カロリー制限が長寿遺伝子活性化  腹七分目で若返ろう  長寿の遺伝子

カロリー制限が長寿遺伝子活性化  腹七分目で若返ろう   長寿の遺伝子

 

腹七分目の食生活を続ければ健康寿命を延ばせることが分かってきました。

日々の摂取カロリーを25%ほど減らすと、眠っていたサーチュイン遺伝子(長寿遺伝子)が活性化し、さまざまな老化要因を抑えてくれるのです。

先駆的に長寿遺伝子の研究に取り組む古家大祐金沢医科大学糖尿病・内分泌内科学教授に夢の若返り法を教えていただきました。

【今月の回答者】

4koya.gif

古家 大祐(こや だいすけ)

金沢医科大学糖尿病・内分泌内科学教授
(金沢医科大学病院内分泌・代謝科教授・科長)
 

健康寿命を延ばす夢の遺伝子

「長寿遺伝子」「若返り遺伝子」とも呼ばれるサーチュイン遺伝子は2000年に米国・マサチューセッツ工科大のレオナルド・ガランテ教授が酵母の中から発見しました。その後の研究で、ヒトなら誰でも持っていることが分かっています。
この遺伝子が活性化すると、細胞内でエネルギー源を作り出す小器官「ミトコンドリア」が増えるとともに、細胞内の異常なたんぱく質や古くなったミトコンドリアが除去されて、新しく生まれ変わる「オートファジー(自食作用)」という機構が働きます。工場の機械装置を更新するのと同じように細胞を若返らせるのです。
それに伴い、細胞を傷つける活性酸素の除去、細胞の修復、脂肪の燃焼、シミやシワの防止、動脈硬化や糖尿病の予防、さらには認知症、難聴などの予防といったさまざまな好影響がもたらされます。人体の健康度を測るバロメーターは70~100項目あるのですが、そのほとんどを改善するともいわれています。
まさに体を若返らせ、健康寿命を延ばす夢の遺伝子というわけです。

25%制限3週間で活性化を実証

続きを読む