潰瘍性大腸炎・・・いまの医療制度ではムリ、自己治療

 

潰瘍性大腸炎・・・いまの医療制度ではムリ、自己治療

社会的ストレス、食事、運動は自分でないとなおせません。

自律神経の病気なので、座禅、お寺、お宮、あるいは波動医学で。

ヨガ、瞑想、・・・薬?ステロイドでは、かえって悪くなる。

快調生活さんの体験記でよくわかります。

是非、ご参考に・

 

薬を飲まず潰瘍性大腸炎を完治させたブログ

https://潰瘍性大腸炎完治.com/

上記をクリックして、ごらんください。

・・

この記事は、過去の私のように「潰瘍性大腸炎を完治させたい。薬を一生飲むのは嫌だ!」と悩んでいる方のために書いています。

こんにちは!タクロー(@kaichoseikatsu)です。

19歳の時に潰瘍性大腸炎を発症しましたが、今ではステロイド・ペンタサ・免疫抑制剤などの薬を飲まずに健康に過ごしています。

また、好きなものも何でも食べれるようになったので、健康に感謝している私32歳です。

※2019年8月現在、新しい命を授かり、来年には父親になる予定です。

さて、潰瘍性大腸炎は、西洋医学では「完治はしない」と言われています。

しかし、日本では実際に「潰瘍性大腸炎を克服した方」や「潰瘍性大腸炎を完治させることができる」と考えている医師も多くいるのが事実です。

この記事を読めば、潰瘍性大腸炎が治ると考えている医師の考えを理解することができます。

※ちなみに、この記事は考えは潰瘍性大腸炎を克服した医師「西本真司先生」と潰瘍性大腸炎は完治できると提唱しているのが「安保徹先生」の考え、そして私の実体験を基に執筆しています。

知らない方のために簡単にご紹介させていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です