糖尿病のクレアチニンを下げるには、まず減塩が先のようだ。

クレアチニンを下げるには、まず減塩が先のようだ。

糖尿病にいくら海の塩、岩塩といっても、塩分を減らすことが一番ときずいた。

糖尿病になって、インシュリン注射を1年半内津図いたころ、

血糖値はほとんど糖質制限だけで、普通になったが、

クレアチニンがあがり、蛋白尿が出始め、アルブミンは正常になった。

クレアチニン  0.9・・・1.2, 1.5  くらいで落ち着いているが、

2年たっても、下がらない。

 運動すればよいと思っているが、まだだ歩きずらい。毎日 外出して歩くようにしているが、

国の塩やめて、海水塩、にがりに切り替えると1~2か月でクレアチニンがあがってるのにきずいた。

にがりで豆腐つくったり、ニンジンジュースににがり入れてみたり・・・

 ミネラルをおぎなおうと、かんがえたのだが、かえって増やしすぎている。恐怖!

 退院して、もう4年になるが、足の筋肉不足は運動とミネラル水を麦飯石でつくるようになって、

みるみる2,3か月で酵素水も作り追加したが、これでマッサージにはいかなくても・・・実感。

低カリウム血症はほぼ治り、NaとKのバランスはとれるようになった。

 もともと運動不足から筋肉の低ナトリウムが起こり、糖尿病へ・・・

 そこで残ったクレアチニンさげようと。

岩塩であれ、海水塩であれ、腎臓がやや悪い時は、しばらく減らさなければいけないことに気ずい

た。塩、まして、にがりの量でクレアチニンはきれいに変化している。

血液尿の検査データと毎日食事、通じの回数など、日記つけているので、見抜けた。

 腎臓が正常になっても、やはり塩分は控えめにが正しいのかもしれない。

クレアチニンを下げるには、まず減塩が一番!

腎臓にいい食事とは、ズバリ減塩なんです!!【Dr. おかめの腎のおはなし】

クレアチニン 下げた 経験を話す

血圧を下げる

塩分減らす、散歩、運動