糖尿病性腎症の犯人 こいつ 毒薬 DPP-4 阻害薬 !

糖尿病性腎症の犯人 こいつ 毒薬 DPP-4 阻害薬 !

 

病院は、ちょっとしたことで病院に行くと、何気ない薬が、少しずつ薬が増え

あちこちの臓器を破壊していく、病気の生産工場だ!

何故か???

私の無知。保険制度の犯罪、属国医療のかなしさ・・・

いまでは、癌も、糖尿も、病気ではない、2,3日で血液の浄化、回復。

生活習慣病はすべて自分で治せる。

属国政治が、属国医療、属国教育で国民を滅ぼしている。

 

定説は真実とは限らない 論理に基づけは診療結果は異次元のものとな

糖尿病の薬の副作用の講演

コレストロール、中性脂肪というなの薬は、筋肉を溶かす・・・

怖いですよ!/////わたしは、どんどん悪くなり飲むのを、やめた。

2,3年リハビリしてるが、なおらない。薬やめても、無理か?  整体でやや回復・

糖尿病は万病に導く。癌、腎透析、重度の心臓病。

糖尿病合併症の本質:糖尿病性腎症はインスリンによる薬害であった。

私は、この3人の先生にすくわれ、はれて薬と縁をきり、回復した。

感謝!感謝!感謝!

 

 

続きを読む

進行した糖尿病性腎症の患者様に

 

糖尿病が進行すると糖尿病性網膜症、糖尿病性神経症とともに糖尿病性腎症を来たし、尿蛋白(尿タンパク)、慢性腎障害、腎機能低下(血清クレアチニンの上昇、eGFRの低下)を来たします。

体内のインスリンは腎臓で30%近く代謝されますので、腎機能の悪化に伴い体内にインスリンが残留し、血糖値が低下傾向になりますが・・・安心すると慢性腎臓病や

透析に・・・避けることが。

ある看護師様からの切なるご要望です。

 

続きを読む

阻害薬 SGLTとは?

阻害薬 SGLTとは?

SGLTとは、sodium glucose cotransporter(sodium glucose transporter)の略で、「ナトリウム・グルコース共役輸送体」と呼ばれるタンパク質の一種のことです。
SGLTは、体内でグルコース(ブドウ糖)やナトリウムといった栄養分を細胞内に取り込む役割を担っています。
種類は様々であり、体内のあらゆる所に存在していますが、SGLT2に限っては、腎臓の近位尿細管という場所に限定的に存在しているのが特徴です。
近位尿細管は、血液中から取り出して必要なものを体内に取り込み、不要なものを尿として排泄する働きをします。

 

続きを読む