体温を内臓から、上げる 遠赤外線温熱器

 

体温を内臓から、上げる 遠赤外線温熱器

 

1.自分でできる温熱療法!【札幌 谷井治療室】

 

 

2.遠赤外線マット

ひまわり遠赤外線マット

上のホームページを、ぜひ、クリックしてください。

鍼灸、整体治療院でも使われています。

6000円くらい/時間

販売は80,000円くらい

http://www.seiwa-bussan.co.jp/h-mat.htm

 

 

足や腰、肩の下等々、疲れを感じた
場所にあててお使いください。

 

~ 使い方は色々、各自お試しください ~

 

24時間サイクルタイマー付き!
低温やけど防止のために24時間サイクルタイマー(15分入・15分切)を必ずご使用ください

 

 

3.痛み、疲労感のある方に人気の遠赤外線・温熱治療器サンマット

高いの、安いの、いろいろAmazon にも、あります。

メルカリ でも、多いいですよ。

遠赤外線の波動で、内臓の体温上昇できる!

遠赤外線の波動で、内臓の体温上昇できる!

 

 

遠赤外線面状輻射シートの説明

 

 

遠赤外線の種類と効果について

 

遠赤外線(炭火効果)は、温泉並みの効果あり!

 

痛み、疲労感のある方に人気の遠赤外線・温熱治療器サンマットのご紹介

遠赤外線での体温、代謝アップには、もういろいろ商品がでています。

Amazon でもさがせます。

サンプルですが、使い方の見本です。

もっと、安いの、高いの、いろいろあります。

 


 

 

人の体の中にある水分は70%、

    これを振動させることで

   からだの内側から熱を作り出す 

       からだの芯から温めます

 

人は平熱が1度下がると免疫力が30%低下するとも言われ

体温が低いことで心身の不調

(免疫・消化・循環・自律神経・代謝・排泄機能など)に結びつくこともあります

そのような方にはからだを温め・ほぐすことで心身の不調や不快感を軽減することに繋がっていきます。

 

波動=遠赤外線(電磁波)を用いて身体を温めること

温熱療法は古来からあるアプローチで様々な道具を用いて人は身体を温め
特に「温泉」「湯治場」と言われる場には病気や怪我をした方が足を運んで心身を癒していました

そして現代になりどうして人は温めると良いのかという研究が進む中で
その効率的な方法の一つとして
太陽の光にも含まれている「波動」=遠赤外線(電磁波)を使うこと
が選択されるようになってきました

*電磁波と聞くと身体に害があると感じる方もいらっしゃいますが

 太陽の光に含まれていて出力コントロールすれば健康に寄与する

 

1.振動によってからだの中にある水を温める

2.服の上からでもできる

3.熱さや痛みはなくポカポカしてリラックスしやすい