降圧剤飲み続けたら認知症になったがやめると改善した。

降圧剤飲み続けたら認知症になったがやめると改善した。

認知症は 第三の糖尿病といわれます。

早めに糖尿病になった人は血糖値をきにして、生きていきますが、さいわい(?)にも糖尿病まで

にならなかったか、医者が注意していなかったエア、認知がでてもおかしくありません。

糖尿病よりも面倒な病気かもしれません。

60すぎて、少食な生活しておけばよいのですが、人は病気にならないと、わかりません。

結婚の大切さは、家族のなかに病気や、健康情報がたまにでることでしょう。

家族は健康や気持ちのコントロールにありがたいものです。

降圧剤飲み続けたら認知症になったがやめたら活気が出てきてしゃべれるようになった理由動脈硬化を防ぐ食事

動脈硬化は油を抜く

降圧剤の副作用
血圧は180くらいまで大丈夫なので、油をとらないこと。

湯に塩いれて、のむ
細菌血管から抜く

認知症は第三の糖尿病です。 どうして?

 

認知症は第三の糖尿病です。 腎臓、末梢神経?

 

アルツハイマー型認知症が3型糖尿病と呼ばれる理由:認知症3つの予防法

インシュリン 3型糖尿病 神経系がやられる

断食、玄米菜食療法

 

 

腎臓はキュウリから出来ている 認知症改善 認知症治療

認知症は腎臓の病気、キュウリ?

 

 

 

認知症の初期なら9割は治る 驚異のリコーダ法 デール・ブレデセン医師???

アルツハイマー法の治療法 リコード法〔理論〕

脳でなく腸 – 「認知症 外来」認知症は腸から改善・予防する

「認知症 外来」認知症は腸から改善・予防する
http://www.ninchishou.club/  より~

脳でなく腸

続きを読む

認知症が改善!インナーマッスルで脳が活性化

認知症が改善!インナーマッスルで脳が活性化

「インナーマッスル」を鍛えると代謝が上がってダイエットに効果があるだけでなく、なんと「脳が活性化」するのだとか。しかも「認知症」にも効果を発揮するのです。5月12日放送『主治医が見つかる診療所』の「簡単にやせる!インナーマッスル強化法」で紹介されていました。
http://nice-senior.com/doc/1671/
認知症が改善!インナーマッスルで脳が活性化

インナーマッスルを鍛えると脳が活性化

インナーマッスルの権威が1943年生まれの東京大学名誉教授・小林寛道博士です。小林博士はこれまで、カール・ルイスやアサファ・パウエルなど、世界トップの陸上選手の筋肉を徹底的に調べ、彼らがなぜ速く走ることができるのか研究してきました。
そして、その秘密が「大腰筋」に代表されるインナーマッスルにあると発見したのです。それ以来、インナーマッスルを鍛えるマシンを次々と開発。その数はじつに20種類以上に上ります。
そして、小林博士はインナーマッスルを鍛えると脳が活性化するといいます。運動することは脳に大事なことだとは昔からいわれてきたこと。ただし、どういう運動をしたらよいかはあまりハッキリしていませんでした。

インナーマッスル運動で脳内血流が上昇

続きを読む

認知症は老化ではなく病気です。

 
認知症は老化ではなく病気です。
(認知症を引き起こす原因には、さまざまなものがあります)

in_illust006
【早期発見できれば治療可能な認知症もあります】
(薬の服用等による認知症)(甲状腺機能低下症)(ビタミンB1、B12欠乏症)
(慢性硬膜下血腫)(脳腫瘍)(正常圧水頭症)(アルコール等中毒障害)

上記の様な病気等が原因の場合、早期治療で治る可能性があります。
【認知症とまちがわれる症状や病気】
●うつ病・・・記憶力、判断力が低下するため(抗うつ剤等で回復します)
●脱水症状・・意識障害で幻覚症状等の状態になるため(水分補給が必要)
●難聴・・・・質問と関係のない返答になるため(検査のうえ補聴器等)
【認知症の初期症状】
続きを読む