インスリンの分泌を増やす食べ物

 

血糖値は、ごはん、パン、うどん、麺類などの糖質であがります。

糖質制限だけでも十分下げますが、糖質ゼロを毎日はつらいですね。

ごはんを半分とか1/3とかに、パンは食べ過ぎるのでやめる、ケトン体になるまで

炭水化物を減らせば、さがります。

玉ねぎ、オクラなどはミネラルが多く、少しさげるだけなら効果的です。

玄米食とか麦、粟、稗、など入れるといいですね。

もっと、具体的に検討してみましょう。

 

血糖値が高い人に共通してみられるのがミネラル不足。

ミネラルは野菜に含まれる栄養成分で、マンガン、クロム、リン、カリウム、亜鉛などインスリンの糖代謝作用を助けます。

ミネラルが不足しないように積極的に摂取することで、血糖値を下げるよう働き、糖尿病の症状を改善する一つのサポートとなることが期待できるのです。我が国での糖尿病患者のおよそ9割は食べすぎや運動不足で肥満し、インスリンの分泌が不足したり、インスリンの働きが不十分になることが原因の2型糖尿病だといわれています。

 

特に2型糖尿病の人は、食生活に注意することで血糖値の上昇を抑えることが可能になります。

 

血糖値が気になる人は五穀を食べる

五穀とは玄米、麦、アワ、ヒエ、キビ、黒米などの穀物のことです。これらの穀物はミネラルやビタミンを豊富に含み、それぞれに様々な健康効果があるので、最近は白米に混ぜて食べる人が多くなりました。五穀は白米と異なり、歯ごたえがあるので良く噛んで食べるようになります。良く噛んで食べると満腹中枢が正常に働くので食べすぎを防ぎ、肥満を解消できます。また、胃腸の消化作用を促進し、インスリンの代謝を助け、血糖値の上昇を抑えることにつながります。

 

タマネギにはミネラルが豊富

タマネギには多くのミネラル成分があり、血糖値が高い人にはオススメの野菜です。1日に4分の1個食べることが目安ですが、それより多く食べても血糖値が下がりすぎたりしないので、健康維持には1日2分の1個程度食べれれば良いでしょう。調理の仕方は生で食べても加熱しても効果は変わらないのですが、水にさらしてしまうと水溶性のビタミンなどが水に溶け出してしまうので、水にさらさないほうが良いでしょう。

また、タマネギには血管が詰まるのを防ぐ血栓予防作用や肝機能の向上、老化抑止などの効果もあるといわれています。比較的料理しやすい野菜なので、他の野菜と組み合わせて食べて欲しい食品です。

オクラのネバネバは食後の血糖値の上昇を抑える

オクラのネバネバ成分はムチンやペクチンなどの食物繊維の一種で、血圧を下げる効果や腸で糖質を包み込んで吸収を抑える働きがあるので食後の血糖値の上昇を抑えます。オクラは、インスリンの働きを良くするマグネシウムや亜鉛などのミネラルも豊富です。

 

 

http://www.hormone-specialist.info/?p=361 より~

エストロゲンが減少

インスリンの分泌を増やす方法は

・タウリン
・亜鉛

を積極的に取り入れることです。

タウリンはインスリンの分泌量を増やし、
亜鉛はインスリンの働きを活発にする働きがあります。
つまり、タウリンと亜鉛を多く摂ることで、
インスリンの分泌を増やすことができるわけです。

タウリンは主に魚介類に多く含まれています。
ぶり、カツオ、ヤリイカ、タコなどです。
カキ
亜鉛は牡蠣、豚のレバー、牛肉などに多く含まれています。
特に牡蠣は亜鉛だけでなくタウリンも豊富なので
インスリンの分泌を増やす方法としてとてもお勧めです。

しかし魚介類が苦手という方もいるはずです。
その場合はアイスプラントという野菜がお勧めです。
あまり、聞きなれない名前ですが
アイスプラントは、乾燥に強い植物で、その乾燥から
身を守るためにピニトールを生成するとされています。
アイスプラント
アイスプラントは、植物性インスリンとも言われます。
アイスプラントに含まれるピニトールという成分は
インスリン様作用があると言われ、インスリン伝達を促す働きがあります。
アイスプラントはネット通販で気軽に購入できますよ。
長野産 アイスプラント 約100g
あと、大豆製品にもピニトールが含まれています。
インスリンを分泌を増やす作用があるからと言って
魚介類ばかり食べるなど偏った食事はよくありません。
栄養バランスを考え、規則正しい食生活を送りましょう。
こちらも参考に!⇒インスリン分泌に関係する食事とは?

「インスリンの分泌を増やす方法」を読んだ人はこんな記事も読んでいます

インスリンが分泌されるメカニズム
オキシトシンとペットの関係
セロトニンとケチの関係

Please Login to Comment.