水素水を飲用しての体験談 ばんどうクリニック

ばんどうクリニック 横浜市泉区和泉町514-8 045-800-3934

 

私は歩けなく立てないほど状態が悪化してたのに5ヶ月を経過して歩けるようになり寝られるようになり膠原病の数値は驚くほど改善したのです

 

 

水素水を飲用しての体験談

下記は、水素水飲用者の体験談です。

 

全身エリテマトーデスを発病して15年の病歴の患者です。

病名が付くまで病院を転々として、病名が付いた時は治らない病気として、生涯ステロイドを服用して、起きた病状全てに対処療法しかなく、治らない、治せない、副作用を覚悟して欲しいと伝えられました。

それから人が良いというもの、サイト情報を頼りに300種類ぐらいの腸内細菌サプリやビタミン剤、SOD作用を端から端まで試して見ました。しかし、どれも膠原病の状態を少し改善する物もありましたが即日効果は無くなり再び炎症が進行する状態です。

当時水素というか、還元水が良いと聞いて高い機械を購入して試したのですがPHが高く慢性的に下痢が止まらず、体調が思うように改善しませんでした。この時が今思うと水素水とはじめての出会いのようです。

それから子供が膠原病偽診断になり2年もの間、学校を休学する羽目になるほど体調が悪くなりなんとか改善する方法を日夜勉強してました。

すると、正月に家に招いたある有名な元教授の研究で水素が腸内で大量に生産されており地球上で1番強い抗酸化力がある事を知りました。

其処でもう一度水素を試して見ようと決意をしたのです。どうせ試すのなら1番良いものを試そうと水素の有名メーカー3社の機種を購入して、飲み比べてみたのです。

やはりどうしてもPHが高い水素水は体に合わず腸内や胃にも中性がとても安定して飲めるアキュエラブルーとの出会いでした。

そして調べて見ると同じ会社に水素水7.0が販売されており注文して試しに飲んでみたら、日に日に子供が回復していき私の悪玉脂肪の数値や肝機能も改善して行き、とうとう5ヶ月経過する頃に子供は血液検査でも完全に問題はなく、2年ぶりに登校できるようになれたのです

それが2014年5月初旬の話です。これは奇跡としかいいようがない事実です

そして、私は歩けなく立てないほど状態が悪化してたのに5ヶ月を経過して歩けるようになり寝られるようになり膠原病の数値は驚くほど改善したのです。

多分皆さんは、沢山の体験談を見てきて懐疑的でしょう。私も同じでした。売り込む為に体験談はある意味作られるとすら考えてました。

しかし、断言します。死を覚悟して親子共々寝たきりの状態で、動けなくなるほどきつい状態が

この水素水7.0で驚きの奇跡的な回復を遂げたのです。この奇跡は他の水素水では出ませんでした。

実話として、この話を皆様の役に立てるならと私自らが志願して書いております。

私達親子の命を救った奇跡の水が間違いなく水素水7.0です。

騙されたと思い皆様に試して欲しいです。

糖尿病治療:2つの嘘

糖尿病治療:2つの嘘

癌も糖尿病も生活習慣病は治ります。

医師に経験がないのでしょう。

特に難病というのは、西洋医学で治らないだけで、東洋いがくでは、いとも簡単です。

西洋な近代医学とは、一神教の考えで、ノーベル賞もらった学者でも、かないません。

多神教から原因がわかれば、解決の糸口が見つかります・

尿検査の項目 Phと尿蛋白、尿糖の関係

気になる情報.com
http://novtrend.com/3305.html より~

尿検査の項目

尿検査の項目に入る前に、尿がどのように作られているのかについて簡単にご説明しておきます。
私たちが食事をすると、その栄養は腸を通って酸素とともに血液に変わりますが、その血液は腎臓へと流れていきます。腎臓ではその血液をろ過(溶かす・分解するといった解釈)して体にとって必要なものとそうでないものと分けます。そして、尿として出される成分は尿管を通って膀胱へと届き、尿道から排泄されます。
この流れを把握しているのとしていないのとでは、これからお伝えすることへの理解度が変わってきます。
では本題に入りますが、代表的な尿検査の項目について見ていきます。

尿蛋白(にょうたんぱく)

food_eiyou3_tanpakushitsu
この検査では、その名の通り尿に蛋白=たんぱく質が含まれていないかを確認するわけですが、正常であれば尿に多くの蛋白は含まれないので、必要以上に多かった場合に陽性となり再検査の対象となります。尿蛋白の判断基準となる数値は、陰性15mg/dl以下(-)・擬陽性15~29mg/dl(±)・陽性30~99mg/dl(+)・陽性100mg/dl~(+2)とあります。陰性以外は全て再検査になりますが、食事や運動などによって変動していることもあるので陽性であっても問題がないこともあります。陽性の時は腎臓に疾患があることを示しますが、蛋白以外に赤血球も見られる場合に腎臓病を疑われますので、恐れず再検査を受けるようにしましょう。

尿糖(にょうとう)

food_eiyou1_toushitsu
こちらも尿に糖があるかどうかを調べるわけですが、正常であれば尿に多くの糖は含まれません。それは腎臓の中にある尿細管(にょうさいかん)というところで糖を必要なものとして再吸収してくれるからです。尿蛋白同様に陽性と診断されれば再検査の対象となります。

尿ウロビリノーゲン

body_kanzou_good
こちらの検査は、肝臓や胆嚢(たんのう)に異常がないかを診断します。ウロビリノーゲンとは古くなった赤血球やコレステロールなどが肝臓でビリルビンになり腸内細菌で生成される物質のことを言います。その物質の約20%が再びビリルビンになり、その一部が尿として排泄されるので正常値は擬陽性(±)とされています。

尿潜血(にょうせんけつ)

kekkan_sarasara (1)
尿の中に血液が多く混じっていないかを確認する検査です。健康体の人の尿であっても血液は混じっています(肉眼では確認できません)が、その量が多いと腎臓や膀胱・尿管・尿道などに異常がある診断されるので結果が陽性の場合は再検査の対象となります。

尿比重(にょうひじゅう)

medical_chikunyoubin
尿の中に含まれている水分以外の成分(尿素や塩化ナトリウム、老廃物など)がバランスよく排泄されているかを確認する検査です。尿は水分と一緒に老廃物などを一緒に排泄してくれますが、その濃度を調節しているのが腎臓の働きです。正常値は1.0101.030とされているのでそれ以下でもそれ以上でも再検査対象となります。

尿pH

kenkoushindan11_kennyou
pHとは水素イオン濃度のことで、尿が酸性かアルカリ性かを確認する検査です。健康体の人は弱酸性で、基準値6.5前後と診断されます。6.0以下は酸性尿で糖尿病や痛風になる可能性があり、7.5以上になると尿路感染症や嘔吐・過呼吸になります。酸性の場合は野菜や海藻類、アルカリ性の場合は肉類が適しています。

尿沈渣(にょうちんさ)

kenkyu_woman
尿を遠心分離器にかけて沈殿してきた赤血球や白血球などの成分を顕微鏡で確認する検査です。腎臓でつくられる尿ですが、排泄されるまでの尿路や膀胱に混入物などがないか確認して、腎臓や尿路に関する病気を早期発見します。この検査は尿蛋白・尿糖・尿潜血で陽性が出た場合にのみ行われます。

スポンサーリンク

身体のPHバランスを唾液で調べるシンプルな健康チェック方法

身体のPHバランスを唾液で調べる
シンプルな健康チェック方法
について紹介します。

恐ろしいほど簡単かつ強力な
健康のチェック方法を紹介します。
健康になりたければ、
身体の『pHバランス』を調べてみて下さい。

身体のPHバランスを調べる方法というのが
最もシンプルな健康チェック法となります。
「え、pHバランスってなんですか?
確か中学校の時習った記憶が・・」
という人も多いと思うのですが、
人体にとってpHバランスというのは
極めて重要なのです。
高額な健康診断を受けるよりも、
簡単で安価で速攻で
身体の健康レベルを調べる事が出来ます。

唾液のpHバランスで分かる健康状態

モーター博士と言う人が、
健康レベルの測定法について、
ここ百年で最も偉大な発見をしました。
彼の発見はノーベル賞に値するほどの
発見でありながら、医薬業界の利益には
貢献しないので社会的には抹殺されています。
そのモーター博士の発見と言うのは、
「人体の体のpHバランスが酸性のとき
癌や糖尿病、多発性硬化症などが進行し、

アルカリ性であれば、癌のような病気は
体内に存在出来ない」

…と言うものです。
簡単に言ってしまえば、
身体が酸性のとき病気になり
アルカリ性では病気にならない事です。
人体とはこのようにシンプルなのです。

pHバランスとは何か?

ここでもう少し具体的に見てみましょう。
そもそもpHとは、水素イオンの濃度のことを指します。
酸性とアルカリ性の度合いをpH0〜14の数字で表し、
pH7=中性として、
それより小さい(6、5、4、…)と酸性、
大きい(8、9、10、…)とアルカリ性となります。
実際には酸性が悪でアルカリが善
と言う極端な話でなく、
アルカリに偏りすぎても
身体は健康ではありません。
体内のpHバランスについて
理想とされているのが、
弱アルカリ性pH7.3~7.4です。
つまり、手っ取り早く、確実に
病気になる可能性を調べる方法は、
身体のPHバランスを調べれば良いのです。

アルカリ化させるのが自然療法の知恵

身体を酸性に傾ける原因が
体内毒素、ストレス、運動不足、栄養バランスの崩れ、
電磁波、ネガティブ思考、疲労、睡眠不足など
そして身体をアルカリ性に傾けるのが
ハーブ、緑黄色野菜、適度な運動、
リラックス、ポジティブ思考、休息などです。
つまり、現代社会は酸性に傾ける
要因が多く、
自然療法というのはそれを
アルカリに戻そうとする働きとも言えます。
そしてそのpHバランスは
簡単に調べる事が出来るのです。
PHバランスを調べる事に
どれだけの意味があると思いますか?
通常、病が発症するまでの間は長い時間がかかります。
でも、定期的にPHバランスを調べておいて
その都度対応しておけば、
病気が本格的に悪化する時間が与えられないのです。
最もシンプルな方法で病を避けることが出来るのです。
pHバランスを調べるのは、
尿や唾液を使った検査方法がたくさん存在します。
まだ調べたことがない人は
ぜひ一度チェックすることをおススメします。
 

アルドースレダクターゼ

 
糖尿病での役割
グルコース濃度は糖尿病患者ではしばしば上昇し、アルドースレダクターゼは糖尿病の合併症を招くと長く信じられていた。数々のアルドース還元酵素阻害剤の候補薬が開発され、その殆どが実質的に失敗に終わったもののエパルレスタットのような成功例も登場し、実用化されている。
機能
アルドースレダクターゼの反応、特に生成するソルビトールは体の様々な臓器にとって重要である。例えば、グルコースからのフルクトース合成の一段階目の反応に使われている。(二段階目は、ソルビトールデヒドロゲナーゼによるソルビトールからフルクトースへの変換である。)
グルコースからフルクトースへの主経路は、ヘキソキナーゼによるグルコースのグルコース-6-リン酸へのリン酸化を含み、フルクトース-6-リン酸への異性化リン酸加水分解へ続く。しかし、ソルビトール経路の方がATPのエネルギーを必要としないので有用である。

また、アルドースレダクターゼは水晶体網膜シュワン細胞胎盤、そして赤血球にも存在する。
 
グルコースからフルクトースへの主経路は、ヘキソキナーゼによるグルコースのグルコース-6-リン酸へのリン酸化を含み、フルクトース-6-リン酸への異性化リン酸加水分解へ続く。しかし、ソルビトール経路の方がATPのエネルギーを必要としないので有用である。

また、アルドースレダクターゼは水晶体網膜シュワン細胞胎盤、そして赤血球にも存在する。

参考文献[編集]

  • Denise R., PhD. Ferrier (2005). Lippincott’s Illustrated Reviews: Biochemistry (Lippincott’s Illustrated Reviews). Hagerstwon, MD: Lippincott Williams & Wilkins, 319.

関連項目[編集]