ライフ周波数での波動療法 資料

 

  周 波 数 療 法
I.周波数高速自動測定・修正装置によるセラピー(スイス製)


周波数自動測定・修正装置 (EU医療機器認可

 

Dr.ハルダ・クラーク 病原体共鳴周波数測定・修正


ハルダ・R・クラーク博士

クラーク理論による微生物(寄生虫・細菌・ウィルス)周波数帯を自動測定。共鳴度の高い周波数を伝送修正を行う。

 

修正前
修正後
暗視野顕微鏡(L・B・A)による「赤血球 の連銭現象」が、修正後に”サラサラ血液”に変化(約10分間のセラピー)
身体は、何でも知っている  自然療法  ハーブでガンの完全治癒
*「身体は、なんでも知っている
(2007年) 堀田忠弘(医学博士・堀田医院)著 かんき出版
*「自然療法
(2003年)  笹川英資(ホメオパシー・自然療法研究会)著 たま出版
*「ハーブでガンの完全治癒
(1996年)  ハルダ・R・クラーク(生理学博士)著 フォレスト出版

 

Dr.ロイヤル・レイモンド・ライフ 体調別周波数測定・修正

ロイヤル・R・ライフ博士
「ライフ マシン」としての機能を有し、体調別周波数リスト(350コード表)から選択、伝送修正を行う。
欧米では電気・電子療法として、Dr,ライフセラピー 、Dr,フォル(EAV)セラピーは広く認知されており、当研究所においても汎用しております。


Dr、ライフ周波数リスト

ロイヤル・レイモンド・ライフ博士の周波数リストより[カゼ][発熱]を伝送
・男性(6才) -39.1℃(夕方) ⇒ 37.1℃(翌日:朝)/併用療法なし・女性(15才)-38.5℃(夕方) ⇒ 36.9℃(翌日)/併用療法なし・男性(40代)-38.8℃(夜8時)⇒ 37.2℃(翌日:朝) ⇒ 36.8℃(翌日:昼)

 

ザッパー(ザッピング)機能内蔵
クラーク理論に基づく有害微生物群のオールクリーニングを行えるので、定期的なセラピーにより健康維持に役立ちます。

ザッパー送伝中
(セラピー 約1時間)
生命力測定中
(自動測定 約5分間)

■ Zapper (ザッパー)

7分間三回のセッションでバクテリアやその他の侵入物をクリーニングしてしまうというものです。周波数をいちいち変える面倒さもありません。一定の周波数であれば、大小さまざまな侵入物、吸虫、回虫、ダニ、バクテリア、ウイルスそして真菌をクリーニングします。たった7分ですべてクリーニングしてしまいます。
なぜこの方法が働くのかについてはいまだ科学的には証明されていません、推定では陽極のボルテージが陰極の性質を持つバクテリア等をひきつけ細胞の入り口から引っ張り出すと考えられます。
ウイルス、バクテリアは3分、状態の悪いサナダムシ、吸虫、回虫は5分、ダニは7分でクリーニングします。
最初の7分間のザップの後21分休みます、この間に死んだ寄生虫からバクテリアやウイルスが発生します。
2回目の7分間にこれらの新しく発生したウイルス、バクテリアをクリーニングします。これをぬかしますと即座に風邪を引いたりのどの痛みを感じたりします。さらにこの2回目の休憩時間に今度は死んだバクテリアからウイルスが発生します。そして3回目のセッションでこのウイルスが死滅します。
以上がザッパーに関するすべてです。ザッパーの周波は眼球や睾丸あるいは腸内には届きません。さらに結石、あるいは細胞内の潜伏中のヘルペス、あるいは爪のカンジダ真菌にも届きません。それらに深く届くにはハーブ寄生虫プログラムがザッパーと一緒に必要です。

大量の寄生虫、バクテリアおよびウイルスをクリーニングしたときは疲労を感じることがあります。ザッパー・クリーニング後はリラックスした時間を過ごしてください。

* ハルダ・クラーク著 『 The Cure for all Cancers 』より~ 引用

[ザッパー・クリーニング] 

◎ 7分送伝【寄生虫】 ⇒ 21分停止 ⇒ 7分送伝【細菌】  ⇒ 21分停止 ⇒ 7分送伝【ウイルス】  (自動設定停止:全63分)

 

 

写真 / 参考資料

周波数療法器
【アトピー】
■男性(10代 江別市) - 今年の春に、札幌市内の皮膚科医院にて”アトピー性皮膚炎”と診断、内服薬、外用薬(非ステロイド剤)を一ヶ月間ほど継続していたが中止。 その後、改善の兆しのないまま経過していた。【写真】 10月2日(金)
周波数療法(ザッパー・クリーニング)を、10月2日(金) ~ 10月14日(水)まで、合計9回目のセラピー経過後の状況。引き続き療法を行う予定。

【写真】 10月14日(水)

 

電子デトックス(ザッパー・クリーニング)を、10月2日(金) ~ 10月14日(水)まで9回目のセラピー以降、その後は今日まで3回しか行えませんでしたが・・・。 《合計12回》70%くらいの改善ということで一応終了いたしました。

 

【写真】 11月20日(金)

 

 


【アトピー】   【慢性の咳】■40代(女性 岩見沢市)
10代の頃より経過したアトピーで、特に下肢(膝裏、すね)がひどい状態。痒みも伴う。過去に医療機関はもとより、他に色々な療法(漢方薬・健康食品など・・)をしてきたが改善をみないままだった。
幸い、ステロイド(副腎皮質ホルモン剤)は使用していなかった。電子デトックスとして、[周波数療法]を行う。

【写真】 6月9日(水)

 

 

周波数療法(電子デトックス)終了してから、約1ヶ月経過しました。
痒みもほぼなくなり、皮膚も良好状態を保っています。 ^^
実に、長~いアトピー暦に終止符を打てたといったところです。。
※ 35度台だった体温も少しづつ上がってきているとのコメント、【低体温】離脱の生活習慣を継続していけば、再発はないでしょう。【写真】 8月3日(火) 撮影

 

 

 


【写真】 両足 裏側
2011年8月25日・10代 男性: アトピー性皮膚炎(以下以外の併用療法、医薬品などは使用無し)

周波数療法
補助サプリメント1種

 

 

【写真】 両足 裏側
2011年12月3日●約3ヶ月強 経過の状態何年も治らないでいたとのコメント

 

 

【写真】 両足 裏側
2012年2月8日(水)補助サプリメントは継続服用しているとのこと。 

 

 

微生物(ウイロイド、ウイルス、細菌、寄生虫など) と 病気   [資料・周波数療法]
・「万病の原因はウイルスだった」(1996年)
宮崎雅敬著
KKベストセラーズ
1,200円
・「ハーブでガンの完全治癒」(1996年)
ハルダ・R・クラーク著
フォレスト出版
2,233円
・「ガンは寄生虫が原因だった」(1998年)
笹川英資著
たま出版
1,300円
・「究極の癌治療」(1998年)
横内正典著
たま出版
1,300円
・「自然療法」(2003年)
笹川英資著
たま出版
1,500円
・「ガンは伝染する!」[改訂版](2005年)
笹川英資著
文芸社
1,300円
・「身体は、なんでも知っている」(2007年)
堀田忠弘著
かんき出版
1,400円
・「6つの生活習慣でガン・難病を治す」(2008年)
西原克成著
ビジネス社
1,400円
・「元気脳 脳健康」(2008年)
豊岡憲治著
グラフ社
1,300円
・「頭痛、めまい、耳鳴り、難聴は治せる」(2008年)
清水俊彦著
マキノ出版
1,300円
・「O-リングテスト入門」(2009年)
大村恵昭著
河出書房新社
1,500円
・「ガンは癌にあらず」(2010年)
松井良業・粕渕辰昭 共著
春ウコン研究会
5,000円

■ 微生物(ウイロイド、ウイルス、細菌、寄生虫など)と 病気  [資料]

http://hokkdika.seesaa.net/ article/259645103.html

 

 


[ Home ] > [ 周 波 数 医 療 ]

音いがいに、色、形(図形)、文字、カタカムナ文字も波動は出ている、

音いがいに、色、形(図形)、文字、カタカムナ文字も波動は出ている、

 

音と波動(周波数、波長、振幅、波形)と波動体験

 

波動とは  音  のこと

音いがいに、色、形(図形)、文字、カタカムナ文字も波動は出ている、

病院に絵があるのは、家庭にあるのは波動と語り合えること。

1.周波数

2.波長

3.波長

3.振幅

4.波形

 

わが日本列島の前史時代(12000年前) カタカムナ医療 が量子医療として、よみがえる!

 

わが日本列島の前史時代(12000年前)

              カタカムナ医療が

     量子医療として、よみがえる!

 

近年の半導体の研究で、あらゆる粒子は、独自の周波数をもち、同じ周波数の波動が

地下ずくと、共鳴する。

量子力学のがj年だが、どうして、古代人は見抜いていたのだろうか。

癌細胞は528ヘルツの音叉で共鳴、近視は428へるつ。

チベット密教は知っていた、

仏具の鐘、太鼓、パイプオルガン、オルゴール、、、

しかしこの周波数は、母親の胎内は528ヘルツ、とおくヒトの祖先が、海の中でクラゲ

のような、いまの人の腸だけの浮揚体、手も、足も、頭もなかった、動物の祖先

それから40憶年、

 動物、植物、岩石、水、微生物、超微生物、ソマチッド

岩石、化石、水、落ち葉・・・すべての物体は固有振動数をもって、生きている。

  西洋の薬学は、足元にも及ばない。感染症くらい。

 量子医療では、注射、薬、芙蓉、自分で、治せる、

  生まれてくる子供は、お母さんの羊水のなかで、月の引力で形成され、10か月

で、胎内からでると、こんどは、太陽の力で成長しはじめる。

 いくばくかの栄養もらうと、あとは水、おひさま、酸素、そして多くの酵素(微生

物)で、成長する。

 羊水のなかでは、海水と同じせいぶん、温度38度、水分80%、 酸素

1. 人の環境を、羊水とおなじにする。

2.改定、海、渚、の音の再現

3.川の音、山の響き音、せせらぎ、小川、嵐の音、

 以上の音、波動を遺伝子、細胞は、区億しているので、弱った地球環境の動物、

生物、植物などに、同じ周波数の音を聞かせれば、細胞の共振で、細胞は再び修復さ

れ、元気に、元に戻る。

 2000年の前、ギリシャのヒポクラテスのいう、人は自然から遠さかるごとに、病気

は増える・・・

 この周波数をとりいれたのが、宗教の音楽です。音と祈り(気を集中)で病気は快

復。ノーベル賞でも近代科学でもありません。

 元気の素、鍼灸、気功師の仕事を、簡単にPC,音響機器でやってしまうのが、量

子医学。道具つkyるのに、奥歯雲お金はかかりません。

わたしは、昨年の10月からいろいろ実験していますが、10も12もの症状が、治り、糖

尿病が治るだけでなく、30歳くらいは、若くなるそうです。

 いまだに、夢みたい、毎日、次はどこを治そうか、ウキウキしている、今日このこ

ろです。

 みなさん、みんなで、器具を用意し、思い思いの自分の悪いとこの治療してみまし

ょう。準備しますから・・・

 

 

 

 

血糖値は3日で下がる 本

 

血糖値は3日で下がる 本

理屈に合っています、

真言宗、お大師さんのいうように、

近くの山に3日上るか、旅館にとまって、修行するだけ、

こんなことも、日本人は和syれさっている。

TVに洗脳されました。

 

1.有酸素運動

2.筋肉運動

3.糖質は適量を計算して食べる

3日で80%

5日で100% 治る

Amazon 730 円

 

食べ過ぎると、酵素が足りないと、腎臓は疲れて炎症を起こす。

 

食べ過ぎると、酵素が足りないと、腎臓は疲れて炎症を起こす。

 

酵素の特徴

酵素は、もともと人の体の中に存在している成分で、私たちの体になくてはならない重要な成分として知られています。消化酵素・食物酵素・代謝酵素の3種類にジャンル分けされ、体内で必要なときに働くのが特徴です。インスタント食品や添加物が多い食べ物を摂取する機会が増えた現代人は、限りある酵素を消化作業に必要以上に使ってしまい、他の役割を果たせないことが多いのです。酵素は人間の生命活動を維持する上で最も重要な成分なのですが、体内で自己生成できないため、食事やサプリで補給する必要があります。

酵素の作用

酵素を摂取すると血液をサラサラにしてくれるので、血液循環が向上。血液循環が良くなり、腎機能低下の予防効果が期待できます。また酵素は腎機能だけでなく、代謝効率をアップしたり体の各機能を正常に働かせるので、健康維持にもオススメです。

酵素の効果・効能

酵素が含まれたサプリを摂取すると以下の効果・効能が期待できます。
代謝効率の向上
高血圧の予防・改善
腎臓の負担を軽減
アンモニア&アルコールを分解して無毒化する

酵素の腎臓病抑制のメカニズム

高血圧は、慢性腎臓病を悪化・腎臓病を発症する主な原因の1つです。

腎機能が低下すると、塩分や水分がろ過できなくなり、血液中の塩分濃度が高くなります。高くなった塩分濃度を薄めるために血液量が増加した結果、さらに腎臓の負担が増えて、腎機能に影響を及ぼすのです。酵素を摂取すると消化酵素が働き、血液をサラサラ状態にしてくれます。血液循環が正常化することで、老廃物の排出もスムーズになり、腎臓への負担軽減が期待できるのです。

酵素が含まれている作物/食物

大根/アボカド/トマト/キャベツ/きゅうり/キウイ/りんご/セロリ/しそ/パイナップル

食品で摂取する場合は、加熱をせず生で食べましょう。酵素は熱に弱いので48度以上で死活してしまうと言われています。一方で、食材をすりおろすと酵素が活性化されると言われているので、大根おろし・りんごをすりおろしなどにするとよいでしょう

腎臓とは、ソラマメのような形をした直径10cmほどの臓器。背骨をはさんで、左右に1つずつ存在します。心臓や肝臓、胃、大腸などに比べれば、やや存在感の薄い腎臓ですが、人の健康を維持していくうえでは、極めて重要な働きを持つ臓器であることを理解しておきましょう。
腎臓の働きの中で一般に知られているのが、尿の生成です。尿とは、体内で不要になった老廃物を体外へと導く液体のこと。腎臓の働きが低下すると老廃物が体内に蓄積し、さまざまな健康被害が生じます。
ほかにも腎臓には、血圧を調整する働きや、赤血球の生成を促す働きなど、人間の生命を維持するうえで不可欠な働きがたくさんあります。以下、腎臓の持つさまざまな働きの中から、特に重要な5つをピックアップ。それぞれ詳しくご紹介します。

尿の生成

体内の巡っている血液は、一度、腎臓のフィルター機能(糸球体)を通過します。このフィルター機能によって、腎臓は血液の中から、体に必要なものと不要なものを分類。その後、必要なものを再び血液に戻し、不要なものを尿とともに排出します。
腎機能が低下すると、このフィルター機能も同時に低下。体に必要なものと不要なものを分類することができなくなるため、本来は排出されないものが尿の中に混じってしまうことがあります。蛋白尿や潜血尿は、腎臓のフィルター機能が低下したために起こる症状です。

血圧の調整

腎臓には、体内へ過剰に取り入れられた塩分を、尿とともに体外へと排出する働きがあります。過剰な塩分が高血圧を招くことは、かねてから有名な話。腎臓による塩分排出機能で、血圧の上昇が抑えられるということです。
逆に腎臓には、血圧を上げる働きもあります。腎臓から分泌されるレニンという酵素が、血圧を上げるアンジオテンシンⅡというホルモンの生成をサポートする、という働きです。腎臓には、血圧の乱高下を抑える調整役のような役割があるのです

ビタミンDの活性化

ビタミンDは、カルシウムが体に吸収される際に不可欠な成分。体内のビタミンDがしっかりと働かなければ、カルシウムが十分に吸収されなくなり、骨粗鬆症や骨軟化症、全身痙攣などの症状を招くことがあります。
ビタミンDは、普段は肝臓に貯蔵されている成分ですが、カルシウム吸収のために活性化させるためには、いったん腎臓に送られなければなりません。腎機能が弱っていると、肝臓から送られたビタミンDは活性化せず、カルシウムが体に吸収されにくくなります

血液をつくる

腎臓から分泌されているエリスロポエチンというホルモンには、骨髄の中の造血幹細胞に働きかけて、赤血球の生成量を増やす働きがあります。
赤血球は、肺から取り入れられた酸素を全身へと運ぶ重要な役割を持った細胞。赤血球の量が減ると、全身が酸素不足となり、めまいや立ちくらみ、頭痛、吐き気などの貧血症状を起こすことがあります。
腎臓病の人にはよく貧血症状が見られますが、その理由は、主に腎機能低下によるエリスロポエチンの分泌量減少に起因します。

体内のバランスをとる

人の体は、さまざまな成分が適切なバランスを保つことにより維持されています。ナトリウムが多くなり過ぎればナトリウムを優先的に排出し、カリウムが多くなればカリウムを優先的に排出。あるいは、水分が多くなれば水分をたくさん排出するという具合に、過剰なものを体外へ排出することでバランスを保ち、人の健康は維持されています。
これら過剰成分の排出機能を持つ臓器が腎臓です。腎機能が低下すると、一部の成分が極端に増減して体内の成分バランスが崩壊。結果として、さまざまな健康障害を誘発することになります。