糖尿病は改善できるのか?  日向当帰

高血糖を改善する微量栄養素

糖尿病になりやすい人は次の3つの特徴があります。
1.家でゴロゴロしている人→運動不足。
2.朝食べず夜ドカ食い→食事習慣。
3.若いときのズボンがキツクなった→肥満。5kg以上増えると内蔵脂肪が増えている。
上の3つ以外では、①家族に糖尿病の人がいる、②妊娠糖尿病、③糖尿病予備軍の人が糖尿病になりやすいです。

 
そこで、「運動」、「食事」に加えて、ヒュウガトウキ(日本山人参)という薬草を服用すれば、糖尿病は劇的に改善します。
 
医学博士 水野修一先生は自ら関わった糖尿病に関する実施検証事例から、「食事・運動・ヒュウガトウキの”三者連合”は強い」と主張しておられます。
つまり食事・運動・ヒュウガトウキの三者を併用すれば、主治医の予想以上に糖尿病による高血糖状態が改善するというのです。
 
個人的経験からいうと食事療法を単なるカロリー制限でなく、糖質をなるべく減らす食事療法に切り替え、運動療法に筋トレを取り入れれば、より劇的に糖尿病は改善します。
 
それでは、ヒュウガトウキ研究の第一人者である水野修一博士の書籍「ヒュウガトウキのすべて」より、「食事・運動・ヒュウガトウキの”三者連合”は強い」の記事について案内いたします。

糖尿病の患者さんがヒュウガトウキを飲用するケースは珍しいことではありません。その体験談を聞いたり、アンケート調査の結果を読んでみますと、主治医の予想以上に糖尿病による高血糖状態が改善したという例が多く見られます。
もちろんその場合、食事療法をしっかり守ることが条件であることは、改めていうまでもありません。
また、このようにヒュウガトウキと食事療法の併用で高血糖状態が改善されるのは、インシュリン非依存性の2型糖尿病の患者さんに限られますが、実際に臨床の現場で診ていますと、わが国の場合の糖尿病患者さんの9割は、この2型糖尿病です。
Ⅱ型糖尿病の患者さんは肥満体の人が多く、かつ、過食過飲の傾向がありますから、カロリー制限をして体重が減少すれば、高血糖状態がある程度改善するのも事実です。
そこでさらにヒュウガトウキを併用すれば、血糖コントロールが速やかに、かつ完全にうまくいくことが多いと考えられるのです。
では、なぜそうなのでしょうか。
2型糖尿病の原因としては糖尿病体質の遺伝ということも指摘されており、実際に両親を含めた親族に糖尿病患者のいる人が糖尿病になりやすいのは事実です。
しかし、ただ遺伝というだけでなく、本人の過食や過飲、その結果としての肥満という条件が重なって糖尿病状態へ移行すると考えられているのです。
そしてひとたび糖尿病状態になると、相対的なインシュリン不足と、そのための末梢組織でのインシュリンの利用障害が起こるとされています。
ですから食事療法すなわちカロリー制限と、その結果としての肥満の解消によって、相対的なインシュリン不足が解消していけば、高血糖状態も改善いはじめることになります。
そこへヒュウガトウキが助っ人に入るわけです。
ヒュウガトウキには末梢神経でのインシュリンの作用効果を高める働きがありますから、2型糖尿病患者さんは、食事療法と運動療法に加えてヒュウガトウキを併用すれば、結果として医者も驚くほどの血糖コントロールが可能になるということなのです。

詳しくは、
健康茶日本山人参の効果・効能とは?」
の記事をご覧ください。
 

糖尿病に効果的な微量栄養素とは?

すい臓微量栄養素とは、ビタミンやミネラルのことです。
ごく微量でも生体システムの維持には欠かせません。自己治癒能力を向上させ、細胞レベルで体を元気にしてくれます。
 
不足すると糖のエネルギー化がうまくいかず、すい臓のベータ細胞が萎縮してインスリンの出が悪くなります。
筋肉細胞などの受容体も異常を起こし、インスリン抵抗性の原因になります。
またミネラル類はそれ自体がベータ細胞にインスリンの分泌を促したり、インスリン抵抗性を防ぐ働きがあると考えられています。
とくに、カリウム、マグネシウム、ナトリウム、カルシウムのバランスが大切です。
自己治癒能力の維持や遺伝子情報の正常な伝達を維持してくれるからです。
 

糖尿病と微量栄養素

糖尿病に効果的な微量栄養素を列挙してみました。

  • ビタミンA~野菜の色素カロチノイドで糖尿病を予防します。カロチノイドは私たちの体内に入るとビタミンAになります。強い抗酸化力があり、活性酸素の害を軽減してくれます。
  • ビタミンB群~多彩な顔を持つエネルギー源で、B1は糖質の燃焼(エネルギー化)に触媒としてひと役買っています。不足するととくに筋肉の運動量がガクンと落ちます。だから糖尿病対策としても欠かせません。
    ニコチン酸(ナイアシン)~神経のビタミンと言われ、インスリンの製造も推進してくれます。
  • カリウム~糖尿病になるとカリウムが不足することが確認されています。糖尿病の予防や治療にはカリウムの補充が必要です。
  • マグネシウム~マグネシウムはインスリン受容体の感受性を良くすると考えられています。実際、動物実験では「マグネシウムの摂取量が少ないと血中のインスリン濃度が減り、糖尿病になりやすい」という結果が出ています。
  • 亜鉛~インスリンの生成にもかかわっていると言われています。
  • クロム~インスリンの働きをよくして糖尿病を予防するとされています。

ヒュウガトウキに含まれる微量栄養素

ヒュウガトウキ(日本山人参)は微量栄養素たっぷりの薬草です。
そこで上の糖尿病と直接関係のある微量栄養素(標準100gあたり)について調べてみました。(「ヒュウガトウキの成分詳細より)

  • ビタミンA~αーカロテン14mg、βーカロテン3000mg、クリプトキサンチン43mg
  • ビタミンB1~0.03mg、ナイアシン4.4mg
  • カリウム~2500mg
  • マグネシウム~130mg
  • 亜鉛~3.0mg
  • その他~ナトリウム、カルシウム、リン、鉄、銅、ビタミンE、ビタミンk、ビタミンB2、B6、B12、葉酸、パントテン酸、ビタミンC、セレン、コエンザイムQ10、ヒドロキシプロリンなど

いずれにしても糖尿病になると直接糖尿病に関わっている微量栄養素だけでなく、間接に関わっている微量栄養素も不足してきます。糖尿病の予防や治療には微量栄養素の十分な補給が欠かせません。
日本山人参(ヒュウガトウキ)には、カリウム(2500mg)、マグネシウム(130mg)、ナトリウム(2mg)、カルシウム(1900mg)もバランスよく含まれていますので、微量栄養素という点からも申し分ないのです。
 
出典:日本山人参情報センター
 

ヤセ型2型境界型食後高血糖型糖尿病オンザロード

11:05

朝食後の血糖値記録連載②/普通にしていれば、普通

朝食後血糖値記録連載①の続き。
前日の朝食後高血糖が酷かったのが納得いかず、パターンを変えて数回試していく。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
今回の条件としては、
興奮するような出来事はナシ。
睡眠時間 7時間
前日の飲酒無し
で、以降のタイムラインは同じように進めていく
5:00 起床、身支度
寝起きに水を一杯
朝食前血糖値 98
これも前日とほぼ同じ
↓ 朝食写真は前日の使いまわし
7450
味噌汁は画像とは違うが、なめこ汁を2杯
キャベツ40g
おからサラダ100g
ゆで玉子1個
納豆
を摂取後、画像には写ってないが白米飯80g
これらを食べた後にクルマで出勤。
なので食前食後の運動は全く無し。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出勤路の途中で運転中測定
stky119d0673
朝食30分後血糖値 171
前日よりも高めに出てきたが、さてどうなる・・・
会社に到着。

続きを読む

難消化性デキストリンの効果 12ヶ月間飲み続けた結果

image
体重データとエビデンスを追加。
毎日ごはんを思う存分食べ過ぎていませんか?いやいや大丈夫、それを補うために「トクホ飲料」なんてモノを飲む人も多いのでは?
巷では「健康飲料」と称し「からだすこやか茶」等のいわゆるトクホ飲料が好調に売れている。なぜだろうか。これらの商品のキャッチコピーは「脂肪と糖に効く」や「脂肪吸収を抑える」といった効果をアピールしているものばかりだ。本当にそんな効果はあるのだろうか。
私も実は「トクホ飲料」なるモノを飲んでいるのだが、一体なぜコーラだとかサイダーが「トクホ」になってしまうのだろうか。そこには、どのような飲料でもトクホになってしまう「難消化性デキストリン」という関与成分が影響していた。
今回は、何でもトクホ化してしまう難消化性デキストリンの粉末だけ買って12ヶ月間試してみた長期間に及ぶ体重減少の効果を公開したい。難消化性デキストリンは本当に「脂肪と糖に効く」や「脂肪吸収を抑える」といった効果が期待できる「魔法の白い粉」なのだろうか?
続きを読む

イヌリン〜血圧降下や血糖値改善の報告が急増している菊芋(キクイモ)成分

イヌリン〜血圧降下や血糖値改善の報告が急増している菊芋(キクイモ)成分

健康雑誌『夢21 2010年5月号』の記事で糖尿病・高血圧の特集がされていました。確かに同様の症状でお困りの方が増えており、対策が急務になっています。
特集の中でも多くのページを割いていたのが「キクイモ(キクイモ)」です。「大人気の血糖降下野菜 キクイモで、糖尿病による足の切断やしびれ、失明も見事に防げる人が続出」と書かれると、興味を持たないわけにはいきませんよね。確かに雑誌記事なので少々オーバーに書いている事もあるのかな?と思いながらも、目を通してみました。
内容は国内外での試験で実証された効果を掲載し、血糖値や肥満の改善症例を紹介し、ヘモグロビンA1Cの数値推移なども載せています。数例の体験談も掲載されていますので、ご興味のある方はご覧になってみては如何でしょうか?
記事中にもありますが、キクイモの主成分であるイヌリンと、その他のビタミン郡やミネラルなどが相乗的に膵臓(すいぞう)の働きを保護していると考えられています。

●キクイモ(菊芋)とは?

菊芋(キクイモ)キク科の多年草で、秋には黄色いきれいな花を咲かせます。草丈は2〜3mと高くなり、花が終わる11月頃になると栄養を蓄えるため、地中に塊茎を作ります。、
菊芋の塊茎は食用として、主に酢漬けや味噌漬けで食べられています。 球根や塊茎に栄養を蓄える植物の多くはでんぷんの形で蓄えるのですが、キクイモ(菊芋)などキク科の植物は、炭水化物の一種でイヌリンと言われる多糖類の一種で栄養を蓄えます。キクイモの塊茎はしょうがに似た形をしています。可食部の8割は水分で、糖質は15%、その半分以上は難消化性のイヌリンです。

●食物繊維

2000年になってから、私達の体に必要な栄養として加わったものがあります。「食物繊維」です。意外に思われるかも知れませんが、それまでは食物繊維は必須栄養素として考えられていませんでした。「第6次改定日本人の栄養所要量」として摂取量が記載されるようになって、初めて私達の体が必要とする栄養となったのです。
古い栄養学では食品から栄養を取り除いた「食品カス」として考えられていたのです。一時期は「玄米は食物繊維が多いので栄養の吸収率が悪く、精白して食するべき」と言われていた事もありました。
日本で栄養学が登場する以前から、アメリカでは「肉食よりも菜食の方が体内で毒が作られにくく、積極的に菜食をすべきである」と菜食主義を唱えた医師がいました。食物繊維を「食品のカス」と考える日本と比べ、1920年代にはすでにベジタリアンの主張が登場するアメリカ。食の西洋化とは言いますが、西洋食=肉食とは、少々偏った考え方なのかも知れません。

食物繊維に対しては「腸内を掃除するから体によい」「消化不良を起こすので腸には良くない」「腸内の宿便を排泄するので肉類の腐敗によるリスクを下げる」「食物繊維が宿便を解消する事はない」等々、様々な主張がありました。
2003年のWHO(世界保健機関)の発表から、食物繊維は体によい影響を与える栄養だと定義され、世界的に見ても「食物繊維=体に必要な栄養素」として認識されるようになっています。最近の発表も考慮すると、食物繊維の効果は次のように言われています。

続きを読む