血糖値が下がり始めると、クレアチニンが上がる理由を勉強!

血糖値が下がりはじめると、クレアチニンが上がり びっくり!

運動して筋肉量が増えると、クレアチニンあがり、検査表みてがっかり!

どうすれば、いいんだろうか?  ずいぶん頭の中は、疑問でいっぱいでした。

クレアチニンとは、血液中の老廃物のことでした。

糖尿病治療して、半年か~1年もすれば、一安心。

でも、こんどはいろんな数値が悪化していきます。薬の副作用もありますが、

体の仕組み、治る順序など。

筋肉から出るごみ、老廃物の値のこと。

運動したり筋肉量が増えるとあがる。
筋肉の少なかった人は少ない。

あなたの腎臓は何点かわかるようになります(前編)【Dr. おかめの腎のおはなし】

 

あなたの腎臓は何点かわかるようになります(後編)【Dr. おかめの腎のおはなし】

GFRが8をきると、透析かなあ。

 

 

あなたの腎臓が正しく働いていない10のわかりにくいサイン

1.乾燥肌、かゆみ、ミネラルバランス

2.いつも寒いとき

3.口臭がひどい時

4.足、顔のむくみ・・・Na,Kのアンバランス

5.高カリウム血症、不整脈

6.高熱、腰痛

7.筋肉がつる、電解質の異常、ミネラル、水分不足

8.高血圧、血圧が高い

9.パニック発作、副腎

10.肌の発疹、腕、胃

 

 

クレアチニンは血液中の老廃物の一種です。本来なら尿中へどんどん排泄されるものですが、腎臓の機能が低下すると、血液中にクレアチニンが溜まって血清クレアチニン値が上昇します。腎機能が正常な場合は1.2mg/dL 以下 …

ところが糖尿病性腎症の場合、腎機能が低下しているためにクレアチニンの尿中への排泄が悪くなり、血クレアチニンが上昇します。ただし、糖尿病の初期においては、腎機能はまだ低下しておらず、高血糖の影響によりクレアチニンの尿中排泄はむしろ多い。

血糖値が効果的に下がる食事のコツ 血糖値を下げる食品6選はこれ! … 血糖値を下げる食事をすれば、糖尿病の予防だけでなく、肥満や動脈硬化を防ぐことだってできますよ。 でも、カロリーが …. クレアチニン値の安定には生活習慣の改善特に食事と運動が重要です効果的な運動と食事はクレアチニン値を下げるためには欠かせません。

足の運動と糖分減らす、糖質制限です。

唐突ですが、あなたはクレアチニン値は低ければいいと思っていませんか?クレアチニン値が上がると、腎臓病のリスクが上がることはご存知だと思います。 しかし、クレアチニン値や血糖値などの生活習慣病の指標になっている数値というのは、低ければいい というものでは、ありません。筋肉量が増えれば、あがります。

血糖値は、その数値の変わりやすさから、安定して糖尿病を診断することはできないものなんです。それこそ、2日間絶食して健康診断に挑まれてしまえば、血糖値は嫌でも下げることができるわけです。これでは健康診断の意味がありませんね …

糖尿病の初期、あるいは、病院で治療すれば、クレアチニンはおくれてあがっていきます。また運動できるようになると、かえって上がり、困惑します。

わたしもこれがわからずに、ずいぶん勉強しました。

そうです、

血糖の影響によって クレアチニン濃度が低下するためです。 そして、 そのまま放っておいてしまうと 糖尿病になってしまいます。 糖尿病になってしまうと今度はクレアチニンの濃度が高まってしまいます。

更に症状が進行してしまうと 慢性腎不全や糖尿病腎症 へ。

Please Login to Comment.