老化の原因は、活性酸素だった!?

老化の原因は、活性酸素だった!?


 

見出し 活性酸素が身体の機能を衰えさせる

 

 

老化とは一般的に「歳をとるにつれて身体の機能が衰えること」とされている。この原因について 最近、「活性酸素によって身体の細胞や組織が酸化して変質し、機能が衰える」のではないかという『活性酸素説』が注目されるようになってきた。
この説を最初に主張したのはアメリカの研究者。彼らの研究で、活性酸素が体内に次のような影響を与えることがわかったのだ。
その1遺伝子(DNA)を形成する核酸を酸化させて変質させ、がん細胞などを発生させる
その2細胞膜に含まれる不飽和脂肪酸を酸化させて、過酸化脂質を作り、細胞や組織を破壊する
その3老化色素と言われるリボフスチンを作り、細胞の動きを止める

 

 

見出し 老化現象と活性酸素

 

 

老化現象としては具体的に、運動機能や内臓の機能の低下、物忘れ、眼の白内障、皮膚のしわなど、病気とまではいかない衰えのほか、血管が衰えて動脈硬化などにかかりやすくなるといったことがあ げられる。最近では、こういった現象に活性酸素が深く関わっていることが分かってきている。

 

 

皮膚のしわ 太陽の紫外線は身体の表面を通り抜ける。そして、皮膚細胞内の水分やスーパーオキシド、過酸化 水素などを刺激して、最も有害なヒドロキシラジカルを大量発生させてしまうのだ。ヒドロキシラジカル は皮膚の弾力を保つたんぱく質コラーゲンなどに取り付いて破壊してしまう。結果、皮膚のハリがなくなって、しわに なってしまうのだ。
白内障 目のレンズのはたらきをする水晶体という部分が黄色や灰白色ににごる病気。レンズがにごるわけだから、そのままにしておくと視力を失ってしまう。
眼も皮膚と同様、常に紫外線にさらされている、活性酸素発生量の多い器官だ。この攻撃から自らを守るため、水晶体の表面には活性酸素の影響をおさえる酵素やビタミンCが豊富に含まれている。ところが歳をとるにつれて酵素の量が減り、活性酸素の影響をおさえられなくなるため、白内障になりやすいのではないかと考えられている。
関節炎など ひじやひざの関節が痛むリウマチ性関節炎も老人に多い病気。この病気は身体の免疫機能がおかしくなってしまうのが原因。白血球が自分の細胞を敵とみなし、活性酸素を撒き散らして攻撃するため、炎症や痛みが起こるのである。関節には活性酸素に対抗する酵素などが少ないため、集中的にやられてしまうのだ。
認知症 認知症には「アルツハイマー性認知症」と「脳血管性認知症」がある。「アルツハイマー性認知症」の原因はまだはっきりとはわかっていない。ただ、活性酸素によって脳の脂質が酸化されてできる〝老人斑〟が異常に多いため、活性酸素が原因ではないかと疑われている。「脳血管性認知症」の場合、大元の原因は動脈硬化。活性酸素などが動脈硬化を促進させた結果、脳の血管がつまって脳こうそくや脳出血になり、後遺症として起こる認知症である。
生活習慣病にかかりやすい 中年以降かかりやすくなる、動脈硬化、糖尿病やがんなどの生活習慣病の発生にも、活性酸素が大きな役割を果たしていることがわかってきている。
詳しくは「生活習慣病を悪化させる活性酸素」

 

高齢者と薬「控えたい薬」NHK

高齢者と薬「控えたい薬」

控えたい薬のリスト

ガイドラインの対象者

 高齢者には副作用が強く出やすいため控えたい薬が数多くあります。そのリストが『高齢者の安全な薬物療法ガイドライン2015』(日本老年医学会などが作成)という医師むけの冊子に公表されています。ガイドラインには、特に慎重な投与を要する29種類の薬の名前が示されているほか、不眠症・うつ病、認知症、呼吸器疾患、循環器疾患、高血圧、糖尿病などの病気ごとに、どの薬がどう問題なのかが詳しく示されています。
ガイドラインの対象は主に75歳以上ですが、75歳未満でも介護を受けている人や要介護に至る手前のフレイルという状態(筋力の低下や認知機能の障害で心身が全体的に弱くなっている状態)の人も含みます。

ベンゾジアゼピン系睡眠薬

不眠症・ベンゾジアゼピン系睡眠薬 抗不安薬

 不眠症の薬としてよく使われるベンゾジアゼピン系睡眠薬は、のんだあとや夜中に目覚めてトイレに行く時などに ふらついて転倒しやすい薬です。また認知機能(ものごとの判断や記憶などの脳の働き)が低下するおそれがあります。そのため高齢者は、できるだけ使わないように、または使っても漫然と長く使わないようにします。1か月以上服用している人は、量を減らせないかなど医師に相談するとよいでしょう。ベンゾジアゼピン系抗不安薬も同じです。

不眠の悩みを薬に頼らずに軽減するには、睡眠に関する習慣や考え方を見直すことも大切です。あまり眠くないのに早くから寝床に入らないようにする、寝つけないと思ったら寝床からいったん離れる、加齢とともに睡眠は自然に短く浅くなることを念頭におき若い頃と同じように眠ろうとしない、などです。

続きを読む