マナーズ サウンド 振動医療の誕生

マナーズ博士生誕100周年記念映像

1930年代 

1.細胞は音の振動でできている。

2.5つの音の組み合わせで音が出ている。

3.傷んだ臓器は、正常な臓器の音(振動)で共鳴させれば、すぐ直る。

第3回令和塾 ​「あなた」の音を作り変える ダイジェスト版

自律神経、恒常性、ホメオパシー、量子医学

「【量子力学】を【医療】へ。大ホリスティック医学」【見える!『開華』メルマガ〜量子力学的生き方〜】

音と振動と感情(感情は音でリリースできる)本の紹介:新・ハトホルの書

病気知らずで長生き5つの魔法の方法 ー船瀬俊介さん

動画】薬を使わない小児科医 真弓 定夫の講演 Patch_TV

恒常性と自律神経失調症

旧講座※高校生物基礎【恒常性】#1 恒常性の全体像

自律神経失調症の治し方

自律神経の恒常性、時差ボケ

自分で治せる、ホメオパシー、宇宙のリズムから外れる

自律神経失調症になる理由

冷え、便秘、ストレス、日照不足

化学肥料、添加物

AWG,Rife デジタル

マイクロバブル治療記 より引用

https://www.daytradenet.com/microbubble/awg/2017/08/14548.html

Diary of Real Micro Bubble Life マイクロバブル入浴から人生が変わった?!
ライフ治療器
hatch (2017年8月14日) | コメント(0)

みんなが知るべき情報/今日の物語

松浦優之(まつうら・ゆうじ)博士が開発したAWGという装置がちょっとすごい。癌その他の慢性病に苦しんでいる人にとっては朗報かもしれない。

松浦さんは、浜松在住の獣医さん。カナダで獣医学の研究している過程でこの装置の基本的アイデアを得た。この技術の完成までの興味深いプロセスについては本を読んでもらうとして。

AWGとは、Arbitrary Waveform Generatorの略。

 

RifeDegitalPro-V2.jpg

 

 

「任意の波動形態を発生させることができる装置」といった意味か。

ジュンク堂の棚でこの本を見つけたときは、「・・・を飲んだらガンが治った!」のたぐいのちょっと胡散臭いものを感じた。

しかし、読み始めるとインチキ治療器具のたぐいでもないし信憑性もありそうだ。開発者本人ではなく、ジャーナリストとして実績のある俊成正樹(としなり・まさき)氏が執筆している。俊成氏は水資源問題に詳しいジャーナリストであり、松浦氏に対しては10回(のべ40時間)取材を行ったらしい。それだけでもすごいではないか。

緻密な取材と自分の体験を織りまぜて、内容的にはよくまとまっており信頼できる。昨年の暮れに出版されたばかり。

この本を読んでいてびっくりしたのは、仕事関係で存じ上げている或る方がこの装置によって大腸癌を克服した話のところ。この偶然には驚いた。

名前は伏せておきますが、K氏は、当時、ロサンゼルスを拠点にして活躍する著名な国際的特許弁護士。ぼくも何度かロスでお会いしたことがある。(K氏はエジソンの発明品の収集家としても有名で、エジソンの母親を題材にした本も出されている。出版されてすぐに読んだ。)

ロス在住のK氏は、2001年10月頃、体調不良を覚え、精密検査を受けたところ、末期の大腸ガンで「余命1ヶ月」と診断された。アメリカ西海岸の有名病院をいくつか回ったがすべての病院で希望なしと診断された。大腸、結腸、直腸に5cm×7cmの癌組織が十個見つかった。

日本に帰ってきて、国立がんセンターをはじめ4つの信頼できる病院で検査を受けたが、診断結果はみな同じだった。

ところが、或る偶然の出会いから、松浦優之博士のAWG装置を知ることになる。そして、浜松に出向いて松浦博士に会い、丸一日の照射を受けた。

おどろくべきことが起きた、

丸一日この装置を使ってみたところ、自覚症状が改善された。

米国におけるあらためてのCT断層写真で、癌部位の縮小が確認された。

手術や抗ガン剤投与なしの癌部位の縮小である。

治療行為や医療行為を受けるという意識はまったくなかった。「ちょっと試しにやってみる?」「ああ、やってみようかな」という程度の認識だった。照射は一日で終わった。

K氏は複合癌の死地から脱出し、現在も元気に活躍中だ。

先月も都内某所でお見かけしたが、いつものように元気そうでエネルギッシュだった。あれからほぼ10年が経過している筈だ。

何がなんだか分からない状態ではありましたが、藁にもすがる思いでしたので予約を入れてもらい、集中治療が必要との事で、2週間後に会津若松に2泊3日で治療を受けに行きました。

簡単に言うと、初日の治療が終わったその日から、友人の目や表情が変わり、前向きの話をするようになりました。

その後、友人夫婦だけで再度2泊3日の治療を受けに行きましたが、仙台から会津若松までは交通機関がないため、車でしか行けず宿泊費も馬鹿にならないことから、友人夫婦は継続が難しいと悲観的な話をするようになりました。

集中治療を2回だけの状態で、既に医師からの余命時期を越した8月になっていました。

この時間の中で私たちは「波動治療でガンが治る」というある種、確信のような感情が芽生えてきました。

その頃、妻の提案で私たちがAWG(スーパードクター)を購入して、友人が我が家に来て自己治療することになり、運よく、その時期に合わせ仙台にもAWGの治療院ができ、その治療院の先生の指導で「1回2時間程度で週2回程度の治療」をスタートしました。

週1回は治療院で、もう1回は私の家でスーパードクターで自己治療、をスタートしました。

明らかにガンの進行は止まり、間質性肺炎も治り始め、転移していた鎖骨のガンの影も薄くなってきているとの医者の検査結果が出ました。

今年の2月頃です。

そして、自宅で友人がいつでも治療をできるようにとサブ的に購入したのがDr.Rifeライフデジタルです。

知人がネットで見つけ、私に教えてくれました。その知人も波動治療に興味を持って、ネットで1台購入したと言うので、買いなれたその知人に御願いをして私の友人の分のライフデジタルを購入してもらいました。

その際に行違いがあって、知人は2台注文してしまったのですが、申し訳ないので1台は私が引き取りました。

それで私の家にはAWG(スーパードクター)とDr.Rife・ライフデジタルの両方があるのです。

さて、友人は3月から週2回のAWG治療のほかに、Dr.Rife・ライフデジタルを就寝時に毎日脚に装着して、併用治療を始めたわけですが、今月に入り、病院の検査で左肺の間質性肺炎はほとんど治り、併発していた左肺ガンもかなり影が薄くなり、転移していた右肺のガンと左鎖骨のガンがほとんど消えている状態だと友人から報告を受けました。

さらには、最近体重が増えてきたとの報告も受けました。

AWGとDr.Rifeライフデジタルのどちらが効いたということではなく、合計での照射時間が増えたことで治癒が早くなったのだろうと思っています。

私たちは治療院の人間ではありませんので、多くの症例を見ているわけではありません。

自分たちがテスト的に実施したのは、私がAWGで花粉症、関節炎、妻がDr.Rife・ライフデジタルで自立神経失調症が治った件は、たまたま私がAWGを使用していたので、妻はテストを兼ねて冷房病がひどいのでDr.Rifeで治療したら治ったと言うことです。

また、AWGには自律神経失調症のコードがなかった、と言うのも理由です。

また、私の知人はDr.Rifeで花粉症、アトピー、鳥目が治りました。

何しろ、AWGで病気が直ったという体験者の情報はネットでたくさん見れるのですが、Dr.Rifeの体験情報は数が少ないため、私たちは自分たちが試験台になり、または親戚や友人に協力してもらって機器を預けていろいろな病気のテストを繰り返しています。

現在、別の友人が前立腺肥大症と、重度の偏頭痛の試験をしています。

AWGはコード表に病名が約300種類しか出ていません。

一方、Dr.Rifeのコード表(周波数表)には3,500種類以上の病名が出ています。

その為、Dr.Rifeにある病名がAWGにはないと言うものが多々あります。

質問にありましたが、どちらが何に効いて、どちらが何に効かない、と言うことは無いと思います。

照射を続ければいずれは同じように効果が出ると思います。

原理は同じである訳ですから。

異なるのは、AWGは病名は少ないですが病名を選択してONボタンを押すだけで、内蔵された周波数が自動的に設定時間分だけ照射して自動停止する。

その分、繰り返して何回も照射したいときには、自分でセットしなおさなければなりません。

Dr.Rifeは周波数コードに従い、自分で10個の周波数をインプットします。

セーブできますので、同じ病気であれば2度目からはインプットの必要はありません。

AWGと異なるのは、繰り返しモードがありますので就寝時に脚などに照射部を取り付けると、寝ている間に朝まで(自分でOFFするまで)何度でも繰り返し照射を続けてくれます。

AWGにもDr.Rifeにもそれぞれ長所、短所がありますがなれれば不便はありません。

後は価格の問題です。AWG(スーパードクター)は、永久レンタルと言う名目で169万円。

なぜレンタルなのかは分かりません。わたしも「レンタル」で入手しました。

前述の約300種類の病名コード表が付いてきます。

一方、Dr.Rifeは28万円ですが、病名がすべて英語なので医学用語に特化した辞書などで調べないと正確な病名翻訳が難しいのですが、最近Dr.Rife JAPANができ、年会費25,000円、1件あたりの病名の翻訳情報サービス2,500円で情報提供サービスが始まりました。

AWGについては、㈱アジアス、http://asias.free.makeshop.jp/

Dr.Rife JAPANは、http://www.rife-jyoho.com

長くなってしまいましたが、私がご説明できるのはこの程度です。

今後もいろいろ情報を集め、一人でも多くの人達のガンとの闘いにお役に立てればと思っています。

私はAWGと出会う前に両親をガンで亡くしました。

また、いずれ、私も妻もガンにかかる可能性はある訳ですから。

「ライフ治療器」はガンと52の病気を治す?」について

こんにちは。投稿文読ませていただきました。

アメリカのデジタルライフ社は、ドイツのライフカンパニー正規のライセンスメーカーです。ドイツライフカンパニーの設計に基づいてアメリカで生産されています。

さて、4年前に私の友人が間質性肺炎と肺ガンを併発し、余命1年と宣告されました。

アスベスト被害により、肺が線維化していたためガン手術をすれば1ヶ月も持たないとの診断でした。

その後いろいろな経緯があり、余命6ヶ月の時にAWGを知り、友人を治療院に通わせ、個人的にも家庭用AWGを購入してその友人に使用させました。

すると、もはや4年目に入る現在、左肺の間質性肺炎はほぼ治り、左右のガンのうち、右側は明らかに改善し、左側と左側鎖骨に転移したガンの進行が止まった状態になっています。

1週間に2回、1回あたり2時間程度の治療をしただけなのにです。

ネットのブログで末期ガンが完治したなどの多くの体験を読んだ上、身近で友人の進行ガンが止まり、改善の方向に進んでいる事実を見た私も試しにAWGを使用してみたところ、1週間ほどの使用で重症だった花粉症が治り、20年以上苦しんできた右腕付け根の関節痛が完治しました。

驚き以外の何者でもありませんでした。

そのころ知人にAWGの話をしたら、数カ月後に連絡があり、AWGは高価で買えないのでネットでライフ治療器を見つけ、購入して使用したところ、肝臓の状態がすこぶる良くなったことと、20年来悩んでいた鳥目が一晩の治療で治った、と連絡をくれました。

その後は私の友人たちにもライフ治療器を教え、数人がネット購入しました。

ところが、先の友人は大手商社に勤めていて英語が得意なのですが、他の友人たちは英語がからきし駄目で、結局使用しないで飾り物になっていました。

すごい機械なのに日本語翻訳のコード表がないために使用できない人たちがたくさんいることを知り、仙台と名古屋の友人がライフ治療器の日本代理店になり「日本語翻訳情報サービス」の会社を立ち上げました。

これで、日本でも末期がんや医者から見捨てられた難病の人達の多くの命が助かることを思うとうれしくなります。

ちなみに、私はAWGの他にライフ治療器を購入し、日本語翻訳サービスを受けて自律神経失調症(冷房病)が4日ほどの治療で治ってしまいました。

波動治療機の確証を得た私たちは、今後加齢に伴って医者にも見捨てられる病気にかかる可能性が高くなっていますが、ちょっとした怪我や病気は病院に行き、医者が手を出せない病気になっても、AWGとライフ治療器をあるので、全く安心しきっている状態です。

このスレッドの下のコメントを読むと、難病の多くの方がAWGとライフ治療器を併用されている。

患者自らの赤裸々なコメントは、257件にも及んでいる。最新書込み > 2017/08/06

2016プロフェッショナルRIFE

2014年01月に最も強力なライフ治療器「ライフウルティメイト治療器」を発表する事が出来ました。

このライフ治療器は16.5v、4500maの出力を誇り、最も深刻な病気の治療に対して全ての期待を上回る性能となっています。

Drライフは最善の治療効果を得るには精密な周波数と高い電圧出力とアンペア数が重要だと繰り返し仰っていました。

ドイツの最高基準に順じて設計されたライフデジタル治療器は前代、ロイヤルライフ治療器と「ビームレイ」、と同じ周波数を発生させます。

現代の電子技術により、ライフ周波数説明書に記載されている特定の周波数セットを設定して慢性的な病気やその他の病気の多くの治療を補助する事が可能になりました。

ライフデジタル治療器は4つの同包されているストラップ(手用に2つと足用に2つ)を通して、自動的にこれらの周波数を再現し、調波波形を生成して体内の病原菌微生物を滅殺します。

Drロイヤルライフは多くのガン患者をライフ周波数治療器で治療する事が出来、数ヶ月で末期とされていた患者100%を治しました。

ヨーロッパや世界で1600人以上の使用者は、バイオレゾナンスシリーズは新たに$5000以上する人気ブランドと並ぶ高出力の「ライフウルティメイト」を追加しました。新しい機能の一部として、より高いアンペア量、高い出力、DAC、調波波形と簡単編集メニューシステムなどがあります。

ライフ治療器本体に中国製の部品は無く、アメリカのMicrochip Devicesから供給される高品質の部品を使用している事にとても誇りを持っています。

ライフデジタルバイオレゾナンスはドイツ・ライフデジタルの公認で製造されています。

この現代的な「ライフ」電気治療の技術を使用すれば、あなたもDrロイヤルライフと同じ、病気の状態を後退させるという良い体験を実感する事が可能です。

ライフマシンプロ \93600 Rifeデジタルプロフェッショナル最新版

ETDFL周波数帳
今は日本語で!!
USBドライブ上のAcrobat PDF
Rife Digital Professional V2に同梱されています

「「ライフ治療器」はガンと52の病気を治す?」について

波動治療機の確証を得た私たちは、今後加齢に伴って医者にも見捨てられる病気にかかる可能性が高くなっていますが、ちょっとした怪我や病気は病院に行き、医者が手を出せない病気になっても、AWGとライフ治療器をあるので、全く安心しきっている状態です。

ここのコメントがなんと257件!

AWGとライフ治療器をダブルで使われている皆さんのリアルな書き込みが延々と続いている。

最新の書き込みは、2017/08/06 16:21 !

ザッと読んで、ライフの治療器購入を決定!

関連記事

ライフ治療器カテゴリ

AWGカテゴリ

Takada Ion カテゴリ

カテゴリ:
AWG,
Hardware,
Takada Ion
« 空調服アゲイン | トップページ | バイオマット最新情報 »
コメントする

名前
電子メール
URL
サインイン情報を記憶
コメント
Captcha:

画像の中に見える文字を入力してください。

ライフ周波数 バイオロジック ヘルス

 

https://www.blh.co.jp/blog/2018/07/post-25.php

https://www.blh.co.jp/blog/2018/07/post-25.php

家庭でできる癒しのオモチャ!ライフ周波機とは?

バイオろぎっくヘルス(株)

ライフ周波数

ライフ周波機は、周波数を使用して病気の原因である病原体を共振現象で破壊させ、病気や症状を改善するものです。この原理は、今から80数年前に米国のロイヤル・レイモンド・ライフ博士が確立しました。

ライフ博士は圧倒的な倍率を誇る顕微鏡を通して、通常では見ることのできない生きた微生物を観察したり、そのウイルスを破壊する方法を開発しました。その大元には量子理論の存在があったのです。

マックス・プランク

すべての物質が固有の振動を持つことは、すでに量子論の父、マックス・プランク(1858-1947)によって立証されています。

宇宙に存在するあらゆる物質にはそれぞれ固有の周波数があり、その周波数は決まっています。

周波数は交流、電波、光などが一秒間に何回向きを変えるかという数で、つまりは振動数を示しています。振動があるということは、エネルギーを持っていることであり、運動(振動)していることになります。

すべての物質は構成する素粒子の数や組み合わせにより、同じ振動数やエネルギー特性を持つ分子は2つとありません。ライフ博士は多くの微生物(バクテリア、ウィルス、真菌など)の周波数を調べるとともに、病気の発生原因がどの病原体であるかを突き止めています。

私たちの生命や健康は、人体の微生物との共生で維持されています。微生物に対する科学者(特にアントワーヌ・ベシャン、千島喜久男やレイモント・ライフ博士ら)の観る目は、1920年~30年代にかけて大きな進展がありました。現代医学では聞いたこともない、ライフ周波機の存在を理解していただくために、その歴史的な背景をつぎの動画でご紹介します。

ライフ周波機

ライフ周波機オモチャで遊ぶ

ライフ博士の原理を利用して作られたのがライフ周波機です。ライフデジタル機の最新バージョン「ライフデジタルV2」は、2015年頃を境に海外市場に出回っています。日本の代理店はまだ一社もありません。

ライフマシンはドイツのライフデジタルカンパニーの正規のライセンスメーカーである米国のライフデジタル社で生産されています。

ライフデジタルV2の市場価格は、約10万円でお求め安い価格です。ただし、すべて英語版なので日本語訳がないと取り扱い説明書や、ライフ周波数リストの利用は簡単ではありません。

 

ライフ周波機「ライフデジタルV2」には、あらかじめ設定されたグループは下記の20個あります。これらのグループは、ヨーロッパの研究者達が臨床的にそれぞれの疾病に対して効果あるものが選択登録されていることから、使ってみる価値は高い思われます。

グルー プ 1 : 関節炎、リウマチおよび骨粗髭症
グルー プ 2 : 喘息およびアレルギー包括
グルー プ 3 : 性病包括
グルー プ 4 : 特殊肝炎、A型、B型、C型肝炎
グルー プ 5 : 歯科包括、口腔衛生
グルー プ 6 : がん包括
グルー プ 7 : 転移(臓器)がん包括
グルー プ 8 : ライフ博士専門のMOR CW周波数
グルー プ 9 : アルツハイマー病とその他の認知症
グループ10 : グラム陽性/陰性細菌感染(風邪およびインフルエンザ)
グループ11 : ウイルス包括
グループ12 : 緊張冗進症(高血圧)
グループ13 : 心臓病および慢性閉塞性肺疾患包括
グループ14 : 糖尿病包括的なタイプ1&2
グループ15 : フルダ・クラーク博士寄生虫一般
グループ16 : がん:乳房特異的
グループ17 : 脳障害と脳疾患
グループ18 : 糸状菌(一般)およびヒトの真菌症
グループ19 : 痛み、一般
グループ20 : ストレス障害(一般)

ライフ周波数表の症病名の中から、病名ごとの周波数を利用するときは、グループ21~25(空き)に設定することができます。

ライフ周波数

ライフ周波機を使用するには、あらかじめ病名が分かっている必要があります。病院やクリニックで診察を受けて、病名が付いていると「ライ周波数表」を検索しても、その病気の周波数がヒットする確率も高く効果的に働きます。類似した病気でも周波数が異なるとライフィング効果は期待できません。

ネットで公開されている以下のサイトから周波数リストがご覧になれます。

英文周波数リスト バージョン2017-2018
ドイツ語版周波数表バージョン2017-2018
■ 日本語版周波数表 バージョン2017-2018
Rife and Zappers Blog Rife and Zappers Blog

ライフ周波機を購入されると最新版の日本語版の周波数リストが添付されています。お探しの病名が完全一致していない場合は、体の同じ部位や同様な症状に近い病名を選択して、ひとつ一つライフィングして試してみることもできます。

 

ライフ周波機「体験者の声」

 

ライフ周波機のお使いの方で、不安を持ったり困っておられる主な内容は次のようです。
①思うように使用できない
スマホやパソコンが使えないので周波数リストから病名と周波数をスムースに探せない。
プリントアウト(紙)の周波数表では不便など。
②使いたい病気と周波数表の病名が一致しない
使用したい病名で検索キーワードがなかったり、登録された病名が異なる。
③どう使用していいか分からない
説明書にないとき、どう操作(使用)していいか分からない。
④効果が分からない
使用したが効果を実感しない。どこに問題があるか知りたい。
⑤気軽に相談できるところが欲しい。
複数の病状があると、何からはじめたらいいか不安が残る。
などさまざまです。しかし、ちょっと助言させていただくことで、ご家庭でも使うことに自信を少しずつ持たれているように思われます。そのため、弊社では少しでもスムースに用できるように、これまで体験した情報などをもとに、分かる範囲でサポートさせていただいています。

 

ライフ周波機

ライフデジタル機は、約3,500種の病名があります。

疾病毎の周波数個数は10個が普通、多くて13個です。設定周波数範囲は、0.01~999.99KHz(1MHz)です。価格は10万円台、ベルトやマット込みでも15万円以下で入手できます。

ライフデジタルは、見た目オモチャのような感じで、構造や操作面でシンプルなつくりになっていますが、もともとライフ博士ですから、使い方次第ではライフ周波機のオモチャでも強力で頼もしい助っ人になります。

ご家族の健康づくりに是非、お試しください。弊社の健康サロンで、お試しいただくことができます。ご関心ある方は以下までご問い合わせください。

ライフ周波機についてもっと知りたい方は「今、注目のライフ周波機とは?」もご参考になります。

「ライフ周波数の使い方とライフ周波機オモチャ」はこちら↓↓↓からお問い合わせください