認知症を珪素、波動、共振で治す動き。

認知症を波動、共振で治す動き。

 

中国は西洋の薬に限界を感じ、日本の波動療法に踏み切った。

日本でも、これからだが・・・

縄文時代からの簡単な波動療法

認知症を波動、共振で治す動き。

◎本のあらすじ薬物療法は無力だ!“音の響き”が病を癒す。ガン、糖尿病、心臓病などにも効く!◎目次プロローグ 一四億、中国は「波動療法」に舵を切った…
第1章 中国政府、認知症対策に「音響チェア」を導入
第2章 好々!「音響チェア」に治療効果あり
第3章 私たちは、「波動エネルギー体」です
第4章 音楽に陶酔 映像に興奮 そして病気も消える!
第5章 座った、聴いた、効いた!おどろきの声…
第6章 認知症、クスリでどんどんひどくなる
第7章 お寺の鐘、チベタンボウルの響き
第8章 「音は医学である」新ピタゴラスの定理
第9章 水は情報を「記憶」「学習」「転写」する
第10章 ボケずにいきいき一〇〇歳を超えよう!
エピローグ 「波動医学」こそ、未来の新しい医学

アルツハイマー型認知症予防に甘夏、みかんの皮「陳皮」

アルツハイマー型認知症予防に甘夏、みかんの皮「陳皮」

ネズミで実験すると、完全に回復、香港では、むかしから八百屋で

みかんの皮つき、皮むきで値段が違う。

皮むいて、河は別にうれるんだろう。

甘夏、かんきつ類の皮を冬場乾燥、ミキサーで粉末にして、なにかにいれて食べる。

末梢神経の先が血行不良おこしている。

アルツハイマー型認知症予防に、漢方の陳皮。自分でチンピをつくる方法。末端の血流を良くして体温を1℃上げる

認知症は山の水と炭を使わなくなったから!

認知症は山の水と炭を使わなくなったから!

ドイツの波動医学の研究していると、医者も製薬会社もちんぷんかんなこと、いっている。

戦前の山の水は、小さな小川を石や岩を砕いて小さな水路で引いたり、竹の筒で水を台所までひ

いていた。

健康の基本は水と海の塩、お宮では今でも。

水というのは、波動で動く。そこにせせらぎや、小鳥の声、草木の花粉、多くの酵素、医師から染み出るおおくの必須ミネラルを運んでくれた。

今からでも、生き物の飲み水と工業用水わけて、用水路分けてほしい。

神道のいうように水と塩だけでも、たいていの病気は、なくなるのだ。

いまのコンクリートの外に石、岩を置くだけで、水草、昆虫、小魚、取り、動物から、

必要なものが得られる。広葉樹の枯葉から、土の鉄分と反応して、フルボサンテツができる。

これがわずか水にふくまれるだけで、植物プラクトンがふえ、それを食べる動物プラクトン

で貝、昆虫、小魚、・・・

 水には、血液にも振動が必要。振動は情報をたくさんかき集めて、波動とともに整体にはいる。

炭から遠赤外線が出る。それよりもっと波長のみじかい、テラヘルツのお経とか、音楽、鐘の音

を、体内に気として取り入れ、れば、12の経絡、つぼに波動送り、毎日細胞、遺伝子の

修復してくれるのが、地球環境です。

寝たきりの人が2週間で歩けるようになったケイ素シリカ水はパーキンソン病に効果ある?農薬重金属も腎臓から排出

珪素、波動
炭の遠赤外線、テラヘルツ波

農業用の安いケイ素でシリカ水をつくり飲んだ結果・・・見た目は泥水ですが肌がきれいになった。