尿の出が悪いときは、塩減らすとよいですよ!

尿の出が悪いときは、塩減らすとよいですよ!

 

 

糖尿病のとき、運動不足から筋肉不足で低ナトリウム血症になりやすいです。

わたしの病室でも何人かいて、食事の時1gの塩が用意されていました。

しかし、でもある程度治り始めると、塩を減らさないと尿のでが悪く前立腺肥大し

てきます。病院では教えてくれないし、人により違うのでしょうね、

ミネラルの調節でミネラル水でミネラル増やし、塩分は減塩にすると、

前立腺は縮小しました。

 

腎臓にいい食事とは、ズバリ減塩なんです!!【Dr. おかめの腎のおはなし】

 

クレアチニン、蛋白尿、筋肉からでるごみ、

運動すると上がる、糖尿病の人は、運動不足からおきますが、だんだん改善される

と、クレアチニンが上がり、びっくり、医者は薬を増やそうとしますが、

わたしは、ミネラル増やそうと思い海の塩を増やしたが、どうもかえって、上がり、

結局ミネラルは麦飯石で増やし、塩をうんと減らすと翌日から尿のだがよくなって改

善されました。

やはり、正常のときは塩はきにならないですが、糖尿病のなおりかけは、やはり減

塩が、必須とおもいました。

0.9~1.2, まではいい。筋肉量できまるので、GFR で判断する。

 

腎臓にいい食事とは、ズバリ減塩なんです!!【Dr. おかめの腎のおはなし】

 

 

 

あなたの腎臓は何点かわかるようになります(前編)【Dr. おかめの腎のおはなし】

 

あなたの腎臓は何点かわかるようになります(後編)【Dr. おかめの腎のおはなし】

クレアチニンが、2とか3とかに上がると心配ですね。

まずは、減塩が先です。

年齢からGFR 40歳中心 ジャン談できます。

尿が出にくい・尿の勢いが弱い・尿をするのに時間がかかる

 

「尿が出にくい・尿の勢いが弱い・尿をするのにお腹に力を入れるといった」排尿症状は、
膀胱から尿道出口への尿の通過が妨げられる場合(通過障害)、
あるいは膀胱がうまく収縮できない(膀胱収縮障害)場合に起こります。
通過障害で最も頻度の高いものは男性における前立腺肥大症で、

 

膀胱収縮障害は男女とも神経因性膀胱で起こります。
また、膀胱収縮障害は、メタボリック

 

症候群に伴う膀胱の血流障害や加齢による膀胱の老化現象としてみられることもあります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です