お寺の鐘 528ヘルツは遺伝子を修復するらしい!

お寺の鐘 528ヘルツは遺伝子を修復する!

世界の宗教には、鐘がある、この528ヘルツの周波数はガンをはじめ、高齢者の遺伝子

を修復するらしい。

音叉で癌が、治ることもあるのは、そういうことか。

遺伝子まわりの珪素に周波数あてると、テラヘルツ級の振動が修復。

協会の鐘、お寺の鐘のかわりに、ピアノの音叉でもよい。

驚くことを、知った。

【 DNA repair anti-aging Solfeggio 528Hz 】 DNA修復 若返りの音 アンチエイジング 記憶力UP 病気治療 作業用 睡眠用  ANTIAGING

ヒーリング】528hz+741hzと神代の鐘【チャクラソルフェジオ(Cakra Solfeggio)_瞑想・奇跡・DNA修復・表現力と洞察力の向上・コミュニケーション力(1hour)

【ヒーリング】528hz+963hz そして純正律(Pure temperament)_奇跡・DNA修復・高次元・宇宙意識・幸福・静穏

遺伝子にできたDNAの傷を効率よく修復する仕組みを解明―希少遺伝性難病であるコケイン症候群(早老症)の発症メカニズムが明らかに・

老化に伴う諸症状の病態解明や治療薬開発に有益な疾患モデルマウスを開発―

 

名古屋大学環境医学研究所(所長:山中宏二)発生遺伝分野の荻朋男 教授、中沢由華 助教らの研究グループは、遺伝子の転写注1)中に生じたDNAの傷を効率よく修復するためには、RNA合成酵素注2)が特定の目印で標識されること (ユビキチン化修飾注3))が重要であることを明らかにしました。

ヒトの体を構成している数十兆個の細胞では、遺伝情報が格納されているDNAから随時必要な情報をRNAに転写して取り出した後、これを蛋白質に翻訳注4)することで生命活動の基礎になるさまざまな機能を実現しています。

 

遺伝子が転写される領域(転写領域)に生じたDNAの傷はRNA合成酵素の進行を妨害するため、これらを速やかに取り除くことは生体恒常性の維持に極めて重要です。しかし、転写領域でのDNAの修復がどのようなメカニズムで開始されるのかは長年不明でした。

本研究では、精密質量分析や細胞生物学的解析注5)、新たに開発した、次世代シーケンサー注6)を用いたRNA合成酵素とDNA損傷の局在解析等を行い、

DNA修復の開始には2型RNA合成酵素(RNAPII)を構成するRPB1蛋白質の1268番目のリジン残基(Lys1268)のユビキチン化修飾が必須であることを明らかにしました。

この1268番目のリジンをアルギニン(Arg)に置き換えることで、RNA合成酵素のユビキチン化修飾を阻害したモデルマウス(RPB1-Lys1268Arg)を開発したところ、コケイン症候群注7)(指定難病 192)に代表されるヒトの遺伝性早老症と類似した、神経症状(運動神経の劣化)など老化に伴う諸症状が観察されることを確認しました。

このモデルマウスは、転写に関する基礎研究のほか、老化に関連するさまざまなヒト疾患の病態解明や、治療薬の開発に有益なツールとなることが期待されます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です