クレアチニンは、中性脂肪さえさげれば、下がる!

クレアチニンは、中性脂肪さえさげれば、下がる!

 

検査数値みてたら、あれほどクレアチニンが気になっていたが、糖質減らすか、

体重落とすか、中性脂肪さげれば、比例して下がることに気が付きました。

調べてみると、大塚製薬の資料ですが、やはりそうでした。

な~んだ! ひと安心!

「脂質異常症」と慢性腎臓病の関係

「脂質異常症」は、慢性腎臓病(CKD)の発症や進行に大きくかかわっている要因の1つです。

脂質異常症は、血液中に含まれるコレステロールや中性脂肪(トリグリセライド)などの脂質が多すぎる状態を指す病気のことで、コレステロールの高い状態が続くと、余分なコレステロールが血管の壁にたまって動脈硬化を引き起こす原因となります。

このように、脂質異常症を発症してしまうと、動脈硬化が進行して腎臓を障害し、CKDなどの腎臓の病気をもたらします。

一方、CKDが脂質異常症を生じることもあります。

CKDでは腎尿細管の細胞が傷ついて、アルブミンというたんぱく質が尿に混じり排泄されてしまいます。すると身体は不足した分を補うために、アルブミンを作ります。このアルブミンを作る時には、LDLコレステロールも同時に作られてしまいます。

LDLコレステロールは、悪玉コレステロールとも呼ばれるリポ蛋白の1種です。リポ蛋白は、コレステロールや中性脂肪などの脂質が、特定のたんぱく質と結合したもので、脂質を運搬する役目を担っています(図)。

アルブミンと同時に作られたLDLコレステロールは血液中に移動しますので、血液中の脂質量が増えてしまうことになります。

このように、腎臓の病気によっても脂質異常症を発症する可能性があります。

脂質異常症の治療では、食事療法と運動療法が効果的と考えられています。

糖尿病の問題は血糖値ではなくインスリン!新井圭輔医師

糖尿病の問題は血糖値ではなくインスリン!新井圭輔医師

糖尿病の問題は血糖値ではなくインスリン!

大学では病名だけ教えて原因は教えない。

高血圧は90%が動脈硬化、

仮説だが・・・インシュリンが働かないと、線虫が臓器障害おこすのか?

インシュリン注射やめると、網膜症は改善している。

インシュリンの働きが悪いと、本当に悪いのか?

哺乳類は、糖分はエネルギー源ではない。血糖値が高いと活性酸素が高くなる。

インシュリン注射うつと、内臓障害が起き始める。

鳥は血糖値が高くても、健康である。

本来低インシュリンでは、臓器障害起きないはず。

病院で注射うつと臓器障害おきる。

体内インシュリンを注射で、上げると 臓器障害が起きる。

高血糖でも腎臓はインシュリンやめると、改善する。

ヘモグロビンは合併症とは、関係ない。合併症はウソ。

はたして、血糖値下げるために、インシュリン注射うってもよいものか?

DPP4阻害薬とヘモグロビンとクレアチニンの関係

阻害薬うつと腎機能が悪くなる、やめるとよくなる。

合併症は薬で起きている。

1.動脈硬化対策すること・・・血管、動脈硬化対策、での治療になる。高血圧対策
2.末梢神経は高血糖か?

続きを読む

糖尿病性腎症の犯人 こいつ 毒薬 DPP-4 阻害薬 !

糖尿病性腎症の犯人 こいつ 毒薬 DPP-4 阻害薬 !

 

病院は、ちょっとしたことで病院に行くと、何気ない薬が、少しずつ薬が増え

あちこちの臓器を破壊していく、病気の生産工場だ!

何故か???

私の無知。保険制度の犯罪、属国医療のかなしさ・・・

いまでは、癌も、糖尿も、病気ではない、2,3日で血液の浄化、回復。

生活習慣病はすべて自分で治せる。

属国政治が、属国医療、属国教育で国民を滅ぼしている。

 

定説は真実とは限らない 論理に基づけは診療結果は異次元のものとな

糖尿病の薬の副作用の講演

コレストロール、中性脂肪というなの薬は、筋肉を溶かす・・・

怖いですよ!/////わたしは、どんどん悪くなり飲むのを、やめた。

2,3年リハビリしてるが、なおらない。薬やめても、無理か?  整体でやや回復・

糖尿病は万病に導く。癌、腎透析、重度の心臓病。

糖尿病合併症の本質:糖尿病性腎症はインスリンによる薬害であった。

私は、この3人の先生にすくわれ、はれて薬と縁をきり、回復した。

感謝!感謝!感謝!

 

 

続きを読む