膵臓のインスリン分泌不足は腸内環境の乱れ!

 

膵臓のインスリン分泌不足は腸内環境の乱れ!

 

インスリンは血糖値を下げるホルモンです。膵臓から分泌されます。
インスリンは血糖値を下げるメカニズムについては
こちらの記事をご覧ください。

インスリンとは?糖尿病との関係についても解説

もし膵臓からインスリンが分泌される量が少ないと血糖値を下げることができません。

ずっと血糖値が高いままです。
この状態を糖尿病と言います。

この記事ではインスリンが分泌されるメカニズムについて解説します。

インスリンが分泌されるメカニズムとは?

ところでインスリンが分泌されるメカニズムは解明されていない部分があります。
ただ少なくとも腸内細菌をコントロールすることで
インスリンが分泌されやすくなると言われています。

腸内細菌をコントロールすることで血糖値を下げることができるわけですね。
とはいえ「腸内細菌がインスリンの分泌とどう関係しているの?」
と疑問に感じている方もいるでしょう。

インスリンを分泌するにはインクレチンという腸のホルモンが必要になります。
このインクレチンを産生するのが腸内細菌なのです。

つまり、腸内細菌を増やして、インクレチンを多く分泌させることで、
インスリンが分泌されるわけですね。

Please Login to Comment.