Ⅰ型糖尿病でも血糖値が改善、足の痛みや網膜症の進行を止めた(41才・女性)

Ⅰ型糖尿病でも血糖値が改善、足の痛みや網膜症の進行を止めた(41才・女性)

I型糖尿病から起こる足の激痛を毎日耐えるしかなかった

私か糖尿病を発症したのは小学校5年生、11才のときのこと。
生活習慣病から起こる「Ⅱ型糖尿病」ではなく、遺伝子に誘因があると考えられている「Ⅰ型糖尿病」で、インスリンの生産が完全に停止してしまう深刻な糖尿病です。
発症してからの約10年間は、血糖の状態を示すヘモグロビンA1cの平均値は14%でした。正常値は4.3~5.8%で、6.1%以上であれば糖尿病型と判断されます。
また、ヘモグロビンA1cの平均値12%は血糖値でいうと345mg/dlなので、かなり高い数値です。
ちなみに、2012年4月からは標準値が0.4%上がり、6.5%以上で糖尿病と診断されることになりました。
発症当時からの高血糖期は、毎晩我慢できないほどの激痛が走って足がつり、寝不足になっていました。
ときには「足がなくなればいいのに」と思っていたほどです。
I型糖尿病は、Ⅱ型の患者さんのように飲み薬が効かないことも多く、インスリン注射に頼るしか術はありません。
医師から「I型でも効く人がいるから」と処方された薬もありましたが、まったく数値に変化がなかったり、副作用で嘔吐やめまいがしたりと、体質には合いませんでした。
その後、父のすすめでいくつかの健康食品を摂ったものの、こちらも効果なし。
結局25年間、インスリン注射と、食前の血糖の上昇を抑える薬、食後の血糖を下げる薬の服用に頼り続け、ヘモグロビンA1cの値はなんとか9.4%まで落ちましたが、足の激痛はおさまらず、血糖値にもあまり変化が見られない状態が続いていたのです。

血糖値が改善され、足の痛みも改善

2010年初冬、「菊芋は天然のインスリン」と書かれた本を目にしました。
そんなとき、たまたま知り合った人からキクイモの成分が効率よく手軽に摂れる粒状の食品があることを聞き、摂ってみることにしました。
すると、毎食前に5粒ずつ摂り始めてすぐに、血糖抑制剤を飲んでも起こらなかった「低血糖」が起こるようになり、排尿回数が増え、便秘も解消されました。
さらに体のだるさがとれて体調がよくなったのです。
1ヵ月後には、ヘモグロビンA1cが9.0%になり、本当に驚きました。
しかし、仕事の多忙さから飲み忘れることが多くなると、また数値が上昇。
血圧も160ミリまではね上がってしまったので、その後は量を増やして毎食前15粒ずつきちんと摂り、ランチタイムのお茶やコーヒーの代わりに粉末タイプの菊芋茶を飲むことも始めました。
ヘモグロビンA1cは半年後には7.9%まで下がり、血圧も上が120ミリ前後に安定。
気がつけば、夜中に足がっって目覚めることがなくなっていたのです。
現在も病院の薬を服用していますが、菊芋を摂るようになって効き始めたような気もしています。
現在、網膜症も併発していますが、小さな出血が消え、進行も止まっているようです。
素晴らしい天然の作用をもつ菊芋の存在を、糖尿病に悩む多くの人に知ってもらいたいと思っています。

クエン酸は血糖値を下げてガンを治す

『糖尿病に効くクエン酸
クエン酸は糖尿病に非常に効果があります。
糖尿病は血糖値が上がることにより、様々な症状が身体に現われますが、クエン酸は血糖値を下げる働きがあります。
クエン酸を継続して飲み続けることにより、半年で血糖値が半分以下に下がったという報告もあります。
■血糖値600⇒120
クエン酸を2週間飲み続けた結果の改善例です。
もしあなたが糖尿病か、その傾向があると診断された場合、クエン酸を摂ることを検討されてはいかがですか?
副作用の心配も無く、インスリンなどの薬を投与しなくても、クエン酸で血糖値は下げることができる例が示されています。』
http://hon.ink/isbn4895951391/
『医者に見放されたらクエン酸
クエン酸のすごいパワーを知ってほしい
私はクエン酸で助かりました!―体験者の声―
1.クエン酸は医学的裏づけがある健康法
2.クエン酸でガンを克服できた!
①乳ガンの再発をまぬがれた
②弟の膀胱ガンも再発なし
③主治医も認めたクエン酸の効能
④死を宣告された胃ガンが消滅!
・医者まかせや薬漬けから今すぐ脱出しよう』
http://mariyaclinic.com/contents/advice/advice_1.htm
『エネルギーを作り出すTCAサイクル
TCAサイクルとは、人間の体の中でエネルギーを作り出していく回路、言わば「身体の中のエネルギー工場」です。
別名、クエン酸回路とかクレブス回路とか言われています。
細胞の中のミトコンドリアの中で働いています。
私達の身体は、60兆個の細胞が重なって出来ていますが、TCAサイクルは、この全ての細胞の中で行われる代謝です。』
「医者に見放されたらクエン酸」です。
医者や薬に病状を悪化させられ、どうしようもなくなったらクエン酸に頼りなさい!ということです。
賢い人なら、最初からクエン酸を利用して病気を治します。
我々はサイヤ人ではないので、死にそうになってから回復すると強くなる!ということはありません。
病状を悪化させる病院には近づかない方が無難です。
クエン酸の効能が知れ渡れば、多くの製薬会社や病院が潰れます。
だからクエン酸の効能は、永遠に過小評価されるでしょう。
これが現代日本の現実です。
クエン酸でガンや糖尿病が改善します。
クエン酸は、なぜガンや糖尿病を治すのでしょうか?
クエン酸には血糖値を下げる働きがあります。
クエン酸はクエン酸回路(TCA回路)の主役です。
ブドウ糖をATPという生命エネルギーに変える時に、クエン酸は大活躍します。
その時にビタミンB群やマグネシウム・亜鉛・鉄などのミネラルも大活躍します。
ミトコンドリア内のクエン酸回路を働かせないと、ブドウ糖は乳酸に変化して人体を酸化させて病気を生み出します。
糖の代謝異常によって、我々はガンや糖尿病になってしまうのです。
精製糖質を過剰摂取している人は、特にクエン酸やビタミンミネラルを摂る必要があります。
クエン酸は血糖値を下げる。
クエン酸はガン・糖尿病を治す。
つまりクエン酸は血糖値を下げてガン・糖尿病を治す。
この表現がやはり解りやすいです。
これは糖尿病薬のメトホルミンと同じです。
メトホルミンは血糖値を下げる。
メトホルミンはガン・糖尿病を治す。
つまりメトホルミンは血糖値を下げてガン・糖尿病を治しています。
血糖値を下げる物質が、ガンや糖尿病を治すのです。
糖質制限(断糖)が血糖値を下げて、ガンや糖尿病を治すのと同じ原理です。
あまりに単純な事実ですが、血糖値を下げる⇒ガン・糖尿病が治る!のです。
医学・医療の世界はボランティアではありません。
莫大なカネを儲け続けるビジネスとして存在しています。
製薬会社や医者は、大衆に病気の本質を知られたくない!というのが本音です。
実際に末端の医者たちは、真実を教えられていないし知らないのです。
医学部で詐欺師にニセ医学を教えられ、それを信じて詐欺師になっているのです。
糖質制限やクエン酸やメトホルミンやタングステンや陶板浴で、ガンや糖尿病が治ってしまえばカネ儲けなど出来ないのです。
これが医学界の醜い大人の事情です。
こんなクダラナイ理由で、日本では毎年何十万人も殺されています。
これは誰にも止められないのです。
でも自分と家族だけは守りましょう。

1型糖尿病の発症原因、1つは「ウイルス感染」だった

膵臓のβ細胞が破壊されて発症する1型糖尿病。その原因の1つに「エンテロウイルス」の感染が関与しているようだと分かった。米国マサチューセッツ大学の研究グループが、糖尿病の専門誌ダイアベーツ誌の2015年4月号で報告した

膵臓のβ細胞が破壊されて発症する1型糖尿病。その原因の1つに「エンテロウイルス」の感染が関与しているようだと分かった。米国マサチューセッツ大学の研究グループが、糖尿病の専門誌ダイアベーツ誌の2015年4月号で報告した。

1型糖尿病でβ細胞はなぜ死ぬのか?

食事などで血糖値が上がると、膵臓のランゲルハンス島にあるβ細胞から、血糖値を下げるホルモン「インスリン」が分泌される。この制御がうまく働かなくなって血糖値が高い状態になるのが糖尿病だ。糖尿病のうち「1型糖尿病」は、β細胞が壊れてしまい、発症する。その主な原因は、普段外敵を攻撃して体を守ってくれている仕組み「免疫」が、何らかの原因でβ細胞を攻撃するようになり、破壊してしまうためと言われている。1型糖尿病の発症には、「遺伝」と「環境」の両方が関わっていると知られている。発症の引き金となる環境要因として疑われているものの1つに、主に腸で増える「エンテロウイルス」の感染がある。しかしまだ証明はされていない。今回研究グループは、人間の組織に拒絶反応を起こさないネズミにヒトのランゲルハンス島を移植したモデルを使い、エンテロウイルス感染が1型糖尿病の発症に関係するかを調べた。エンテロウイルスは、人間のランゲルハンス島の細胞にも感染する「コクサッキーウイルスB群(CVB)」という種類のものを用いた。

β細胞はウイルスに感染して死んだ

 

続きを読む