スーパー糖質制限食実践2ヶ月で、HbA1c・脂肪肝改善。CK高値は?

【15/04/14 鳥ちゃん
お礼と報告
江部先生、嬉しい結果が出たので報告させて下さい。
私は、54歳の男性会社員です。
健康診断の血液検査で、ひっかかり、 病院で再検査して頂いたところ、 糖尿病・高血圧・脂肪肝と言われました。
糖尿病と高血圧については、 すぐに薬を飲むように言われましたが、 今までの不摂生の生活習慣病だとわかっていたので、 一度、食事を見直してからと、薬は拒みました。 (薬を拒むと、町の医院に転院するように勧められました)
それで、ネットで色々と調べていくと、 先生のブログを知り、 やる限りは中途半端は嫌な性格なので、 先生の著書を読みまくって勉強し、 2月9日より「スーパー糖質制限食」を はじめて、2カ月後の4月9日に、 町の医院で血液検査をした結果です。
まず、身長178センチ 92キロが82キロで10キロ減
運動はしていません。(^^ゞ
前回基準値より高かった数値の比較が、
血糖 124が93
HbA1c 6.8が5.8
GOT 58が30
GPT 88が32
LDH 237が検査なし
血液に関しては、検査がなかった項目も ありましたが、全て正常に。
ただ、
CKが 378と高く、
中性脂肪は32と低くなっていましたが、
ドクターは心配ないとのこと。
血圧は、
上が、140後半から150前半
下が、90後半から100前半だったのが、
今は、
上が、120後半130前半に
下が、80から80後半まで。
血圧に関しては、良くなったけど、 欲を言えば、もう少し下がって欲しいです。
「スーパー糖質制限食」で塩分も気にしていますが、 もっと、塩分を減らした方がいいのでしょうね。
このようの結果になったのは、 江部先生のおかげです。
心よりありがとうございます。
また、「スーパー糖質制限食」を理解してくれて、 食事を作ってくれた家内にも感謝です。
追伸
来月に町の医院のドクターより、 栄養指導を受けるようにと 診察と共に予約を入れてもらいましたが、 数値がよくなり、 いまさら、栄養指導は必要なのか 少々疑問です。】
鳥ちゃん
薬を拒否されて、食事療法を選択されたのは正解です。
本来、医師もまず食事と運動を奨めて、それで改善がない場合は仕方ないので、薬物投与を考慮するというのが王道です。
薬を飲まないと言ったら、町の医院への転院を奨めるとは、医師として如何なものかと思います。
スーパー糖質制限食実践2ヶ月、運動なしで
身長178センチ
体重: 92キロ → 82キロ
血糖: 124 → 93
HbA1c :6.8 → 5.8
GOT: 58 → 30
GPT: 88 → 32
血圧:140~150/96~104 → 126~134/80~89

血糖値、HbA1c、体重、データ改善、良かったです。
脂肪肝も血圧も見事な改善ですね。
中性脂肪が32と低いのは、まったく問題ないです。
運動なしということですが、新たに散歩やジョギングとか筋トレとかはされてないということだと思います。
CKが高いのは、数日前とか前日にたまたま、良く歩いたとか、旅行したとか、 打撲したとか、筋肉に関わる要素はなかったでしょうか?
いつもより、多く歩くだけでも、筋肉細胞は一定の障害を被るので、CKは少し高値となります。
筋肉注射でもCKは少し高値となります。
CKが 378と軽度高値ですが、上記筋肉関連の事象があれば問題ないです。
まあ、心筋梗塞などでは2000とかになります。
あと甲状腺機能低下症で、CKが上昇することがありますので、筋肉が無関係なら、念のため血液で甲状腺の検査をしましょう。

キクイモ医師のつぶやき 血糖値を下げる

昨日の外来。隣の診察室で外来担当の某大学K教授が大喜びで
お褒めの言葉を頂戴しました。
3月中旬に彼の外来に通う高血圧・糖尿病患者さんについて
糖尿病状態が悪化した為、血糖値のコントロールを依頼されました。
随時血糖250、HbA1C 10.1% 70代女性で、旅行好きなグルメさん。
早速、食事指導1400Kcalとオングリザ(5mg1錠)という糖尿病薬に加えて
キクイモについてお話し摂取を勧めました。
すると、3月 10.1% あったHA1Cが4月 7.6%、5月 6.9% 驚きです!!
途中三重県に旅行され美味しいモノを食べて来たという話でしたから!
K教授も「オングリザでこれ程下がる話ではない!先生の情熱とキクイモ効果!」
と太鼓判を押しつつ御満悦でした。
情熱云々はともかくキクイモの実力が垣間見えるエピソードです。何より患者さんの
状態が良くなった事とそれもストレス少なく前向きに取り組めるのが素晴らしいです。
「〇〇をしないといけない。××を止めないといけない。」といった一方的指導による
ストレスでは却って改善効果は・・・・・。
楽しんで、前向きにいきたいと感じますよね。
かつて、日光の80代男性糖尿病患者さんが、キクイモを摂取した上で下画像の
メニューを夕飯に食しました。
IMG_1953.jpg
年配で、糖尿病で薬内服しているのにこんな食事では・・・・。と思う
お医者さんもいるでしょう。
が、
食後2時間血糖値は 120でした。
そして一言「何でも食べれるかと思うと嬉しい!」
その後の経過も良好で、ウナギを食べた2時間後140。少々悪戯をしたら等々。
こちらも聞いていて嬉しくなります。
どんどん悪戯してみたら!とも言いたくなります。
それだけ長年我慢・苦労・ストレスだったのですから。。。。。
前回のブログで触れた、先日退院したインスリン注射中の患者さんも
キクイモを知って大喜びで帰って行きました。近くのお医者さんでの治療を
予定していましたが、糖尿病については多少遠距離でも再診するそうです。
もっともっと多くの方々に伝えないといけません。
糖尿病人口は増える一方ですからね。
本日昼休みに、9日講演会の会場へ出向き、パソコンの動作確認をしてきました。
『キクイモ』のお話を存分にしたいと考えます。
そこから、沢山の方々の健康に繋がれば幸いです。
自然食品の店 『ララカフェ』 です。こだわりの調味料が沢山並んでいます。
一つ一つ食品添加物に注意を払った商品群です。路を挟んで大型スーパーがありますが
お客さんも多く、9日の講演会にどれ位集まるか?楽しみです。
併設されたカフェでこだわりのランチを頂戴しました。
前回は春の竹の子豆乳カレー車麩カツにアイス黒糖ココア豆乳割でしたが
本日は
IMG_2655a.jpg
大豆ミートのカシューナッツ丼と玄米甘酒マンゴー豆乳ラテを注文しました。
お味良く、大変ヘルシーでその上お財布にも優しく有難い想いです。
次週9日はこの会場で思う存分お話したいと今から意気込んでます。

クエン酸は血糖値を下げてガンを治す

『糖尿病に効くクエン酸
クエン酸は糖尿病に非常に効果があります。
糖尿病は血糖値が上がることにより、様々な症状が身体に現われますが、クエン酸は血糖値を下げる働きがあります。
クエン酸を継続して飲み続けることにより、半年で血糖値が半分以下に下がったという報告もあります。
■血糖値600⇒120
クエン酸を2週間飲み続けた結果の改善例です。
もしあなたが糖尿病か、その傾向があると診断された場合、クエン酸を摂ることを検討されてはいかがですか?
副作用の心配も無く、インスリンなどの薬を投与しなくても、クエン酸で血糖値は下げることができる例が示されています。』
http://hon.ink/isbn4895951391/
『医者に見放されたらクエン酸
クエン酸のすごいパワーを知ってほしい
私はクエン酸で助かりました!―体験者の声―
1.クエン酸は医学的裏づけがある健康法
2.クエン酸でガンを克服できた!
①乳ガンの再発をまぬがれた
②弟の膀胱ガンも再発なし
③主治医も認めたクエン酸の効能
④死を宣告された胃ガンが消滅!
・医者まかせや薬漬けから今すぐ脱出しよう』
http://mariyaclinic.com/contents/advice/advice_1.htm
『エネルギーを作り出すTCAサイクル
TCAサイクルとは、人間の体の中でエネルギーを作り出していく回路、言わば「身体の中のエネルギー工場」です。
別名、クエン酸回路とかクレブス回路とか言われています。
細胞の中のミトコンドリアの中で働いています。
私達の身体は、60兆個の細胞が重なって出来ていますが、TCAサイクルは、この全ての細胞の中で行われる代謝です。』
「医者に見放されたらクエン酸」です。
医者や薬に病状を悪化させられ、どうしようもなくなったらクエン酸に頼りなさい!ということです。
賢い人なら、最初からクエン酸を利用して病気を治します。
我々はサイヤ人ではないので、死にそうになってから回復すると強くなる!ということはありません。
病状を悪化させる病院には近づかない方が無難です。
クエン酸の効能が知れ渡れば、多くの製薬会社や病院が潰れます。
だからクエン酸の効能は、永遠に過小評価されるでしょう。
これが現代日本の現実です。
クエン酸でガンや糖尿病が改善します。
クエン酸は、なぜガンや糖尿病を治すのでしょうか?
クエン酸には血糖値を下げる働きがあります。
クエン酸はクエン酸回路(TCA回路)の主役です。
ブドウ糖をATPという生命エネルギーに変える時に、クエン酸は大活躍します。
その時にビタミンB群やマグネシウム・亜鉛・鉄などのミネラルも大活躍します。
ミトコンドリア内のクエン酸回路を働かせないと、ブドウ糖は乳酸に変化して人体を酸化させて病気を生み出します。
糖の代謝異常によって、我々はガンや糖尿病になってしまうのです。
精製糖質を過剰摂取している人は、特にクエン酸やビタミンミネラルを摂る必要があります。
クエン酸は血糖値を下げる。
クエン酸はガン・糖尿病を治す。
つまりクエン酸は血糖値を下げてガン・糖尿病を治す。
この表現がやはり解りやすいです。
これは糖尿病薬のメトホルミンと同じです。
メトホルミンは血糖値を下げる。
メトホルミンはガン・糖尿病を治す。
つまりメトホルミンは血糖値を下げてガン・糖尿病を治しています。
血糖値を下げる物質が、ガンや糖尿病を治すのです。
糖質制限(断糖)が血糖値を下げて、ガンや糖尿病を治すのと同じ原理です。
あまりに単純な事実ですが、血糖値を下げる⇒ガン・糖尿病が治る!のです。
医学・医療の世界はボランティアではありません。
莫大なカネを儲け続けるビジネスとして存在しています。
製薬会社や医者は、大衆に病気の本質を知られたくない!というのが本音です。
実際に末端の医者たちは、真実を教えられていないし知らないのです。
医学部で詐欺師にニセ医学を教えられ、それを信じて詐欺師になっているのです。
糖質制限やクエン酸やメトホルミンやタングステンや陶板浴で、ガンや糖尿病が治ってしまえばカネ儲けなど出来ないのです。
これが医学界の醜い大人の事情です。
こんなクダラナイ理由で、日本では毎年何十万人も殺されています。
これは誰にも止められないのです。
でも自分と家族だけは守りましょう。