糖質の分解に多量の塩分ミネラルが必要!

スキンケア大学

生活習慣病の発病には Na 塩分不足が引き金に

http://www.skincare-univ.com/article/011849/

糖質のとりすぎが引き起こすトラブル・病気

更新日:2017/07/24 公開日:2015/10/30

  • この記事の監修ドクター

    この記事の監修ドクター

    加藤メディカルクリニック 院長
    加藤浩司先生

人間の体にとって欠かせないエネルギー源である糖質ですが、とりすぎてしまうと、体にトラブルを引き起こすこともあります。そのメカニズムや考えられる症状について、解説します。

糖質とは

糖質は、タンパク質、脂質と並ぶ3大栄養素のひとつで、脳や体を動かすエネルギーになります。砂糖や果物などの甘いものだけでなく、ご飯やパン、麺類、イモ類などにもデンプンとして含まれています。
不足するとエネルギー不足による疲労感や集中力の低下が見られ、特にブドウ糖が必要な脳・神経で供給不足が起こると意識障害を起こすこともあります。一方で、過剰な摂取により消費しきれなかった糖質は中性脂肪として蓄積され、肥満や生活習慣病につながります。

糖質のとりすぎは万病のもと

糖質のとりすぎで懸念されるもののひとつが肥満です。摂取した糖質は体内で消化されて、最終的には小腸で分解され、体に吸収されます。その後肝臓を通過し、一部は血液中に放出されて全身の細胞を動かすエネルギー源となります。残りは肝臓や筋肉にグリコーゲンとして蓄えられ、再びエネルギーとして使われますが、それ以上のもの、つまりとりすぎた糖質は、中性脂肪となり肝臓や脂肪細胞に蓄積されます。これが過剰に蓄積されると肥満や、脂肪肝になってしまうというわけです。
さらに、糖質の過剰摂取は老化の原因にもなります。血液中のブドウ糖があふれ出してタンパク質と結びつき、体温で熱されることを「糖化」と言いますが、糖化が起こると、AGE終末糖化産物という強い毒性を持つ物質が産生されます。このAGEは肌や骨の老化を引き起こすだけでなく、血管に蓄積すると、脳梗塞や心筋梗塞の一因にもなります。
糖質のとりすぎが、老化やさまざまな病気の大元の原因とつながり、決して見過ごすことのできない事態にまで悪化してく元凶となるのです。

「高血糖」の原因にも

日常的に糖質をとり過ぎていると、血糖値を上手にコントロールする機能が徐々に失われ、常に血糖値が高い「高血糖」になってしまいます。この高血糖の状態がずっと続くのが、生活習慣病のひとつでもある糖尿病です。
血糖値の数値は、正常型、境界型、糖尿病型の3つに分類されますが、多くのケースでは、境界型にある時期を経て糖尿病型へ移行します。つまり、境界型にあてはまる人は、「糖尿病予備軍」であると言えます。
初期の糖尿病で多く見られるのが、食事をしたあとに血糖値が急激にあがる「食後高血糖」です。
健康な身体では、血糖値が急激に上昇すると、それを下げる役割をもつインスリンが大量に分泌されます。このインスリンには、脂肪を溜めこむ作用もあるため、ダイエットの面から見ても大きなマイナスとなります。
とりすぎることによりさまざまなリスクを高める糖質。糖質の摂取量を調整することは、ダイエットだけでなく、健康維持においても重要となるのです。

高血糖が招くリスク

高血糖が慢性的に続く「糖尿病」になると、三大合併症網膜症・腎症・神経障害をしばしばともないます。また、動脈硬化が進行し、脳卒中や心臓病のリスクも高まります。

糖質を効率よく代謝する方法

1日3食、3大栄養素を中心にビタミンやミネラル、食物繊維をバランスよく含んだ食事をとることが何よりも大切です。食事の際はゆっくりよく噛むと満足感が高まります。間食や夜食はなるべく避け、ダラダラ食いは避けましょう。
血糖値を下げるには、有酸素運動が効率的だといわれています。有酸素運動には、ウォーキングやスイミング、サイクリングや軽いエアロビクスなどがあります。
負担の少ない運動として、食後にゆっくりとウォーキングをするのがおすすめです。1万歩を目安に、15〜30分程度のウォーキングを1日2回行うとよいでしょう。ただし、すでに糖尿病による合併症の症状が出ている場合、運動に制限が必要なこともあります。ドクターとよく相談のうえでとり入れてください。

クレアチニン下げる 漢方の出番!

 
ドクター江部の糖尿病徒然日記 
http://koujiebe.blog95.fc2.com/blog-entry-78.html
糖質制限食糖尿病のコントロールを良好に保ち(食後高血糖を180mg/dl未満、HbA1cを6.5%未満)、合併症が出現しないようにするのが理想です。
しかしながら、糖質制限食に出会うまえに既に腎症が出現している患者さんもおられます。こんな時は漢方薬の出番です。
腎不全は、漢方薬の役割が大きいと考えられる病気の一つです。血液検査で腎機能障害(血清クレアチニン値の上昇など)が確定していたら、西洋医学的にはそれを改善する方法はないというのが常識ですし、数年前までは、漢方薬でもさすがに無理と私達も考えていました。
しかし、2002年に黄耆を中心とした生薬の組み合わせで、クレアチニン値が改善する例を初めて経験しました。当初は驚きましたが、その後、江部洋一郎院長・橋本医師・小栗医師を中心に症例を積み重ねて明らかな効果を確認しました。
そして2007年6月17日(日)日本東洋医学会学術総会において、江部洋一郎院長(私の兄です)が、「腎不全に対する養腎降濁湯の効果」という講演を1時間行うこととなりました。
症例数としては21例とまだ少ないのですが、初診時と半年後の検査で13例においてクレアチニン値が改善しました。中には4.6→3.2(正常0.4~1.4mg/dl)、5.8→3.6と顕著な減少のあった例もありました。不変が3例で悪化が5例でした。全員の平均値は初診時5.2から半年後4.4と減少しています。
西洋医学的な治療も種々試みられていますが、クレアチニン値の上昇速度を遅らせるのが主目的で、減少させるような治療法は皆無です。黄耆、芍薬、甘草、土茯苓などの漢方生薬で構成される養腎降濁湯加減を処方し、62%にクレアチニン値の減少が見られたことは、腎不全治療の一筋の光明と言えます。
原疾患が慢性腎炎でも糖尿病性腎症でも関係なく、約6割の人に養腎降濁湯で一定の効果が期待できます。
診察ご希望の場合は電話(高雄病院:075-871-0245)でご相談いただけば幸いです。
江部康二
2017年7月、追加
腎機能が一旦、改善しても、半年~1年くらいで、再び悪化する症例もあり、
なかなか一筋縄ではいきません。
なお、多発性嚢胞腎の場合は、嚢胞による物理的な腎障害なので、効果がでにくいです。

テーマ:糖尿病
ジャンル:ヘルス・ダイエット

コメント
こんにちは
江部先生、権現森です。こんにちは。
またまた、早速お答えを頂きまして、ありがとうございます。
お忙しいなか、ブログページをさいて頂けるなんて、恐縮の極みであります。何だか嬉しいような、申し訳ないような、複雑な心境です。
これからも、江部先生のブログで勉強させていただきます。
追記
今まで通っていた病院ですが、通院するのをやめました。行っても仕方ないと思うようになりました。
2007/06/06(Wed) 12:34 | URL | 権現森 | 【編集
ありがとうございます
あらてつです。
なんだかここにコメント入れるのも変な感じがしますが、腎症の漢方のお話、ありがとうございました。
以前、先生にご相談させて頂いた透析を受けている私の知人ですが、もっと早くにこの漢方薬を知っていたらと悔やまれます。
今日の先生のブログが、糖尿病性腎症の方の救いになればと願ってやみません。
2007/06/06(Wed) 13:31 | URL | あらてつ | 【編集
ためになるお話、本当に有難うございます。昨日の昼に久々に生姜焼き弁当を頂きました。ベイスンを飲まなかったのですが、2時間後血糖が230まで上昇しました。
もし毎日昼食に糖質を採るのであれば、インスリンを分泌させる薬を出していただいたほうが良いのでしょうか。
御教えいただければ幸いです。
2007/06/06(Wed) 13:59 | URL | 街のくま | 【編集
初めまして。
先生のご本を何冊か買って読ませて頂いています。
教えて頂きたいことがあるのですが、自分は3食100%の全粒粉のパンやこんにゃくごはんで主食を代用して2時間後130~140までに収まるように少量食べています。ヘモは5%です。でも合併症を心配するならやっぱり朝と夜は主食を完全抜いた方がいいのでしょうか?教えて頂けることお願いします。
2007/06/06(Wed) 14:56 | URL | マナ | 【編集
マナさん、現在のデータであればまったく問題はありません。食後2時間血糖値が140mg/dl未満なら、正常値です。従ってマナさんの場合は、GIの低いものを主食にしておけば、おかずはしっかり食べても
糖尿人ではなくて正常人です。今のやりかたでOKですよ。
江部康二
2007/06/06(Wed) 22:27 | URL |  | 【編集
ありがとうございました。
先生の今のままで問題ないとの言葉で
安心しました。ちょっと不安だったので・・・
これからも主食に気をつけながらの食事を
続けようと思っています。
本当にありがとうございました!!
2007/06/07(Thu) 23:18 | URL | マナ | 【編集
街のくまさん、ベイスンを食前に服用すると血糖値はどの程度なのでしょう?
主食(糖質)を摂取する直前にベイスンあるいは超速効型インスリン分泌促進剤(グルファスト、スターシスなど)を飲むのはあるていど効果があります。
食後2時間血糖値180mg未満が目標です。
糖質制限食と内服薬にかんして近日中にブログで詳しく書こうと思います。
江部康二
2007/06/08(Fri) 19:27 | URL |  | 【編集
幼児腎不全に対する漢方薬の効能について
はじめまして、6歳と2歳の愛娘をこよなく愛する悩める父です。
未熟児で誕生した2歳になる娘が腎不全と診断され、腹膜透析⇒腎臓移植の道しかないと宣告されました。
現在BUN64 CREが1.4で毎月の検査で悪化しており年内か年明けにでも手術をと言われています。
何か方法が無いものかとインターネットで日々情報を収集し、水溶性キトサンと水素水を現在購入し試しています。
担当の先生に『何か手術以外に方法は?』ときいても『データが無い』の一点張りで『お父さんの気が済むならおやりになられては』との一言です。
確かに全世界にあまたの患者を抱え未だ人工透析か移植しかないのが現実で寛解することは無いのかもしれませんが、幼児の為に機能不全で成長すれば・・・と思ってしまいます。
先生の仰る養腎降濁湯は慢性腎不全の幼児にも効果はあるのでしょうか?また、何処に行けば処方(治療)が受けられるのでしょうか。
透析⇒移植の心積りは出来ておりますが、何か他に方法はと日々悩んでいる父親です。
2007/11/02(Fri) 00:40 | URL | 悩める父さん | 【編集
悩める父さんへ。
養腎降濁湯は現在まで
成人への投与のみで
幼児の治療経験はありません。
経験がありませんので確実なことは言えませんが
成人へ有効なので幼児にも効く
可能性はあると思います。
一方漢方生薬は、味がまずいので
飲めない可能性もあります。
高雄病院での治療は可能ですが
遠方にお住まいなのでしょうか?
2007/11/02(Fri) 20:59 | URL | 江部康二 | 【編集
ご返事ありがとうございます。
江部先生、ご多忙中にもかかわらずご返事ありがとうございます。
私は東京都下に在住しています。
現在も体内毒素を排泄することを目的として、水溶性キトサンを食後にアイスクリームに混ぜて食べさせていましたが、苦さに嫌がり最近は吐き出してしまいます。泣いて嫌がる子に強制できず中断しています。
長女が幼稚園に通っていることもあり、出来ましたら東京近郊で先生のお知り合いがいらっしゃいましたらご紹介いただければ幸いです。
2007/11/02(Fri) 22:19 | URL | 悩める父さん | 【編集
はじめまして
はじめまして。
現在、腎不全の者です。
教えていただきたいのですが、養腎降濁湯はどちらへ伺えば
処方してくださるのでしょうか?
私は現在愛知に住んでおります。
よろしくお願いします。
2007/11/07(Wed) 16:48 | URL | どら | 【編集
どらさん。
愛知県ならば、春日井市の
灰本クリニックに電話でお問い合わせ下さい。
黄耆を中心とした腎不全の生薬治療(養腎降濁湯加減)を
処方していただけると思います。
住所:  〒486-0838 春日井市弥生町1-80
TEL:  (0568)85-0567
www.haimoto-clinic.com/
2007/11/08(Thu) 09:53 | URL | 江部康二 | 【編集
はじめまして
はじめまして、
私の娘も3歳で腎不全の診断をされましたが
東京近郊で処方していただける病院はございませんでしょうか。
お教えいただきたくお願い致します。
2007/11/08(Thu) 10:30 | URL | ぴんぽん | 【編集
ぴんぽんさん。
① 大田区大森北4-1-1
東京衛生学園付属・入新井クリニック  03-5767-6651
平馬先生か北田先生が保険で漢方生薬を処方されています。
予約制かもしれないので、電話で確認してください。

もし、そちらで養腎降濁湯の処方が困難であれば
高雄病院(075-871-0245)に連絡してみてください。
ただ生薬の味はまずいので、飲めるかどうか難しいところです。
2007/11/08(Thu) 10:48 | URL | 江部康二 | 【編集
先日はどうもありがとうございました。
ところで、先生にお伺いしたいことがあるのですが、
養腎降濁湯は症状がどのくらいまで有効なのでしょうか?
現在、クレアチニンが6を超えてしまったため、
その場合どうなのか、疑問に思いましたので、
質問させて頂きました。
よろしくお願いします。
2007/11/26(Mon) 16:55 | URL | どら | 【編集
どらさん。
やはり、クレアチニンが2や3以下の方が効きやすいです。
一方、既に透析されている人が養腎降濁湯を服用して
尿量が少し回復して、許可摂取水分量が増えることも
あります。
2007/11/26(Mon) 18:04 | URL | 江部康二 | 【編集
お忙しいところすみません。ご教示ください・
私は多発性のう胞腎の患者です・年齢は45歳ですクレアチニンは現在3.25です。先生の治療薬である養腎降濁湯は私のような症例でも大丈夫でしょうか?(効果はあるのでしょうか)私は母から遺伝しました。母は透析患者でしたが中国の上海へ行き、腎臓移植を受け平穏にくらしています・
2008/02/08(Fri) 22:34 | URL | 竹田和広 | 【編集
竹田和広さん。
多発性のう胞腎の患者さんでも、養腎降濁湯で、残っている腎機能を保って、クレアチニンの改善の可能性があります。
原疾患が何であれ、有効率は6~7割あります。
2008/02/09(Sat) 07:56 | URL | 江部康二 | 【編集
はじめまして。
私は、和歌山県在住の男性 55歳です。クレアチニンは現在5.2の腎不全です。
養腎降濁湯はどのようにすれば入手できるのでしょうかお教え下さい。宜しくお願いします。
2008/02/20(Wed) 11:00 | URL | 平 豊彰 | 【編集
平 豊彰さん。
高雄病院京都駅前診療所があります。
和歌山から、電車で直通或いは新大阪乗り換えで、比較的
アクセスはよいと思います。
京都駅から歩いて3~4分です。
高雄病院京都駅前診療所(075-352-5050 )に電話して
ご相談いただけば幸いです。
2008/02/21(Thu) 08:47 | URL | 江部康二 | 【編集
石黒 さん。
養腎降濁湯ですが
札幌の諸岡先生とご相談ください。
諸岡透先生
〒060-0808 札幌市北区北8条西4丁目1-1 パストラルビルN8 1F
諸岡内科クリニック  011-700-1122
2008/03/11(Tue) 11:14 | URL | 江部康二 | 【編集
はじめまして
江部先生、はじめてメールいたします。
私の友人は10年以上前から糖尿病を患い、今年になって合併症の一つである「糖尿病性腎症」になってしまいました。
大手病院に通院し、本人なりに血糖値のコントロールをしていたはずなのに残念です。
江部先生の推奨されている”糖質制限食”をもっと早く知って実行していれば、糖尿病を管理することができ、合併症にまでならずにすんだかもしれないのに。
友人の現在のクレアチニンは2.7です。
このまま進行すればいずれ透析は免れないでしょう。
なんとか透析を回避できるような、改善する手段はないのか?、救われる方法はないだろうか?とネットで必死に探していたところ、あるブログへ辿り着きました。
腎不全で人工透析寸前の患者さんのブログでした。
そこには「高雄病院で処方された漢方薬を飲んでクレアチニンが下がった」と書いてありました。
「そうか!漢方という手があったのか」と、一筋の光明が射すような気持ちでした。
その後、江部先生のブログの記事「漢方①腎不全と糖尿病腎症」を拝見する機会を得、友人に紹介したところ、是非その養腎降濁湯を処方して頂きたいとのことでした。
その友人は千葉の市川在住です。
遠くても先生のいらっしゃる京都で受けることは可能でしょうか?
また、千葉か東京都内で処方可能なお知り合いがいらっしゃいましたら、ご紹介頂ければ大変ありがたいです。
どうぞ宜しくお願い致します。
追伸:西洋医学では治らない腎臓病で苦しむ人たちが、先生の記事を読んで、是非希望を見出して頂きたいと思っています。
2008/03/27(Thu) 03:58 | URL | きんぎょ | 【編集
きんぎょさん。
可能なら、高雄病院京都駅前診療所に診察に来て頂ければと存じます。糖尿病からの腎不全はなかなか治療困難ですが何とか進行を遅らせることができればと思います。
京都駅から歩いて3~4分です。
高雄病院京都駅前診療所(075-352-5050 )に電話して
ご相談いただけば幸いです。
2008/03/27(Thu) 21:05 | URL | 江部康二 | 【編集
はじめまして
IgA腎症から腎不全となった者です。
13年まえにIgA発症し、2年半前にCre2を超え、投薬と食事療法中ですが、今月Cre5となってしまいました。むくみはありませんが、立ちくらみと手足に痺れがあります。
お教えいただきたいのですが、
この状態で、養腎降濁湯は効果が得られる可能性はいかがでしょうか。
また、私が住んでおります千葉県北西部方面で処方してくださる病院はあるでしょうか?
お教えいただければ幸いです。お願いします。
2008/09/05(Fri) 18:58 | URL | もち | 【編集
もちさん。
クレアチニンが低いほど効果も出やすいので、
5mg/dlは少し苦しいところです。
しかしあるていど可能性はあります。
大田区大森北4-1-1
東京衛生学園付属・入新井クリニック
03-5767-6651
平馬先生か北田先生が保険で漢方生薬を
処方されていますのでご相談下さい。
予約制かもしれないので、電話で確認してくださいね。
2008/09/05(Fri) 19:23 | URL | 江部康二 | 【編集
養腎降濁湯
ぴいさん。
群馬県には残念ながら
おられません。
それから7.7はさすがに
厳しいです。
養腎降濁湯でも改善は困難と思います。
2008/10/20(Mon) 20:39 | URL | 江部康二 | 【編集
教えてください
クレアチニン値が5.2なのですが盛岡で漢方薬は入手できますでしょうか?
2008/11/14(Fri) 13:31 | URL | えい | 【編集
養腎降濁湯
大歳栄一先生
〒023-0841
岩手県奥州市水沢区真城宇塚31-3
おおとし消化器科整形外科 019-724-5131大歳栄一先生に漢方生薬「養腎降濁湯」についてご相談下さい。
2008/11/14(Fri) 18:57 | URL | 江部康二 | 【編集
先生、教えて下さい
江部先生、はじめまして。
糖尿病のことを調べているうちに、先生のプログにたどり着きました。現在、私の母は糖尿病性腎症にかかっています。糖尿病性網膜症にもなり、今では視力もほとんどない状態です。
最近、顔のまぶた周辺がはれぼったくなっている事が多く、腎臓が段々と悪くなってきているのか…と娘としてはとても心配です。人工透析はなんとしても免れてほしい気持ちでいっぱいです。先月の病院での血液検査の数値が、
アルブミン 4.2
尿素窒素 35.7
クレアチニン 1.57
だったのですが、養腎降濁湯を飲めば、少しは腎機能が改善できるのでしょうか?
もし改善できるのであれば、県内か近県の、どこにいけば入手できるのか教えていただけると有難いです。
お忙しい所、申し訳ありません。
現在、三重県に住んでいます。
2008/12/14(Sun) 01:24 | URL | ころ | 【編集
養腎降濁湯
ころさん。
クレアチニン1.57
でしたら、記事に書きましたように62%の確率で改善する可能性があります。
安井 広迪先生に電話してご相談ください。
〒510-0091
三重県四日市市北浜町7-8
安井医院059-353-3181
2008/12/14(Sun) 09:22 | URL | 江部康二 | 【編集
ありがとうございます
江部先生、お忙しい所お返事をいただきましてありがとうございました!
明日、安井先生に電話してみます。
2008/12/14(Sun) 22:25 | URL | ころ | 【編集
養腎降濁湯について
慢性腎不全(高血圧による)で、12月検査結果は、
CRE=2.9、BUN=39、あります。
11月の漢方研究会の、資料を、素人ながら、拝読させていただきました。(江部洋一郎先生、福岡講演)
38名の内、29名が有効、とあります。
是非、服用したいのですが、住まいが佐賀県佐賀市
住んでいますので、当地に、処方してくれつところがあればご教授いただければ幸いです。
また、それがない時は、京都まで行きたいのですが
漢方薬を継続するためには、毎回、毎回、受信を
受ける必要がありますか
現在は、六味丸、四物湯、ブシ末の顆粒を服用しています。
養腎降濁湯は、その量が多いと聞きました
胃腸の弱い人でも大丈夫でしょうか
以上よろしくお願い申します。
2009/01/07(Wed) 15:08 | URL | 城島 元成 | 【編集
養腎降濁湯
城島 元成さん。
佐賀にはおられませんが、福岡市の
三宅先生に連絡してきてください。
三宅漢方医院
三宅和久
092-716-9039
〒810-0041
福岡市中央区大名パークビル2F
2009/01/08(Thu) 07:53 | URL | 江部康二 | 【編集
教えて下さい。
いつもブログで勉強させていただいてます。
じつは私の母なんですが腎症で透析中です。
直らないのはわかっているのですが、この漢方を飲めば
少しは症状が軽くなるのでしょうか?
もし少しでも良くなるのであればぜひ早急に飲ませたいと思っております。
新潟市在住ですが、近くに処方してくださるところはおりますか?
お忙しいところ申し訳ありませんが宜しくお願い致します。
2009/01/08(Thu) 10:18 | URL | かな | 【編集
腎症
かな
透析中でも
養腎降濁湯で、体調が改善、尿量が増える、クレアチニンの上昇が緩やかになる、などの効果が数割の人に期待できます。
ラサ内科皮膚科クリニックの諸橋弘子先生にご相談ください。
諸橋弘子先生
〒950-0912
新潟市中央区南笹口1丁目1番30号
ラサ内科皮膚科クリニック 025-247-3811
http://www.lhasaclinic.com/
2009/01/08(Thu) 17:01 | URL | 江部康二 | 【編集
No title
お忙しい中ありがとうございました。
早速母を連れて行ってきます。
2009/01/09(Fri) 05:21 | URL | かな | 【編集
養腎降濁湯
江部先生、はじめまして。
私自身糖尿病ですが、今は薬を服用することもなくコントロールできていました。それがバセドウ病になり、メルカゾールの服用が始まってから体重が増加する一方で何をしても減らなくなりました。主治医にそのことを話しても、それは仕方がないと言われ、HbA1cも4.9→5.8になってしまいました。
結構前なんですが先生の本をお見かけして、炭水化物を抜く?無理無理そんな食生活。と失礼ながらその時はそんな感想を持ちました。でもなんとかしなきゃと悩んでいる中で思い起こすのは、先生のあの本のタイトルだけでした。
すぐに本を買いに行き、本と先生のブログと糖質制限食をされている諸先輩のブログを参考に1ヶ月前から糖質制限食を始めて、1ヶ月で5㎏減りました。何をしても減らなかったのに今までの悩みは一体なんだったの…。と自分で一番驚いています。
体重はまだ落とさなければなりませんが、先生のおかげで今はとても充実した日々を過ごしています。
そんな中、養腎降濁湯のことを知りました。母が糖尿病性腎症でこの3月のクレアチニン値が2.7になってしまい、主治医には1~2年のうちには透析になるかもしれないと言われたそうです。
養腎降濁湯のことが知りたくて高雄病院に電話で問い合わせさせていただいたのですが、漢方処方でも月に1回は通院しなければならないとお聞きしました。
母は鹿児島に住んでいて72歳です。こちらで福岡の先生がご紹介されていましたが、鹿児島では診ていただける病院がありますでしょうか。無ければ九州内で他にもありましたら教えていただけないでしょうか。
お忙しい中すみませんが、よろしくお願いします。
今までに2回、高雄病院に電話で問い合わせさせていただきましたが、どなたもとても親身に接してくださいました。ありがとうございました。
2009/03/28(Sat) 17:23 | URL | しゅんか | 【編集
養腎降濁湯
しゅんか さん。
鹿児島には残念ながら
ありません。
九州で今のところ、福岡の
三宅和久先生
三宅漢方医院
住所 〒810-0041
福岡県福岡市中央区大名2-8-18 天神パークビル2F
交通アクセス情報 福岡市営地下鉄空港線 天神 徒歩 5分
TEL 092-716-9039
です。
2009/03/31(Tue) 19:39 | URL | 江部康二 | 【編集
Re: 多発性嚢胞腎
ラルーさん。
クレアチニン4.02
はかなり厳しいです。
ただ試してみる価値はあると思います。
効果はでるものなら、1~2ヶ月以内にでます。
春日井市の灰本クリニックでご相談いただけばよいと思います。
2009/04/01(Wed) 22:51 | URL | 江部康二 | 【編集
Re: 透析開始目前です
だいたくさん。
クレアチンの値が8.2(昨年の5月は5.4)というレベルは
残念ながら、養腎降濁湯でもコントロール困難です。
2009/04/24(Fri) 07:48 | URL | 江部康二 | 【編集
養腎降濁湯について
江部康二先生、突然お便りを差し上げる非礼をどうかお許しください。
2009年4月末現在、クレアチニン2.1の者です。
埼玉県(県南)在住です。
2005年1月22日(土)の朝日新聞「漢方再興⑦」で紹介されて以来、高雄病院における漢方による腎不全治療のことはずっと気にかかっておりました。
そして昨日、このブログにたどりつきました。
首都圏で養腎降濁湯を処方してくださる医療機関をご紹介いただければ、まことにまことに幸甚に存じます。どうぞよろしくお願いいたします。
最後になりましたが、江部先生のご健康、ご多幸を祈念いたしております。
2009/05/12(Tue) 01:22 | URL | ゆうか | 【編集
養腎降濁湯
ゆうかさん。
東京衛生学園付属・入新井クリニック  03-5767-6651
平馬先生か北田先生が保険で漢方生薬を処方されています。
予約制かもしれないので、電話で確認してください。
2009/05/12(Tue) 09:53 | URL | 江部康二 | 【編集
江部康二先生。
お返事ありがとうございました。
入新井クリニックに連絡をとってみることにします。
江部先生のご健康とご活躍を重ねて、お祈りしています。
ゆうか
2009/05/12(Tue) 18:04 | URL | ゆうか | 【編集
お願いします
はじめまして。母が糖尿病性腎症です。クレアチニンは 3.2です。[養腎降濁湯]は 何処で処方していただけますか?福島県郡山市在住です。よろしくお願いします。
2009/06/10(Wed) 11:11 | URL | あき | 【編集
Re: お願いします
① 大田区大森北4-1-1
東京衛生学園付属・入新井クリニック  03-5767-6651
平馬先生か北田先生が保険で漢方生薬を処方されています。
予約制かもしれないので、電話で確認してください。
2009/06/10(Wed) 14:35 | URL | 江部康二 | 【編集
ありがとうございます
江部先生
お忙しい中、ご返事ありがとうございます。クリニックに確認し、母を連れていきます。ありがとうございました。
2009/06/10(Wed) 16:35 | URL | あき | 【編集
江部先生
こんにちは。先日、大田区のクリニックを教えていただきましたが、今後の通院を考え、新潟のラサ内科皮膚科に昨日行き、処方していただきました。大変 感じの良い先生で 漢方の他、色々教えていただきました。[先生]現在、エネルギーはどのくらいと病院で指導されていますか?[母]1200キロカロリーです。[先生]え??そんなんじゃ、腎臓守れないよ!!…と。。。かなり、悪くなってるけど まだ間に合うよ。との先生のお言葉に安心しました。
これからは病院任せではなく、自分も江部先生のblogを参考に勉強して行きたいと思います。江部先生、ありがとうございました。
2009/06/12(Fri) 13:07 | URL | あき | 【編集
Re: タイトルなし
あきさん。
新潟のほうがアクセスよかったですか。
ラサ内科皮膚科の諸橋先生はよく存じ上げております。
とても良い先生です。
よろしくお伝え下さい。
2009/06/12(Fri) 16:00 | URL | 江部康二 | 【編集
追記
度々すみません。ラサ内科皮膚科クリニックの先生に 江部先生のblogを見てきました(勝手にすみません)…と話したところ、江部先生とは 10年来のお付き合いというか、色々と教えていただいてると話してました。
福島県郡山市から新潟まで、高速を使って片道2時間。往復で4時間。母が透析を少しでも先にのばせるのなら 近いもんです。。。江部先生、母方の祖父も糖尿病性腎症から透析に入り、間もなく亡くなりました。。。母も江部先生に大変 感謝しています。希望が持てた(^O^)/とのことです。ありがとうございます!!また 漢方のお話し聞かせて下さい。

糖尿病性腎症の血液検査 クレアチニン 尿素窒素

糖尿病の3大合併症(網膜症、腎症、神経障害)のひとつである糖尿病性腎症の血液検査について紹介します。
糖尿病性腎症の検査として代表的な検査は、血液検査の血清クレアチニン、尿素窒素(BUN)、尿検査のクレアチニンクリアランス、尿中微量アルブミンなどがあります。今回は、これらのうちの血液検査である、血清クレアチニンと尿素窒素(BUN)について詳しく見ていきましょう。
※糖尿病性腎症については、本HP糖尿病と合併症-2.腎症および糖尿病性腎症を知る!- 第1回 糖尿病性腎症とは?を参照ください。
 
 
1.  糖尿病性腎症の血液検査-血清クレアチニン
糖尿病性腎症の検査として代表的な検査は、血液検査の血清クレアチニン、尿素窒素(BUN)、尿検査のクレアチニンクリアランス、尿中微量アルブミンなどがあります。今回は、これらのうちの血液検査である、血清クレアチニンと尿素窒素(BUN)について詳しく見ていきましょう。
※糖尿病性腎症については、本HP糖尿病と合併症-2.腎症および糖尿病性腎症を知る!- 第1回 糖尿病性腎症とは?を参照ください。

血清クレアチニン

筋肉の細胞には、クレアチンリン酸というエネルギー貯蔵物質が多く存在しています。アミノ酸の一種であるクレアチンがリン酸化されたもので、肝臓で合成されて血液によって筋肉へ運ばれます。
血清クレアチニンとは、このクレアチンやクレアチンリン酸が、筋肉収縮のエネルギー源として代謝されたとき(燃やされたとき)血液中にできる物質です。この血清クレアチニンは、腎臓ではほとんど再吸収されず、尿中に排泄されます。
ところが糖尿病性腎症の場合、腎機能が低下しているためにクレアチニンの尿中への排泄が悪くなり、血清クレアチニンが上昇します。ただし、糖尿病の初期においては、腎機能はまだ低下しておらず、高血糖の影響によりクレアチニンの尿中排泄はむしろ多くなるため、血清クレアチニンは低下します。
血清クレアチニンは筋肉量に比例するため、筋肉量に変化がなく腎機能が安定していればほぼ一定の値となります。また筋肉量の違いから、男性のほうが女性より高値です。
 
 
 

 
2. 糖尿病性腎症の血液検査-尿素窒素
 
体内で過剰に摂取したアミノ酸が分解されるときにアンモニアという有害物質ができます。尿素窒素は、有害物質アンモニアを肝臓で無害な尿素に変えるときにできる物質です。臨床検査では、この尿素のことを尿素窒素と言い表しています。
血液中の尿素窒素は、腎臓で35~70%が再吸収され、残りが尿中に排泄されます。ところが糖尿病性腎症の場合は、腎機能が低下しているために尿素窒素の尿中への排泄が悪くなり、血中の尿素窒素の数値が上昇します。

尿素窒素は、血清クレアチニンに比べて腎臓以外の因子(腎外性因子)による影響を受けやすいため、尿素窒素が高値というだけでそれが腎機能の低下によるものだと断定はできません。
そこで、尿素窒素の上昇の要因が腎機能低下によるものであるかどうかを、BUN / Cr(尿素窒素・クレアチニン比)を求めて調べる場合があります。BUN/Crとは、尿素窒素の数値を比較的変動の少ない血清クレアチニンの数値で割った値です。
この数値が10以上であれば、脱水、心不全、出血、食事中のタンパク質の摂りすぎなどの腎外性因子による可能性が高いと考えられます。
今回は血液検査である血清クレアチニン、尿素窒素(BUN)について見てみましたが、次回は尿検査であるクレアチニンクリアランス、尿中微量アルブミンについて詳しく見ていきたいと思います。
 
 
 

著者プロフィール:堀 行雄(臨床検査技師)
2000年インクロムの提携医療機関に入職して以来、臨床検査室で忙しく検体検査をする日々。年間およそ5000人分の血液を分析。