食べ過ぎると、酵素が足りないと、腎臓は疲れて炎症を起こす。

 

食べ過ぎると、酵素が足りないと、腎臓は疲れて炎症を起こす。

 

酵素の特徴

酵素は、もともと人の体の中に存在している成分で、私たちの体になくてはならない重要な成分として知られています。消化酵素・食物酵素・代謝酵素の3種類にジャンル分けされ、体内で必要なときに働くのが特徴です。インスタント食品や添加物が多い食べ物を摂取する機会が増えた現代人は、限りある酵素を消化作業に必要以上に使ってしまい、他の役割を果たせないことが多いのです。酵素は人間の生命活動を維持する上で最も重要な成分なのですが、体内で自己生成できないため、食事やサプリで補給する必要があります。

酵素の作用

酵素を摂取すると血液をサラサラにしてくれるので、血液循環が向上。血液循環が良くなり、腎機能低下の予防効果が期待できます。また酵素は腎機能だけでなく、代謝効率をアップしたり体の各機能を正常に働かせるので、健康維持にもオススメです。

酵素の効果・効能

酵素が含まれたサプリを摂取すると以下の効果・効能が期待できます。
代謝効率の向上
高血圧の予防・改善
腎臓の負担を軽減
アンモニア&アルコールを分解して無毒化する

酵素の腎臓病抑制のメカニズム

高血圧は、慢性腎臓病を悪化・腎臓病を発症する主な原因の1つです。

腎機能が低下すると、塩分や水分がろ過できなくなり、血液中の塩分濃度が高くなります。高くなった塩分濃度を薄めるために血液量が増加した結果、さらに腎臓の負担が増えて、腎機能に影響を及ぼすのです。酵素を摂取すると消化酵素が働き、血液をサラサラ状態にしてくれます。血液循環が正常化することで、老廃物の排出もスムーズになり、腎臓への負担軽減が期待できるのです。

酵素が含まれている作物/食物

大根/アボカド/トマト/キャベツ/きゅうり/キウイ/りんご/セロリ/しそ/パイナップル

食品で摂取する場合は、加熱をせず生で食べましょう。酵素は熱に弱いので48度以上で死活してしまうと言われています。一方で、食材をすりおろすと酵素が活性化されると言われているので、大根おろし・りんごをすりおろしなどにするとよいでしょう

腎臓とは、ソラマメのような形をした直径10cmほどの臓器。背骨をはさんで、左右に1つずつ存在します。心臓や肝臓、胃、大腸などに比べれば、やや存在感の薄い腎臓ですが、人の健康を維持していくうえでは、極めて重要な働きを持つ臓器であることを理解しておきましょう。
腎臓の働きの中で一般に知られているのが、尿の生成です。尿とは、体内で不要になった老廃物を体外へと導く液体のこと。腎臓の働きが低下すると老廃物が体内に蓄積し、さまざまな健康被害が生じます。
ほかにも腎臓には、血圧を調整する働きや、赤血球の生成を促す働きなど、人間の生命を維持するうえで不可欠な働きがたくさんあります。以下、腎臓の持つさまざまな働きの中から、特に重要な5つをピックアップ。それぞれ詳しくご紹介します。

尿の生成

体内の巡っている血液は、一度、腎臓のフィルター機能(糸球体)を通過します。このフィルター機能によって、腎臓は血液の中から、体に必要なものと不要なものを分類。その後、必要なものを再び血液に戻し、不要なものを尿とともに排出します。
腎機能が低下すると、このフィルター機能も同時に低下。体に必要なものと不要なものを分類することができなくなるため、本来は排出されないものが尿の中に混じってしまうことがあります。蛋白尿や潜血尿は、腎臓のフィルター機能が低下したために起こる症状です。

血圧の調整

腎臓には、体内へ過剰に取り入れられた塩分を、尿とともに体外へと排出する働きがあります。過剰な塩分が高血圧を招くことは、かねてから有名な話。腎臓による塩分排出機能で、血圧の上昇が抑えられるということです。
逆に腎臓には、血圧を上げる働きもあります。腎臓から分泌されるレニンという酵素が、血圧を上げるアンジオテンシンⅡというホルモンの生成をサポートする、という働きです。腎臓には、血圧の乱高下を抑える調整役のような役割があるのです

ビタミンDの活性化

ビタミンDは、カルシウムが体に吸収される際に不可欠な成分。体内のビタミンDがしっかりと働かなければ、カルシウムが十分に吸収されなくなり、骨粗鬆症や骨軟化症、全身痙攣などの症状を招くことがあります。
ビタミンDは、普段は肝臓に貯蔵されている成分ですが、カルシウム吸収のために活性化させるためには、いったん腎臓に送られなければなりません。腎機能が弱っていると、肝臓から送られたビタミンDは活性化せず、カルシウムが体に吸収されにくくなります

血液をつくる

腎臓から分泌されているエリスロポエチンというホルモンには、骨髄の中の造血幹細胞に働きかけて、赤血球の生成量を増やす働きがあります。
赤血球は、肺から取り入れられた酸素を全身へと運ぶ重要な役割を持った細胞。赤血球の量が減ると、全身が酸素不足となり、めまいや立ちくらみ、頭痛、吐き気などの貧血症状を起こすことがあります。
腎臓病の人にはよく貧血症状が見られますが、その理由は、主に腎機能低下によるエリスロポエチンの分泌量減少に起因します。

体内のバランスをとる

人の体は、さまざまな成分が適切なバランスを保つことにより維持されています。ナトリウムが多くなり過ぎればナトリウムを優先的に排出し、カリウムが多くなればカリウムを優先的に排出。あるいは、水分が多くなれば水分をたくさん排出するという具合に、過剰なものを体外へ排出することでバランスを保ち、人の健康は維持されています。
これら過剰成分の排出機能を持つ臓器が腎臓です。腎機能が低下すると、一部の成分が極端に増減して体内の成分バランスが崩壊。結果として、さまざまな健康障害を誘発することになります。

血糖値 400 もある人は、にがり、マグネシウムで解決!

 

グネシウムのニガリを1回摂取しただけで

       血糖値が400から192に下がった!糖尿病対策

 もっと、簡単には、ミネラル不足なので、Mg,にがりを、

 炊飯のときに

少量炊飯器に入れると、意識せずに楽勝です。

とくにMgだけは、電気作りますので、いくら多くても

害にはなりせん。

では、どういう原理で治るのでしょうか。

 

続きを読む

糖尿病、すい臓がん2回・・・サウナ、温泉でもなおりますよ!

糖尿病完治!好きなものを好きなだけ食べても膵臓平気!インスリン出る。すい蔵を復活させたサウナ!

青さ、アルカリイオン水、マグネシウム、

すい臓がん  2回
糖尿病

すい臓がんといわれたら、病院でなくサウナでなおした。

薩摩の砂風呂、別府の温泉、あるいは、遠赤外線、気功、波動治療でもよい。

がん細胞は40~42度、死亡も40度で毒だし、

ガンも、肝臓の毒だし、腎臓の洗浄、ひたすら温めるだけ。

足指の しびれ 高濃度マグネシウムで改善!

足指の しびれ 高濃度マグネシウムで改善!

わたしは、これで5年いやな気持で過ごした。

血流障害とあとできづいたのだが、病院では、治せない。

海の塩、マグネシウム、

血糖値まで改善すると いうが、うその食塩でなく、昔の海の塩の必要性。

薬品業界は、うそばかり教える。

糖尿病、認知症は 海の塩。

高濃度マグネシウムで糖尿病HbA1c10.6が6!足の神経障害が治った!症状は足が冷えているのにさわると暖かい

高濃度マグネシウム 2ケ付き  とれた。

壊疽、の前に築くこと。