結核症 (Tuberculosis)

結核症 (Tuberculosis)  九州大学健康科学センター 山本和彦
結核症といえば、肺結核症で喀血する患者の姿が思い浮かびます。第二次大 戦以前は結核症の患者がたいへん多かったこと、若い人々が次々と結核症で命を失い、その悲劇が小説・演劇・映画にしばしば取り上げられたこと、戦後抗生物 質(ストマイ)が登場して、結核症が治る病気になったこと、衛生・生活環境の改善とともに結核症患者が減少したことは、よくご存知のことと思います。日本 の保健・衛生システムは、結核症対策を最も重要な課題の一つとして組織・運営されてきましたが、患者数の減少とともに結核症の重要性は薄れ、生活習慣病 (成人病)対策に重心がシフトしてきました。結核症という言葉をあまり聞かなくなり、周囲に患者が殆どいなくなった状況の中で、●結核症は過去の病気、● 簡単に治るので、大した病気ではない、との認識が広がってきました。
ところが目を世界に転ずると、結核症は過去の病気どころか、依然と して、最も人類を苦しめている病気の一つであることが分かります。アフリカや南アジアでは、HIV感 染の拡大とともに、エイズ患者に結核症が蔓延しています。また、抗結核薬の効かない多剤耐性結核菌が現れ、脅威となってきました。
日本では、第二次大戦後減少傾向にあった患者数が1997年に増加 に転じ、結核菌の集団感染がしばしば報告されるようになりました。近年、特に医療機関や福祉施設で病院内・施設内感染が頻繁に起るようになり、1999年 7月26日、厚生省は結核緊急事態宣言を出して、警鐘をならしました。ここでは、結核症の基礎知識と、結核症を巡る最近の話題と問題点を概説します。
結核菌
結核症は、マイコバクテリウム属に属する結核菌による、慢性の細菌 感染症です。結核菌は1882年、ロベルト・コッホによって発見されました。最も一般的な患部は肺ですが、肝臓、腎臓、消化器や髄膜など、全身の臓器を侵 すことがあります。マイコバクテリウム属には30種以上の細菌が属していますが、大部分は自然界に遍在するもので、病原性は殆どありません。その中のヒト 型結核菌(Mycobacterium tuberculosis var. hominis)とウシ型結核菌(Mycobacterium tuberculosis var. bovis)が、ヒトに感染して結核症を起こします。ハンセン病を起こすライ菌(Mycobacterium leprae)も、マイコバクテリウム属に属します(Principles of Internal Medicine 1991: 637-645)。
結核菌は表面に免疫反応を引き起こす多数の抗原決定基を持ってお り、感染するとツベルクリン反応のような細胞性免疫反応を起こします。結核症では患部に特有の肉芽腫が形成されますが、これも免疫反応の一種と考えられて います。
感染経路
結核菌は主として、空気を介してヒトからヒトに感染します。結核症 では、肺結核症の患者が最も多いことは言うまでもありません。肺結核症ではよく咳や痰がでますが、排菌性の場合、痰の中に結核菌が含まれています。閉め きった空間は空気が乾いており、痰が乾燥しやすくなっています。痰が乾燥すると結核菌(飛沫核)が露出し、これが風でフワフワと空中に飛散します。エアコ ンやファンヒーターが稼働していると、結核菌がなかなか落下せず、フワフワと浮いた状態が長く続きます。このような場所に健常者が入って行くと、結核菌を 吸い込んで感染します。これが、結核菌の空気感染です(日本医事新報 1999; No. 3913: 1-14)。
結核菌は紫外線に弱い菌ですから、太陽光にあたれば無害になります (Principles of Internal Medicine 1991: 637-645)。従って、太陽光が降り注ぐ空間では、空気感染は起りにくくなり ます。また、室内の換気をよくして、結核菌を戸外に追い出せば、空気感染を予防することができます。戸外に出た結核菌は、太陽光の紫外線で感染力を失いま す。
ウシ型結核菌は、菌が入ったミルクを飲んで感染しますが、今ではウ シ型結核菌による結核症は殆どなくなりました。
結核菌の初感染
続きを読む

広まりはじめた5つの理由

結核ってこんな病気

結核の正体

広まりはじめた5つの理由

結核は過去の病気ではありません。たしかに、一時期より患者数、死亡者数をおさえこむことはできましたが、近年、再び勢いを取り戻しつつあります。その背景には、現代人ならではの要因が深く関係しています。結核の患者数が日本国内で再び増加した背景には、「結核は昔の病気」と勘違いしている人が非常に多いことが挙げられます。しかし、これは大きな間違いです。
WHO(世界保健機関)は、開発途上国での結核患者数の増加をうけて、1993年に世界規模で「結核非常事態宣言」をおこない、警鐘を鳴らしています。 それでは現在、なぜ結核が再び広まりはじめたのでしょうか。時代の変化とともに、人々の理解や認識、生活は変わります。そこに結核のはびこる5つの原因があるのです。
原因の第一は、高齢者は結核が蔓延していた時代をすごしてきたので結核と接する機会が多く、結核に対して免疫のある人が多いです。ところが若い人は結核が沈静化している時代に生まれ、結核菌に出会うことが少ないので、結核に免疫がない人が多く、簡単に感染する危険性が高いのです。原因の第二は、ほとんどの日本人が結核を過去の病気だと思っており、今でも結核菌が身近に存在するとは予想もしてないのです。
そのため発病して、無自覚のまま結核菌をばらまき、感染を拡大してしまうケースが多く見られます。原因の第三は、結核は免疫力が弱い人ほど感染しやすく、発病の確率も高くなります。高齢化社会の日本では、糖尿病などの持病をかかえた免疫力の低い人が増えてきました。今後は結核患者・罹患者の中で、他に病気を持つ人の割合が増えると予想されています。原因の第四は、若い世代の遊び場である、カラオケボックスや居酒屋など機密性の高い空間で結核に感染する危険性が高いことがわかっています。
そして、昼夜逆転の生活、栄養バランスの偏った食事など不摂生な生活環境が免疫力の低下を招き、発病しやすくなっているといえます。原因の第五は、近年、抗結核薬に対抗する新しい耐性菌が登場しており、薬が効きにくいケースが増えています。抗結核薬は医師の指示を正しく守って服用しないと耐性菌ができやすいことから、現在では薬の服用を厳守させる方法がとられています。 先進国の中で罹患率が飛び抜けて高い日本は、1999年7月、「結核緊急事態宣言」を発表しました。しかし2008年でも新たに結核にかかる人は2万人を越え、年間に2000人の人が亡くなっているのです

結核にかかってしまったので、結核について調べてみた

2009/04/05

結核にかかってしまったので、結核について調べてみたCommentsAdd Star

先日、健康診断で肺のレントゲンにカゲがあると言われて検査を受けるように言われました。健診結果はレントゲンを除きすべて正常値で、血液検査の結果も問題なく、まったくの健康体だったので、どうってことないだろうと高をくくっていたのです。しかし、病院での検査結果が出たら、なんと結核陽性でした…。
結核は非常に進行がゆっくりしていて、このように何の自覚症状もなく、血液検査にも異常がなくても、発症しているケースがあるらしいです。何らかの病気にかかっていれば、てっきり白血球の値等が増えていたりするものだと思っていました…。
以下、私は医学を勉強したものではないので、あくまで参考程度のものですが、調べたこと、わかったことを書いてみました。(誤り等がありましたら、訂正いただけると助かります。)

結核に感染しても発症するのは 1割程度

結核は、感染 = 発症というわけではなく、結核菌に感染しても、実際に発症する人は 1割程度という話です1。何年も発症していなくても、免疫力が弱ったときに発症することがあるそうです。年寄りの結核はそういう例が多いみたいですね。
1950年代は20代ですでに国民の約半数が感染という記述がありましたが2、その世代は今 70〜80歳というところでしょうから、若い頃に感染していたのかもしれません。
感染してても発病しないというのは、帯状疱疹とかと似たような感じなんでしょうか。帯状疱疹のウイルスは、水ぼうそうのウイルスなんですけど、水痘・帯状疱疹ウイルスに感染しているからと言って、帯状疱疹が発症する人は非常に限られているみたいな。ある病気のキャリアで発症はしていない、というのは他の病気でも聞きますね。
私の場合、実は毎年、健康診断の胸部 X線で引っかかっていて、去年の検診結果には「軽度気腫性変化の疑い」と書いてありました。例年のことなので気にしていなかったのですが、今年は「浸潤陰影3」となっていて、病院での精密検査を勧められたわけです。それまで眠っていたものが、この 1年で動き始めた感があるので、このところ抵抗力が落ちていたんでしょうね…。
なお、2007年度の日本国内の新規の結核患者数は、25,311人でした。内訳は高齢者が多く、70歳以上の占める割合が、47.9% にのぼります。50歳以上になると、74.5% です4

結核の感染経路

続きを読む