漢方薬で糖尿病の治療

漢方薬と糖尿病

漢方薬の大きな特徴としては、二つ以上の生薬を組み合わせて作られているので一剤で色んな症状に効くことが挙げられます。そして本人の自覚症状や体力、体質などを診て「虚(きょ」「実(じつ」「陰(いん)「陽(よう)」や「気(き)」「血(けつ)」「水(すい)」などに分類していきます。副作用が少なく、じっくり自然治癒力を高めることで身体のバランスを整えていきます。
ですので糖尿病そのものを直ぐに完全に治す漢方薬はありません。
漢方には「糖尿病」という考えがなく、諸説ありますが血液の循環が悪い「?血(おけつ)」などと捉えられているのです。また、多飲や多尿、夜間頻尿などは「腎虚(じんきょ)」などと考えられます。このような様々な症状に合わせて色んな方面からアプローチしていくことが出来ます。
 

糖尿病によく用いられる漢方薬

田七人参

田七人参
「薬用人参」という言葉をご存知ですか?少し前まで日本で多く使われていた言葉です。田七人参の他にも、高麗人参、朝鮮人参、シベリア人参・・・等の人参のことを指します。
漢方の世界では、古くから金不換(きんふかん=お金に換えられないほど貴重なもの)
といって非常に貴重に扱われてきたのが田七人参。
しかしあくまでも「西洋医学」の世界でいう「薬」ではないことから、「薬用」という文言を用いるのは適切ではない、ということから、「薬用人参」という言い方はNGとなりました。
しかし「薬用人参」という言葉が使われていたくらい、ものすごい効果があるとされているのがこの田七人参なのです。
田七人参には多様な効果があり、糖尿病や、糖尿病型で、血糖値を下げたい、ヘモグロビンa1cを下げたいという方の多くに田七人参を毎日飲んでいる方も多いです。
田七人参には、パナキサトリオール、トリテルペンサポニンが含まれています。
トリテルペンサポニンには、抗炎症作用、解毒作用、疲労回復作用、抗糖尿病作用
パナキサトリオールには糖の取り込みを亢進させ、血糖値の上昇を抑制する作用があります。
ちなみに田七人参のサポニンの量は朝鮮人参(高麗人参)の約7倍!です。
田七人参の漢方薬は高額ですが、最近は「オーガニック田七人参」をそのまま精製してサプリメントにしている商品もあり、リーズナブルなお値段で摂取することも可能になり、多くの方々から支持されています。
 
>>おすすめの「オーガニック・田七人参サプリメント」はこちら<<
 

八味地黄丸(はちみじおうがん)

高齢者によく用いられます。体力は普通か虚弱で、なおかつ胃腸機能が健全、腰と下肢の脱力感や冷え、しびれ、頻尿がある人に使用します。
 

大紫胡湯(だいさいことう)

体力のある人で、胸から脇が重苦しくて張っているような症状や、みぞおちがつかえて硬い症状が診られる人が条件になります。主に便秘や口の苦さ、耳鳴り、肩こりがある人に用いられます。特にこの漢方に含まれている生薬「大黄(だいおう」は、便通を良くしたり炎症を抑える作用があるので、胸や脇の苦しさなどが楽になる効果があります。
 

五苓散(ごれいさん)

水分の循環を良くして、身体の中の余分な水分を取り除く効果があります。吐き気や嘔吐、下痢、むくみ、めまい、頭痛などに用いられることが多い漢方薬です。口が乾いたり、尿の量が少ないことを目安に使用されることも多いです。
 

白虎加人参湯(びゃっこにんじんとう)

体力のある人で、ほてりや多尿、多汗、熱症や乾燥などに用いられます。そして便秘がない人に使用することが多い漢方薬です。この漢方薬に含まれている生薬「石膏(せっこう)」と知母(ちも)によって全身の熱を冷ましたり、口の乾きを改善させます。また、「人参」や「粳米(こうべい)で体力も回復させます。
 

防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)

体力があり、便秘や顔面紅潮、充血、ほてりなどの症状がある肥満の人に用いられます。メタボリックシンドロームにも効果があるとされています。
この漢方薬は発汗を促す、熱を冷ます、便秘を改善する、身体の水分のバランスを良くする、血行を良くするなどの作用があります。
 

漢方薬の注意点

糖尿病によく用いられる漢方薬と特徴などをご紹介しました。薬になりますので、懸念がある方は医師や薬剤師にしっかりと体質を診てもらってから服用するのが望ましいでしょう。
漢方薬は、説明書に書いている症状に当てはまらなくても処方されていることがありますが、それも中に含まれている生薬や症状に合わせて判断されたものなので問題ありません。
何か分からないことや不安なことがあれば、医師や薬剤師に相談しましょう。また「漢方薬」は苦い、まずい、など抵抗がある方は、錠剤で苦さのない「サプリメント」からはじめてみるのもいいでしょう。ちなみに「サプリメント」は薬ではなく分類上は「食品」扱いになります。薬は副作用が心配で・・・という方は、サプリメントもおすすめです。

糖尿病の漢方薬

 

糖尿病の漢方薬

更新日:2016/12/09

糖尿病の治療と検査

糖尿病は、体内のインスリンの作り方や使い方に問題がおきて、摂取した食物エネルギーを正常に代謝できなくなる病気です。糖尿病の漢方薬について、栄養学と漢方医学の専門医師の監修の記事で解説します。

漢方の世界では「糖尿病」という概念はありません。しかし、昔からいわれている、口の渇き、多尿、四肢のしびれに加え、重症例で見られる体重減少などを改善するときに、漢方薬が用いられてきました。

漢方での糖尿病の考え方

漢方薬は、一剤でさまざまな効能や効果を持っているため、幅広い症状に対応できます。
糖尿病で血糖値が高いと血液粘度が増し、脳梗塞や虚血性心疾患の合併も増えます。血液粘度の増加や血栓症の場合、漢方では「瘀血(おけつ)」と定義されます。
多飲・多尿・夜間頻尿・下肢のしびれなどは、「腎虚(じんきょ)」と定義されることも多く、気がスムーズに流れない「気滞(きたい)」、体液の分布がアンバランスで滞っている「水滞(すいたい)」などの原因が多岐に渡ります。その点でも、漢方薬で改善される可能性は高いといわれています。
糖尿病にともなう、口の渇き、多尿、多汗、神経症状など多方向からのアプローチが可能です。症状に合わせて漢方薬が選択されています。
具体的には、高血糖に対しては、肥満の自覚症状がある場合、合併症に対しての治療が考えられます。高血糖に対しては、漢方薬のみでの血糖降下作用は十分ではありません。西洋医学的な薬の対象にならない軽度の症状に対して使用します。
血糖値の上昇または糖尿病の進行にともなう、口の渇き・多飲・多尿や全身のだるさや疲れやすさなどの症状に対して使用します。
肥満をともなう処方は、抗肥満作用やコレステロールや血糖値の低下を期待して使用します。糖尿病神経障害、糖尿病網膜症、糖尿病腎症などの合併症に対しても使用するケースが多いです。
糖尿病の合併症の原因である「微小循環障害」(毛細血管が働かず、細胞に栄養がいかなくなった状態)は、漢方医学的には「瘀血(おけつ)」ととらえられ、血流を改善する駆瘀血剤(くおけつざい)を使用します。

糖尿病の漢方薬

大柴胡湯(だいさいことう)

体力のある人に使用します。胸脇苦満(きょうきょうくまん:胸からわきにかけて重苦しく張っているような状態)や心下痞鞭(しんかひこう:みぞおちがつかえて硬いこと)が認められて、便秘、口の苦さ、耳鳴、肩こりがある場合に使用します。特に、大黄(だいおう)は緩下作用や抗炎症作用を持っているため、胸脇苦満や炎症を抑えることができます。

白虎加人参湯(びゃっこかにんじんとう)

体力のある人に使用します。構成生薬の石膏(せっこう)と知母(ちも)で全身の熱を冷まし、口の渇きを改善させ、人参や粳米(こうべい)で体力を回復させる作用があります。ほてりや多尿、多汗、熱症や乾燥に使用します。便秘がない場合に使用することが多いです。

防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)

体力のある人に使用します。麻黄(まおう)や石膏(せっこう)などを中心に、多くの生薬が配合されています。発汗、清熱(せいねつ:体内に停留している余分な熱を冷ますこと)、便秘改善、利水(りすい:体内の水の分布状態を正常にすること)、血行促進などの効果を含み、代謝や排便を促し、肥満体質を改善します。
便秘、顔面紅潮、肥満、充血、ほてりなどの症状がある、いわゆる「太鼓腹」の人に使用します。メタボリック症候群に適するといわれています。

八味地黄丸(はちみじおうがん)

体力は普通か虚弱な人に使用します。特に、高齢者によく使用されます。胃腸機能が健全で、腰部および下肢の脱力感、冷え、しびれ、頻尿があることを目安に使用します。

六味丸(ろくみがん)

比較的体力のない人に使用します。上記の八味地黄丸から桂皮(けいひ)と附子(ぶし)を除いたものです。冷えがなく、口の渇きがある場合に使用します。腰部および下肢の脱力感、しびれや耳鳴、めまい、ふらつきなどの有無が、使用するポイントです。

牛車腎気丸(ごしゃじんきがん)

八味地黄丸に利尿作用のある牛膝(ごしつ)と車前子(しゃぜんし)という生薬を加え、しびれや痛み、尿量減少やむくみが強く、胃腸機能が正常な場合に使用します。

桂枝加朮附湯(けいしかじゅつぶとう)

比較的体力のない人に使用します。桂枝湯(けいしとう)をベースに、水滞(すいたい:体液の分布がアンバランスで滞っている状態)を改善する朮(じゅつ)と体を温める作用の附子(ぶし)を加えた漢方薬です。寒がり、四肢関節の痛みや腫れなどがある場合に使用します。

十全大補湯(じゅうぜんたいほとう)

体力のない人に使用します。四物湯(しもつとう:血分を補う漢方薬)と四君子湯(しくんしとう:気を補う漢方薬)を合わせ、黄耆(おうぎ)・桂皮(けいひ)を足し、生姜(しょうきょう)・大棗(たいそう)を除いた漢方薬です。病後や術後、慢性疾患などからくる疲労衰弱、全身倦怠感、気力低下、顔色不良などがある場合に使用します。

柴苓湯(さいれいとう)

急性・慢性の下痢で、体力は普通の人に使用します。小柴胡湯(しょうさいことう)と五苓散(ごれいさん)を合わせたもので、水分代謝異常をともなう免疫系の病気やステロイド剤の副作用軽減などを目的に、広く使われています。
胸脇苦満(きょうきょうくまん:胸からわきにかけて重苦しく張っているような状態)があり、尿量減少、むくみなどの症状をともなう場合に使用します。

清心蓮子飲(せいしんれんしいん)

比較的体力のない人に使用します。水の偏りを治す茯苓(ぶくりょう)、消炎・利尿作用のある車前子(しゃぜんし)に、胃腸虚弱・虚弱体質の人にも使用できるよう人参(にんじん)や黄耆(おうぎ)などが配合されたものです。
上記の八味地黄丸などの地黄が配合されている漢方薬では、胃腸に負担がかかるケースもあるため、胃腸虚弱の方にも使用できる漢方薬です。
慢性的に排尿困難、残尿感、排尿痛、頻尿を訴え、口が渇き、神経不安をともなう場合に使用します。

最後に

糖尿病の治療は、まず食事療法と運動療法、そして、必要に応じて現代医薬で血糖を適切にコントロールすることが基本です。漢方薬は、血糖値を安定化する作用は穏やかですので、どちらかというと、自覚症状の緩和や合併症の予防のために補助的に用いられています。このような治療法を理解して、専門医のもとで服用するとよいでしょう。