糖尿病 足のしびれの原因は「足の血流が悪い障害」

しびれ原因】皮膚がピリピリする…その原因は○○?    -整体院 福佳-

【楽チン】骨盤からくる足のシビレを取りきる

【かんたん!自力整体】足裏の痺れをふくらはぎストレッチで改善!!  -整体院 福佳

クエン酸も実は凄い(おまけで重曹・麻も)

https://ameblo.jp/kemihiryma/entry-12166312101.html より~
クエン酸って、単独だと花粉症とかに効くって書いたことありますし、
先日は重曹の時に、疲労回復、整腸作用、血行増進、美肌効果、満腹感効果(ダイエットに)を書きましたが、
ミネラルの吸収促進(アンチエイジング効果・ガンの予防)
痛風の予防、体臭予防などもありましたので、あらためて詳しく見てみましょう。
下記を参考に一部抜粋します。
http://www.commerceatroyes.com/1098.html
疲労回復
1.乳酸の分解作用
運動後やストレスなどで蓄積されていく疲労物質である“乳酸”、
これを炭酸ガスに分解して尿として排出する作用がクエン酸にあります。
また、乳酸は筋肉痛の原因ともなるので、筋肉痛予防としても効果的です。
2.乳酸の生産抑制作用
生物には糖質や脂質をエネルギーとして変換する“クエン酸回路”というものがあります。
ここでクエン酸が不足していると、
糖質や脂質が十分エネルギーに変換されず、乳酸としてたまります。
なので、クエン酸を十分量摂取することで乳酸の生産を抑制できるのです。
3.新陳代謝の促進
後述しますが、クエン酸には血液をサラサラにして血流を改善する効果があります。
これにより新陳代謝が促進され、疲労回復につながります。
血流改善
血がサラサラというのは血液が弱アルカリ性状態ということで、ドロドロが酸性状態です。
血液ドロドロは成人病の原因にもなります。
クエン酸は体内でアルカリ性として作用し、
血液のph値を高めて弱アルカリ性のサラサラな血液へと変えることが出来ます。
ミネラルの吸収促進(キレート作用)>
1.アンチエイジング
老化の原因は、細胞の“酸化”によるものです。
なのでクエン酸のキレート作用により、
摂取した金属ミネラルが酸化される前にミネラルを包み込み除去してくれるので、
細胞の酸化防止、ひいては老化防止に繋がるのです。
2.がんの予防
活性酸素とクエン酸回路の不全はガンの一因です。
クエン酸には、細胞を酸化する“活性酸素”を除去する作用と、
クエン酸回路の活性化作用があるので、ガン予防になります。
美肌効果(ピーリング)>
クエン酸の摂取による血流改善、ミネラルの吸収促進による美肌効果だけでなく、
“洗顔”、“入浴”に用いることで、外側から肌を綺麗にする効果もあります。
1.クエン酸の洗顔効果
洗顔による“ピーリング”で皮膚を再生させますから、肌の様々なトラブルに効果があります。
2.クエン酸風呂の入浴効果
入浴剤として用いることにより、
美肌効果の他に“体臭予防”が期待できます。
痛風予防
クエン酸は尿酸値を下げ、痛風の予防効果があり、実際に薬としても使われています。
抜粋と引用は以上です。
ちなみに、クエン酸単独でもいいようですが、重曹と合わせて作る炭酸水(クエン酸ソーダ)も肌にはいいようです。
風呂に入れると炭酸水風呂にもなりますしね。
日によって、
重曹風呂(デトックス・放射線除去)
炭酸水風呂(疲労回復・美肌効果)
クエン酸風呂(体臭予防・美肌効果)
と使い分けてもいいでしょう。
炭酸水で実際洗ってみるとぬるぬるして、拭いたあとは少しべとべとして乾くとモチモチします。
半分飲んで半分洗うのはいいかもしれません。(クエン酸水は今度試します)
でも、炭酸水はそれだけじゃなかったのです。下の記事によると、
http://s.webry.info/sp/16296315.at.webry.info/201410/article_19.html
その炭酸水を注射することによって様々な病気が治るそうです。
秋谷七郎博士や今村昌一博士が発表したそうですが、学会からは無視されたようです。
ただ、普通の人は家で注射なんてできないし、健康維持であれば飲むだけで十分だと思いますが、
先ほどの記事には、クエン酸単独の凄い効果が書かれていました。
体が酸性になると病気になりやすいと言いますが、
WHOに登録されている約1500の食品、薬品成分表の中で、体を弱アルカリ性にできるのは、ただ一つクエン酸だけだそうです。
乳酸菌は体にいいですが、乳酸が体にたまると疲れやすく、体は酸性に傾きます。
乳酸をエネルギーに変えて体を酸性にするのに必要なのは、ビタミンB1とクエン酸だそうです。
ちなみに、クエン酸だけだと結構酸っぱいです。レモン水に近い感じ。
クエン酸はレモン以外にも、梅干し、グレープフルーツなど酸っぱい食べ物に含まれていますが、トマトにも含まれてるようですから、この辺のものを積極的に食べた方がいいでしょう。
クエン酸は重曹の倍くらいの値段ですが、重曹が安すぎるだけで、薬として考えたら安いです。
先ほどの記事から抜粋します。
「かつて、日本医師会のドンといわれたT会長の所にクエン酸の絶大な効果を、長田正松氏(国連政治文化大学名誉教授)が話しにいったところ、T会長は、クエン酸はだめだめ、もしクエン酸が世の中に広まったら、医者も病院も薬屋も廃業するしかない。
クエン酸が一番良いのはすでにはっきりと判っている、しかし安すぎて商売にならんし、第一、医者がいらなくなるので、とんでもないことだ、といったといいます」
ちなみに、私がいつも使ってるクエン酸は、植物性のデンプンを原料にした、大洋製薬の食添クエン酸500g で、ドラッグストアで買ってましたが、
アマゾンでパックスの重曹2kg二つと併せると2000円ちょっとになって送料無料になるので、今日注文しました。
ちょうど重曹が無くなりかけてたので。
細胞にあるミトコンドリアのクエン酸回路や電子伝達系を、正常に動かせば病気は治ります。
それにはクエン酸・ビタミンB1・ビタミンC・コエンザイムQ10などが重要で、他のビタミン・ビタミン様物質・ミネラル・アミノ酸などももちろん重要なのですが、
クエン酸は、最も重要なミトコンドリア賦活剤の1つで、ニンニクなどに含まれるアリチアミン(活性持続型ビタミンB1)と一緒であれば、更に良いようです。
ということで私は今後、
朝、炭酸水(クエン酸+重曹)作って半分飲んで半分で顔を洗い、コップ半分で重曹うがい。
風呂の前にクエン酸水コップ半分飲んで
前述の3つと天然塩を使い分けた風呂に入り、
夜、重曹うがい&重曹水飲み
をしばらく続けてみようと思います。
ちなみに、ミクシィで重曹うがいするようになってから歯医者に行かなくなったという人がいましたし、排便が良くなったという人もいましたので、重曹がいいのは間違いないですが、
クエン酸も優れものですね。
学生時代に運動したあとレモンスライスをよく食べてましたが、やはり疲労回復にいいからだったんですね。酢の物が体にいいとかってのも。
しかし、クエン酸も実は万病の薬だったとは。重曹と味と性質は全然違うのに、どっちもガンに効くんですから面白いですね。
ヘンプシードオイルも続ければ相当いいようですが、即効性はカンビナスオイルには敵いません。
ドイツのお医者さんは自分の皮膚癌に一度垂らして4日後に包帯を外したら治っていて、11年経っても再発していないという驚きの効果ですから。
自らのガンをカンナビスで完治させた後、5,000人以上の患者を治してきた独学の医師の話
カンナビスオイルの作り方もありますが、日本ではまだ使えませんので、
堂々と使える安いクエン酸、重曹、天然塩を活用していきましょう。