痛風の原因とは

痛風の原因・症状

痛風の発作が起きると、耐え難いほどの痛みが走るといわれていますが、そのとき、体の中では何が起こっているのでしょう?また、痛風は尿酸値が高くなることで起こりますが、尿酸値を上昇させてしまう要因もご紹介していきます。

 

痛風発作の痛みの原因は?

痛風は「風が吹いただけでも痛い」といわれるように、耐え難いほどの激痛をともなう発作が起きる病気です。この痛風発作の痛みには、「尿酸」と「白血球」が関係しています。
健康な人の体内では、1日に約600~700mgの尿酸がつくられますが、腎臓からほぼ同じ量が排泄されることで、体内の尿酸量は一定に保たれています。
しかし、尿酸がたくさんつくられ過ぎたり、うまく排泄されなくなったりすると、体内に尿酸が増え過ぎて、血液の中に溶けきれなくなってしまいます。余った尿酸は、徐々に結晶化して、関節の膜の部分に沈着していきますが、突然、はがれ落ちてしまうことがあります。
すると、免疫機能の1つである白血球が、これを異物とみなし、排除するために攻撃しに来るのです。その結果、関節に炎症が起き、激しい痛みが発生し、痛風発作になります。

尿酸値を上げる要因とは?

尿酸値を上昇させ、痛風を招く要因には、次のようなものあります。
肥満…尿酸値が高い人の大半は、肥満であることがわかっています。大食い、早食い、不規則な食事などの肥満を招くような食生活は、尿酸値を上げる要因になります。また、レバーや魚卵、干物など、プリン体の多い食品のとり過ぎも、尿酸値を上昇させます。
アルコール…尿酸値が高くなる原因といえば、プリン体の多いビールをイメージする人が多いかもしれません。でも、ビールに限らず、アルコールが代謝されると、尿酸が合成されてしまうのです。またアルコールには、尿酸の排泄を低下させる働きもあります。
ストレス…ストレスを受け続けると、自律神経や免疫機能、ホルモンバランスが乱れてしまいます。その結果、腎臓から尿酸が排泄されにくくなり、尿酸値が上昇すると考えられています。また、ストレスによる暴飲暴食も、尿酸値を上昇させる要因になります。
激しい運動…激しい運動をすると、疲労物質の乳酸が体内にたまり、尿酸の排泄機能を低下させるので、尿酸値の上昇につながります。
このほかにも、家族や親類に痛風患者がいるなどの遺伝的な要素、腎臓病や高血圧の薬の副作用なども尿酸値を上げる要因です。

この病気・症状の初診に向いている科 内科

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です