第二の糖尿病 認知症は腎臓が硬く冷たい・・・腎臓動力体操

第二の糖尿病 認知症は腎臓が硬く冷たい・・・腎臓動力体操

過去に糖尿病の経験者は、腎透析、認知症にかかりやすい。

糖尿病のとき、血糖値が、おさまったとしても、腎臓機能はあまり改善していない。

クレアチニンが上限の0.9 であっても、すでに腎臓の機能は高齢により 6割かた機能

していない。

まして、インシュリン注射や錠剤を長く飲んでいれば、血糖値がおさまっても、腎臓、膵臓き

のうは、全然改善しないまま、経年している。

薬や、注射による治療は対症療法、恣意的医療であって、とりあえず、目先の症状の数値を、

おさえるだけのもの。別になおってはいない。むしろ注射、薬の怖い副作用で次の段階、認知や

腎透析にすすんでいる。

腎臓の血流、膀胱、尿の排泄作用、を自分で足のつぼで、鍼灸、気功で治しておかないと、

忘れたころに急にクレアチニンが悪化、認知症、腎透析に進むことが多いようだ。

腎臓機能の運動、内臓筋肉、血流改善、尿の排出改善は、結局自分でしないと、

病院、医者では、放置している。

 

続きを読む

足裏のむくみ、デトックス、腎臓障害,クレアチニン低下へ!

足裏のむくみ、デトックス、腎臓障害,クレアチニン低下へ!

 

糖尿病で、最後に残った歩きづらさ?ずっと足の筋肉、筋肉細胞、足の第二の心臓、・・・

足裏のつぼマッサージで、数日で回復へ。

3年不調に苦しんだ。糖尿病入院で多量のインシュリンを毎日5回の注射。

そして2,3種類の錠剤服用。

ああ、やっと糖尿病から解放される!

そして、腎透析も不要、もし今後そうなっても、自分で腎透析やめられる。

医療音痴!とは病院に弱みを握られる。

こんど、たとえ糖尿病になっても、喜んですぐなおせる。

しかも、食事と運動だけ~~~

医者が治せない病気は、食で治せるが、患者が知らせられていないだけだ。

また食で治せない病気は、ない!

糖尿病合併症の腎臓障害は薬の副作用、薬の毒が下半身、足裏にたまる。

これに築けば鍼灸か、自分でもむことで歩きやすくなり、尿の排泄改善、腎臓機能回復、

クレアチニン回復。

病院は、病気を増やす指導しても、治す指導はしない。

いま考えると、初めから鍼灸、気功で治すべきだったが、そんなことだれも教えない。

保険のきく病院より、きかない東洋医学が、よほどまともだ。

足裏デトックス、つぼのマッサージ、腎障害回復・・・検証してみたい、

 

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

へえ!長い腎臓透析見切り、翌日から回復方向へ!波動振動療法

へえ!長い腎臓透析見切り、翌日から回復方向へ!波動振動療法

 

 

波動療法で、癌、認知が改善するのは、いやというほど、

熟知していたが、ゼロ磁場に置くとこんな、夢みたいな治療法に、めぐりあえまし

た。

夢みたいですが、縄文から明治の初めまで、お宮さんでのなおしかたでした。

宗教から縁遠くなりましたが、

やっと、量子力学が証明してくれました。

しばらく、温めておきます。

癌も、糖尿、認知、不妊まで 太陽、月、地球でのゼロ磁場なら、すべて問題解

決。新しい次の時代にはいりますね~

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について