病気とは、予防を忘れて、体が酸性化することから。

病気とは、予防を忘れて、体がさびて、酸性化すること。
呼吸が浅くなり、Co2がだせにくくなり、血管の石灰化、動脈硬化へ、老衰へ。
漬物、ぬか床、乳酸菌。
九州には、ぬか床療法。体調は「ぬか床」食べて治していた。
漬物を復活させよう。
動脈硬化、腺ガンの原因は嫌気性菌による石灰化  自然治癒 大沼四廊

大沼四廊 医師 予防医学一覧

 
 

13

29:57

狂った白血球が健全な肝臓の細胞を攻撃しているとしてステロイドの大量投与以外に方法はないと診断された自己免疫性の肝炎や難病の …

四廊大沼

チャンネル登録者数 1,363 人 52 本の動画

大沼式5大免疫療法 腰痛から難病まで自然治癒 がんや難病等200種以上の病気の原因を解明し、克服し、その内容を学会などで報告して …

32:27

24:09

世界が注目、医者に頼らず元気になる方法!!! ※あらゆる病気の原因と、病理学の過ち! 講師:一般社団法人ナチュラルメディスン代表 …

15:05

20130616名古屋予防医学セミナーの様子です。病気相談窓口TEL:052-806-2178緊急相談窓口:090-5861-4489大沼四廊24時間対応 …

5

9:45

20140518名古屋予防医学セミナー 大沼先生 講義内容:鎖骨ほぐし 相談窓口TEL:052-806-2178緊急相談窓口:090-5861-4489 24 …

39:24

2013.12.15日に行われました予防医学セミナーの様子です。病気相談窓口TEL:052-806-2178緊急相談窓口:090-5861-4489大沼四 …

18:26

病名が付いたら即相談、緊急相談窓口:090-5861-4489 大沼 24時間対応 ◇お申込み先 一般社団法人 ナチュラルメディスン …

関連動画

22:11

先日行われましたセミナーの様子です。 病気相談窓口TEL:052-806-2178 緊急相談窓口:090-5861-4489大沼四廊24時間対応可 病気 …

関連動画

32:28

久留米シティプラザ 予防医学セミナー 血液浄化で万病予防 相談窓口:052-806-2178.

新着

19:26

血液形態学の盲点 瞬時に変わる血液動態学の勧め! 久留米シティプラザ 永遠の健康のためにできること! 相談窓口:052-806-2178.

新着

32:28

遺伝子の自然修復とポリメラーゼの働き.

新着

32:28

健康の元は血液の浄化と血流の改善にある! 瞬時に変わる血液画像とがん・難病の体質改善! 久留米シティプラザ 相談 …

新着

3:01
52 回視聴4 か月前

白血病のウソ! 2018.5月、予防医学セミナー 白血病はがんではない、医者に騙されないために! 講師:大沼四廊 一般社団法人 …

12:17

病名が付いたら即相談、緊急相談窓口:090-5861-4489 大沼 24時間対応 一般社団法人 ナチュラルメディスン 〒468-0002 名古屋市 …

14:12

2013年9月8日(日)名古屋予防医学セミナー 病気相談窓口TEL:052-806-2178緊急相談窓口:090-5861-4489大沼四廊24時間対応可 …

30:38
34 回視聴4 か月前

2018.4月、予防医学セミナー アレルギー体質からがん体質へ 免疫抑制剤の罪 講師:大沼四廊 一般社団法人 ナチュラルメディスン 代表 …

13:48

大沼四廊代表理事が20年以上にも渡り研究を重ね開発した【NRT自然免疫活性療法】で今までの病院などでは治らないとまで言われた病 …

4:18

大沼先生の鎖骨ほぐしの原理は下記からご覧ください https://www.youtube.com/watch?v=h86ANjGDu9Y 短期間で圧倒的な若返りと美 …

8

18:16

病名が付いたら即相談、緊急相談窓口:090-5861-4489 大沼 24時間対応相談窓口TEL:052-806-217824時間対応可 病気のご相談 …

3:01

2018年1月21日、名古屋市東区のウイル愛知にて一般社団法人ナチュラルメディスン 代表理事大沼四廊主催で予防医学セミナーを行い …

6:04

病名が付いたら即相談 病気相談:052-806-2178 緊急相談窓口:090-5861-4489大沼四廊24時間対応可 一般社団法人ナチュラル …

10:01

病名が付いたら即相談 病気相談:052-806-2178 緊急相談窓口:090-5861-4489大沼四廊24時間対応可 一般社団法人ナチュラル …

3:56

20140316予防医学セミナー 相談窓口TEL:052-806-2178緊急相談窓口:090-5861-4489 24時間対応可 ※病名が付いたら即相談 病気 …

6:40

20140420名古屋予防医学セミナー 相談窓口TEL:052-806-2178緊急相談窓口:090-5861-448924時間対応可 病気のご相談 …

8:18

相談窓口TEL:052-806-2178緊急相談窓口:090-5861-448924時間対応可 ※病名が付いたら即相談 病気のご相談はinfo@nrt.ne.jp …

8:23

名古屋予防医学セミナー相談窓口TEL:052-806-2178 緊急相談窓口:090-5861-4489大沼四廊24時間対応可 病気のご相談 …

15:13

6月22日に行われました茨城予防医学セミナーの様子です。 相談窓口TEL:052-806-2178緊急相談窓口:090-5861-4489 大沼四廊24 …

1:43

2012年8月に行われました名古屋予防医学セミナーでの体験談です。 ※病名が付いたら即相談 病気相談:052-806-2178 緊急相談 …

大沼四廊

チャンネル登録者数 3 人 8 本の動画

7:17

2014年6月8日(日)名古屋予防医学セミナー 大沼先生の講義内容:腸管造血 大沼四廊代表理事が20年以上にも渡り研究を重ね開発 …

23:11

説明◇病名が付いたら即相談、緊急相談窓口:090-5861-4489 大沼四廊 24時間対応 一般社団法人 ナチュラルメディスン 〒468-0002 …

7:56

20130317名古屋予防医学セミナー病気相談窓口TEL:052-806-2178緊急相談窓口:090-5861-4489大沼四廊24時間対応可 病気のご …

4:19

一般社団法人 ナチュラルメディスン 〒468-0002 名古屋市天白区焼山1-420フジイビル2F-D ◇病名が付いたら即相談、緊急相談 …

6:14

病気相談窓口TEL:052-806-2178緊急相談窓口:090-5861-4489大沼四廊24時間対応可 ※病名が付いたら即相談 病気のご相談 …

13

5:31

病名が付いたら即相談、緊急相談窓口:090-5861-4489 大沼四廊 24時間対応 一般社団法人 ナチュラルメディスン 〒468-0002 名古屋 …

10:59

2014年10月19日(日)名古屋予防医学セミナー 大沼四廊代表理事が20年以上にも渡り研究を重ね開発した【NRT自然免疫活性療法】で …

12:06

病名が付いたら即相談 病気相談:052-806-2178 緊急相談窓口:090-5861-4489大沼四廊24時間対応可 一般社団法人ナチュラル …

19:34

病気相談窓口TEL:052-806-2178緊急相談窓口:090-5861-4489大沼四廊24時間対応可 病気のご相談はinfo@nrt.ne.jp 〒468-0002 …

21:23

病名が付いたら即相談、緊急相談窓口:090-5861-4489 大沼四廊 24時間対応 一般社団法人 ナチュラルメディスン 〒468-0002 名古屋 …

37

18:41

説明◇お問い合わせ先 一般社団法人 ナチュラルメディスン 代表理事 大沼四廊 〒468-0002 名古屋市天白区焼山1-…

4:47

一般社団法人 ナチュラルメディスン ◇病名が付いたら即相談、緊急相談窓口:090-5861-4489 大沼 24時間対応 〒468-0002 名古屋市 …

13:01

説明お問い合わせ先 一般社団法人 ナチュラルメディスン 代表理事 大沼四廊 〒468-0002 名古屋市天白区焼山1-420…

10:06

病名が付いたら即相談、緊急相談窓口:090-5861-4489 大沼四廊 24時間対応 一般社団法人 ナチュラルメディスン 〒468-0002 名古屋 …

15:56

大沼式健康法の解説動画 HP:http://www.nrt.ne.jp/ 相談窓口TEL:052-806-2178緊急相談窓口:090-5861-4489 24時間対応可 病気の …

15:09

2013年11月17日(日)名古屋予防医学セミナー 病気相談窓口TEL:052-806-2178 緊急相談窓口:090-5861-4489大沼四廊24時間対応 …

14:44

2013年10月20日(日)名古屋予防医学セミナー ゲストの内海聡先生の講義の様子です。 468-0002名古屋市天白区焼山1-420 …

17:38

病気と診断されたら即相談!! ◇お問い合わせ先 一般社団法人 ナチュラルメディスン …

14:33

2013年6月16日酒向先生の講義の様子です。病気相談窓口TEL:052-806-2178緊急相談窓口:090-5861-4489大沼四廊24時間対応可 …

14:13

2012年12月16日(日)予防医学セミナーin名古屋 病気相談:052-806-2178 緊急相談窓口:090-5861-4489大沼四廊24時間対応可 一般 …

20:14

説明説明◇お問い合わせ先 一般社団法人 ナチュラルメディスン 代表理事 大沼四廊 〒468-0002 名古屋市天白区…

21:16

予防医学セミナーゲスト:元尾西市市民病院外科医長現在名古屋医新の会代表なごやかクリニック院長 岡田恒良先生 〒468-0002名古屋 …

32:28

血液動態学の勧め、オプジーボの知られざる副作用 肺がん、脳腫瘍の自然治癒 相談窓口:052-806-2178.

新着

4:14

20131020名古屋予防医学セミナー 病気相談窓口TEL:052-806-2178緊急相談窓口:090-5861-4489大沼四廊24時間対応可 病気のご …

薬まじめに飲むと、次々に新たな、けったいな病気、症状が出てくる!

薬まじめに飲むと、次々に新たな、けったいな病気、症状が出てくる!
 
糖尿病患者を薬漬けにする病院と製薬会社のワナ

ガンに関する衝撃の真実 … ある医師が突き止めた世界的陰謀の正体

【 製薬会社の企み】薬を飲むよりも運動するほうが健康効果が高い 苫米地英人が解説
わたしの糖尿病は、とどのつまり、運動不足と糖分過剰が原因だった。
車だけでの移動。足の筋肉不足、塩分の不足。糖分過剰は必要なエネルギー以上の糖分。
糖質制限と運動だけで、なおったようだ。
薬は毒、荒らしい病気が、倍倍ゲームで増えていく。
薬をまじめに飲んでいる方、毒の成分、調べてみてください。

 

1:03:14

西洋医学に騙されない為の自然治癒法はこちらから http://k2aca.com/k2a2-30days-trial/ — 患者として病院に行けばほぼ 100%の確率で …

3:06

チャンネル登録お願いします!http://www.youtube.com/channel/UCTpHEjAUQFhBRG79QJwWL6Q?sub_confirmation=1 「動スレ」 …

5:35

詳細は→ http://apple-pie2.com/c/W1CYWI/ 病院へ通いはじめたあなたは、いずれこう言われるでしょう。「血糖値がなかなか下がらない …

20:14

【武田邦彦】世界一の民族!アイヌ民族の凄さと平和な心. Thanks For Watching. 衝撃の真実※【武田邦彦】アイヌ民族のヤバすぎる正体 …

19:21

新薬「女性版バイアグラ」の開発に躍起の製薬業界。そんな製薬会社の実態とその信憑性のないデータを、ひとりの女性監督が追う。女性の …

21:09

詳しい内容はこちらのブログへ http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/345.html ガンに関する衝撃の真実 … ある医師が突き止めた …

10:02

【チャンネル登録】お願いします。⇒https://goo.gl/tzTTkV 【武田邦彦】再生リストはこちら⇒https://goo.gl/8vK2Ca 【武田邦彦】必見の正論 …

15:00

時限爆弾投下 http://richardkoshimizu.at.webry.info/201308/article_93.html 「マイノリティー支配」が日本政治の根幹構造であると理解し …

2:30:29

Homepage : http://vico-light.com/ 手相鑑定:http://vico-light.com/teso-kantei/ Facebook:びこLightworker https://goo.gl/DVyiJW …

14:07

目次===== 0:30 製薬業界動向がMRに及ぼす影響 3:15 MRの活躍が期待される領域 4:00 MRの転職に最適なタイミング 5:00 IT・AI …

3:03

心臓病、糖尿病、脳卒中に関して薬を飲むよりも運動するほうが健康効果が高いとのことです。苫米地さんが詳しく解説しています。

2955 回視聴4 年前

子宮頸(けい)がんワクチンを販売する製薬会社の元社員が、ワクチン接種に「12億円の経済効果がある」とする内容の論文を、身分を明かさ …

10:28

【武田邦彦 コレステロール】過激なので製薬会社や医者の圧力がかからないうちにご覧下さい ○関連動画 【重要】 福島の鼻血問題について …

Dr.すらぐ/SLAG LABO.

チャンネル登録者数 92 人 19 本の動画

パワパフ系VTuberのDr.すらぐです。バーチャル製薬会社のラボで色々実験中! I’m Dr.Slag. Japanese Virtual YouTuber. If Girls Are …

9:59

チャンネル登録は、コチラ ⇒ https://goo.gl/076L2a 最新動画はコチラ ⇒ https://goo.gl/0oPH8q ○関連動画 【武田邦彦】大地震があった …

10:30

反日企業のソフトバンク :http://ameblo.jp/kousyoku-labo/entry-12034685481.html ソフトバンクは素晴らしい!!孫正義の …

4:16

製薬会社や医者の多くは、詐欺医療によって生き永らえているのです。患者にウソを教える、患者をダマすことが、現代医療にとっては重要 …

12:57

知らない人がけっこう多いので勉強してくださいシリーズ VOL.4 ポイント→ 欧米の製薬会社が薬品業界をおさえている。 全て視聴したい方は …

0:30

うつ病や「新型うつ」の流行は製薬会社の金儲けのための陰謀だ,という説があります. 陰謀論者は,抗うつ剤の売り上げが増えるとともに …

5:05

「うつ病 こころとからだ」http://utsu.ne.jp/ 塩野義製薬株式会社 日本イーライリリー株式会社.

10:05

1:47:45

バノン大統領補佐官をリンドバーグと同じく反国際金融資本=反ユダヤ主義とレッテル貼りのマスコミ!電通が共同通信使い製薬会社 …

1:53:51

ウェブ: http://globis.jp/ 内山英俊×大嶋博英×昆政彦×山岸園子 教員パネルディスカッション 「いま、ビジネスパーソンに求められる資質はな …

10:04

チャンネル登録はこちらをク

高血糖により真っ先に障害を受けるのは 尿細管-糸球体連関

 
私は、血糖値はやや正常にもどしましたが、(インシュリン注射はやめ、糖質制限で正常に!)注射の副作用(?)で、クレアチニンが少しだけあがり、なかなか下がりません。低ナトリウム,高カリウムで野菜制限。
糸球体が悪くなる前に、尿の出が悪くなり、原因突き止めようと探していたら、尿細管-糸球体に関係する文献が見つかったのでメモしておきます。
 
糖尿病ネットワーク
http://www.dm-net.co.jp/calendar/2013/020930.php

 慶応義塾大学の研究チームは、糖尿病腎症(糖尿病による腎障害)の新しい発症メカニズムの解明に成功したと発表した。糖尿病腎症の原因として、「尿細管-糸球体連関」という従来にない新しい考え方を提唱し、より早期に診断することで発症を防ぐ“先制医療”の可能性を示した。
高血糖により真っ先に障害を受けるのは尿細管

糖尿病から生じる腎臓の障害(糖尿病腎症)は、透析導入の最大の原因であり、心血管病も引き起こす深刻な病気だ。糖尿病腎症を予防したり発症を遅らせることが、糖尿病治療の目標のひとつとなっている。そのためには、早期発見し、効果的な治療を開始することが必要だ。 腎臓には、尿をつくり、体の中の老廃物や余分な水分を排泄する働きがある。尿がつくられる場所は、腎臓に流れ込む血液を濾過する濾過器のような働きをする「糸球体」という部分だ。
糸球体には毛細血管が集まっている。血管が詰まれば尿は生成されなくなり、逆に目が粗くなれば、体のタンパク質が素通りしてタンパク尿として排出される。また、腎臓にはこの濾過器でこしとられた原尿(尿のもと)が通る「尿細管」という部分があり、そこで必要な物質を再吸収したり、老廃物をさらに原尿の中に排泄する仕組みになっている。
高血糖を放置しておくと糸球体の血管はダメージを受ける。正常なら濾過されない血液中のタンパクが、糸球体を素通りして排出されるようになる(タンパク尿)。これが尿細管を痛めつけることから、これまで糖尿病腎症は糸球体障害として捉えられ、糖尿病腎症の研究は糸球体の障害のメカニズムを中心に行われてきた。
 これまでの研究成果は、アンジオテンシン受容体拮抗薬の治療への応用など、一定の成果をあげてきたが、糖尿病腎症を完全になくすまでに至っていない。今回、研究グループは、糖尿病が糖分や脂肪分を利用してエネルギーをつくりだす「代謝」の異常であることに着目し、腎臓の細胞でもっとも代謝が活発な尿細管が真っ先に障害を受けていると考えた。

アルブミン尿が出る前から糖尿病腎症は始まっている

多くの生命体で、カロリー摂取を制限することで、寿命を延長させることが知られている。これは「長寿遺伝子サーチュイン(Sirt1)」と呼ばれる遺伝子が、カロリー制限することで増加することで説明できる。
研究チームは、腎臓でもSirt1の発現は増加することや、尿細管での意義に注目し研究を行った。そして、糖尿病では、カロリー制限した場合とは逆にSirt1のレベルが、糸球体障害が生じる前の時点からすでに尿細管で低下していることを発見したほか、Sirt1のレベルの低下が細胞の中でエネルギーの状態を調節する役割を果たす「ニコチン酸」の代謝を障害することを発見した。
さらに研究を行い、ニコチン酸のうち「ニコチン酸モノヌクレオチド(NMN)」という物質が尿細管から糸球体に放出されることを突き止め、その放出が糖尿病では低下していることを発見した。
NMNの放出レベルが減ると、糸球体のふるいを構成する「足細胞」という細胞の機能に異常が生じ、足細胞のSirt1の発現が低下する。すると、ふるいを構成するタンパク「クラウディン-1(Claudin-1)」の発現が上昇し、ふるいが障害されタンパク尿が出現するという一連の病気の流れが判明した。この連関について研究チームは、「尿細管-糸球体連関」と名付けた。
 今回の研究によって、アルブミン尿が出る前から、すでに尿細管ではエネルギー代謝の失調を起こし、糸球体障害を招いていることがあきらかになった。尿細管-糸球体連関の破綻が生じたときには、もうすでに糖尿病腎症は発症しているという。
糖尿病腎症の早期診断としてアルブミン尿(微量タンパク尿)を検出する検査が、糸球体の障害を早期に検出する方法として多くの患者で行われている。尿中のNMNの低下やClaudin-1の上昇レベルを測定すると、糖尿病腎症をより早期に診断できるようになると、研究グループは述べている。
さらに、この連関の断絶を修復する、例えばカロリー制限や運動をすることで腎臓のSirt1の働きを活発にすることや、NMNを補充するといった新しい治療が有効である可能性が示された。「糖尿病腎症はある程度進むとなかなか進行を止められません。これまでの進行を遅らせる治療から、発症させない“先制医療”が極めて重要です」と、研究チームは説明している。
同成果は、慶応義塾大学医学部内科学教室(腎臓内分泌代謝内科)の長谷川一宏助教、脇野修専任講師、伊藤裕教授、米マサチューセッツ工科大学のLeonard Guarente教授らによるもの。詳細は、「Nature Medicine」オンライン版に発表された。
慶応義塾大学医学部内科学教室(腎臓内分泌代謝内科)