糖尿病での高カリウム血症が腎透析の素因!

糖尿病での高カリウム血症が腎透析の素因!

糖尿病での高カリウム血症が腎透析の素因!

 

血糖値、ヘモグロビンA1Cが下がっても、高カリウム濃度をさげないと、腎透析に進

む。糖尿病腎症の方、クレアチニン同様、カリウムの変化に要注意です。

病院の薬では、まず高カリウム、低ナトリウムの数値はさがりません。

足のつり、四肢のしびれは、運動では無理。筋肉に水素イオンで修復する必要が、あ

るらしい。 筋肉細胞に水素イオンを入れるには?

当分は果物をやめ、野菜中心に。

食事療法、腎臓の毒だし、あるいは玉ねぎでデトックス。

活性酸素の除去と水素イオンを筋肉に入れる、増やすことの勉強しよう。

 

 

高カリウム血症(こうカリウムけっしょう)

は何らかの原因により血中のカリウムの濃度があがってしまう電解質代謝異常症のひとつである。災害時、挫滅症候群(クラッシュシンドローム)として発症する場合もある。

 

症状[編集]

カリウムは本来は体内に必要不可欠なミネラルのひとつである。しかし、血中濃度が異常にあがりすぎた場合、人体に重篤な悪影響を及ぼす。主な症状は

などがあげられる。そのまま放置しておくと致死性不整脈から心停止に至る可能性がある。ECF(細胞外液)のK濃度が5.0 – 6.0mEq/lになると心電図異常(テント状T波、P波の消失、QRS幅延長)が見られ、7mEq/l以上になると致死的不整脈を起こす可能性が非常に高くなる。高カリウム血症は死に至る病態である。その死因は不整脈であるので、予防措置として心電図検査を行うことが一般的である。

 

 

高カリウム血症の改善

高カリウム血症の改善高カリウム血症では細胞内の水素イオンと血清カリウムイオンが交換されて、代謝性アシドーシスとなっていることが多い。血液ガス分析で強度のアシドーシスが認められる場合は、重曹(メイロン®:炭酸水素ナトリウム)を投与してアシドーシスを改善させる事で、一時的に血清カリウム値を改善させることができる。これは5分以上かけて緩徐に静注する。

ちなみに、代謝性アシドーシスに対する炭酸水素ナトリウム投与は、見かけ上は代謝性アシドーシスを改善するものの、最終的に細胞内水素イオン濃度の上昇を招き、細胞内アシドーシスを助長するため結果的に有害である、との見方がある。G-I(グルコース・インスリン)療法は、ブドウ糖25gの水溶液(50%液50cc、10%液250cc、5%液500ccのいずれか)に速効性インスリン5-10単位を加えて持続投与するものである。インスリンがブドウ糖を細胞内に取り込ませる際にカリウムを一緒に細胞内へ移動させる作用を利用している。

陽イオン交換樹脂を経直腸的に投与することで腸液中カリウムを除去する方法もある。一般的にはケイキサレート、カリメートといったイオン交換樹脂を経口投与することが多い。上記のいずれも、一時的に血清カリウム値を低下させる作用しかないため、根本的に高カリウム血症を改善させるためには血液透析が必要である。