変注目されています。
●草丈
2m程度に成長
●科名・特性
キク科ヒマワリ属 多年草
●開花時期
9月
●収穫時期
11~12月
●管理場所
日向
●育て方
*庭植えの場合
通常の畑では無肥料で育ち、水かけも不要です。特に土地が痩せている場合は、堆肥を入れてください。植え付けは秋~早春(積雪期間を除く)。50cm間隔で1か所に1個植え5cm程土をかぶせます。収穫は晩秋に行います。
*鉢植えの場合
7号以上の大きめの深鉢かプランターに植え付けます。根茎がじゃがいものようになる植物のため、なるべく底が深い容器がいいでしょう。常に日向で管理しましょう。
*鉢植えの場合の水やり
表土が乾いたらば与えます。成長期は葉水もあげましょう。1週間に1回、水やり時に液肥を混ぜてあげると生育が良いです。
*肥料
植え付け時に元肥、成長期に水やり時に液肥